核と萌えの日々〜ライター大泉実成のたわごと このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-07-09 裸のJリーガー このエントリーを含むブックマーク

『裸のJリーガーー知られざるセカンドキャリアの光と影』が発売されます。フットボール批評の連載されたもので、ボーナストラックつきです。店頭に並ぶのは11日ごろからになります。どうぞよろしくお願いします。僕は個人的には磯貝編が気に入っています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/oizumi-m/20180709

2018-04-08 80’ーある80年代の物語 橘玲 このエントリーを含むブックマーク

 上記の本を御献本いただきました。ありがとうござました。

 正直、どなたの本かわからず、読んでみたらああなるほどあの人だと思い出しました。

 いまや大ベストセラーを連発しているらしく、慶賀の至りですね。

 昔僕はその人が編集している雑誌で書いていたのですが、いつも編集部の一番奥で、苦虫をかみつぶしたような顔をして何かを考えていたことをよく覚えています。でも話の仕方や、書く文章は、ぞっとするような切れ味でした。僕は何度感服したかわからないくらいです。

 そんな人が保育園の送り迎えで苦労してしたことを知り、思わず笑ってしまいまして。うちの子供は死んでしまったけれど、その子は元気ですか。もう成人されていると思いますが、そんなことが頭に浮かびました。孫もいる歳だと思いますが。

 橘さん、僕に面白い仕事をさせくれてありがとうございました。では。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/oizumi-m/20180408

2017-04-13 オタクとは何か このエントリーを含むブックマーク

4月20日ごろ、「オタクとは何か」の単行本が草思社さんからでます。よろしくです。綾波ポエム掲載中。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/oizumi-m/20170413

2017-01-09 お願い二つ このエントリーを含むブックマーク

皆様、遅ればせながら明けましておめでとうございます。


えー実はお願いが二つあります。



一つは今年の2月から「映画秘宝」で消えたマンガ家の連載を再開することが決まりまして、もし『あのマンガ家はどうしているのかな』という疑問がありましたら大泉が調べつくしてお知らせしますので、どうか教えてくださいませ。



えーもう一つは、昔大恩のある方から「相棒」の謎本を作ってくれないかな、と頼まれておりまして、どんな謎でも結構ですので、お教えいただければ幸いです。こちらも大泉が責任を持ってお答えします。

ではどうぞよろしくお願いいたします。

よ 2017/01/12 19:58 大泉さんが手がけたたくさんの消えた漫画家さん、それぞれのその後が知りたいです。

私がなかでも特に知りたいのは、亡くなられた徳南さんのことです。

QJ選書や自伝の出版にまつわる後日談などありましたら、是非読んでみたいです。

何はともあれ、「消えた漫画家」の復活おめでとうございます!

oizumi-moizumi-m 2017/01/25 17:55 QJ選書や徳南の自伝の話など、よくご存知ですね。
この辺は赤田君に任せてあるのですが、30日に対談するので、よく聞いておきますね、

x1x1 2017/01/28 00:22 消えたマンガ家に当たるのかよくわかりませんが、『くそみそテクニック』の山川純一さんの素顔がいまさらながら気になってます。
あれだけ長年にわたってネットでイジられ続けた作品の作者でありながら、wikiでも年齢、生没も不明とあり本人の情報が全くありません。

X1X1 2017/01/28 23:13 『爆発ウギャー!!』のうのせけんいちさん、と『激烈バカ』の斉藤富士夫さん、『パパはニューギニア』の高野聖ーナさん等のギャグ漫画家の現在も気になります。
今何をされてるんでしょうか?お三方とも強烈な作風でしたが、普通の一般生活を送れているのでしょうか?

oizumi-moizumi-m 2017/02/04 12:29 いたいたギャグで消えていった人たち。ありがとうございます。検討してみます。

vhysdvhysd 2017/02/07 22:01 虫プロ出身で麻雀劇画の帝王と呼ばれた北野英明氏について調べていただきたけないものでしょうか。
70〜80年代は麻雀漫画誌の表紙で見ない時はなかったほどであるにもかかわらず、90年代後半以降の消息が全く知れません。
当方も虫プロ関係者や麻雀関係者の何人かに話を聞いたのですが、誰一人行方を知りませんでした。複数の麻雀関係者から聞いた最も確度の高い情報が「十数年前、歌舞伎町の雀荘でお茶くみをしていた後、風俗の無料相談所で働いていた所までは知っている」というものであった始末です。
何とか分からないものでしょうか。

oizumi-moizumi-m 2017/02/13 10:54 北野さんが。是非やってみたいです。

山猫山猫 2017/02/13 18:35 1980年代に「りぼん」で描いていた岡田あーみんさんの現在が知りたいです。「お父さんは心配性」「ルナティック雑技団」など人気の作品が多かったのに、ぷつりといなくなってしまった記憶があります。いま40代の女性なら、だいたい読んだことあるんではないでしょうか。さくらももこと確執があったみたいな噂が何かの掲示板に載ってるのを読んだことがありますが、そのへんもどうなのか…!「タワーリングインフェルノ」のパロディみたいな漫画を、さくらももこと岡田あーみんの共作で描いていたのは覚えています。

山猫山猫 2017/02/13 18:36 1980年代に「りぼん」で描いていた岡田あーみんさんの現在が知りたいです。「お父さんは心配性」「ルナティック雑技団」など人気の作品が多かったのに、ぷつりといなくなってしまった記憶があります。いま40代の女性なら、だいたい読んだことあるんではないでしょうか。さくらももこと確執があったみたいな噂が何かの掲示板に載ってるのを読んだことがありますが、そのへんもどうなのか…!「タワーリングインフェルノ」のパロディみたいな漫画を、さくらももこと岡田あーみんの共作で描いていたのは覚えています。

oizumi-moizumi-m 2017/02/18 16:11 岡田あーみん。実は需要がおおく、チャレンジしたい人の一人です。少し待っててくださいね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/oizumi-m/20170109

2016-10-28 水木しげるーこころの旅 このエントリーを含むブックマーク

11月1日から、共同通信配信で、8回にわたって「水木しげるーこころの旅」を連載します。

それにしても水木先生を継ぐ天然キャラはでないものか。

そんなわけでみなさん、水木原理にのっとりまして共同通信をよろしくお願いいたします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/oizumi-m/20161028