Hatena::ブログ(Diary)

ok-labの日記

2017-10-28

世界初!ミルキングで埋め込みする前立腺マイクロチップ解説25-全て手作りなのですみません

f:id:ok-lab:20171026214548p:image

ガラスチップは私がゆるい炎でゆっくりと時間をかけて溶かしながら成形します。形も長さもいい加減です。最も気を遣うことは表面のまるみを損なわないことです。形の補正などを何度もすると、自然なガラスの表面張力による丸みをそこなってしまうので、一発勝負の成形になります。ゆえにサイズは大雑把になります。長さは30-35mmの範囲を目標にします。厚みは2mm程度が目標です。幅は最も広いところで6-8mm、狭いところは2mmを目標にします。

もし多くの方が買ってくださるようになれば、ガラスチップの作成は専門のガラス職人さんにお願いするつもりですが、今のところ私の自己流の手作りです。


樹脂のコーティングは自作の専用の道具を用いて硬化の程度を見計らいながら、薄く塗り固めます。まるで漆塗りのような作業です。樹脂の柔らかさを感じながらの作業になりますので、技術の伝達は簡単ではありません。

もし多くの方が買ってくださるようになれば、専任の職人さんを養成することも考えたいとおもいますが、今のところ私のみの技術になります。


樹脂チップの成形は、いずれは型枠に流し込む方法なども考えていますが、現状は柔らかいうちにおおまかな形を作り、時間経過とともにすこしずつ固まっていく過程で微調整の修正や角取りを繰り返しながら数時間かけて成形しています。この工程は近々パートさんに技術移転するつもりですが、今のところ私が作っています。

人間の身長の個人差などに比べてペニスサイズの個人差は格別に大きいようです。一律のサイズや数種類のサイズでの対応では最適のサイズの商品はお届けできないのでは。そのような考えで、型枠で量産するよりは手作りが適しているように感じているところもあります。とりあえずはほとんどの人に通用するであろう考える小さめの製品でスタートしてみます。将来特注対応の販売を開始した時点では、もっと小さい商品も作成いたします。

もうお分かり頂けたとおもいますが、量産体制はまったく出来ていません。よくても1日5個程度出来れば上出来です。


そのようなこともあり、11月販売開始に向かってしばらくは、私は手作り作業に専念いたします。本日迄製品ご案内の広報スタッフとしてブログ発信させていただいてきましたが、職場が製造現場に移りますのでブログ更新はしばらくお休みさせていただきます。


今後も必要な情報がありましたら、随時更新させて頂きます。



〇お断わり

ご注文いただいてから10日程度では発送可能と考えておりますが、万一ご注文数が生産能力を超えるような場合がありましたらもっと遅くなるかもしれません。ご了承くださいませ。

あと、私の個人事情などで注文頂いた後万一発送できないような事態が生じた場合には、誠に申し訳こざいませんが返金にてご対応させて頂きたく存じます。

(やはり解説24の夢のお告げは、"幻のミルキングマイクロチップ"だった、などと言われないよう具現化に向け頑張ります。)

2017-10-27

世界初!ミルキングで埋め込みする前立腺マイクロチップ解説24-一ガラスチップが一生の伴侶

f:id:ok-lab:20171026214543p:image


一片のガラスの塊に過ぎぬミルキングマイクロチップ、ひとたびその進入を許す心の余裕を持ち得れば、それは一生の友となり、死ぬまで離すことができない宝石となるであろう。


えらそうな表現すみません、これは私が夢で見たミルキングマイクロチップからのお告げです。


ミルキングマイクロチップという一片のガラスの塊は、性的な活力の源にもなります。生活の活力にもなります。頑張りのエネルギーにもなります。落ち込んだ気分も引き上げてくれます。友達のような依存の対象にもなり得ます。

チップはあなたの分身であり、あなたと共生し、あなたをサポートし、あなたを常に引き上げてくれるでしょう。



別の表現では、

あなただけを死ぬまで見つめ続け励ましてくれる神が降臨したように。

一生あなたを生き生きと支え続けてくれる伴侶と結婚したように。

あなたからの愛は求めません、一方的にサポートし続けてくれます。あなたから捨てない限り、逃げていくこともありません。


それがあなたの体にピッタリのサイズのミルキングマイクロチップです。


普段の日常生活を邪魔することもありません。装着のまま、あらゆる日常生活が可能です。

必要以上にかまわれることを迷惑だと思うときには、取り出しても寂しがることもなく、再び挿入してくれる時をいつまでも待ってくれます。


それを手に入れる為には、不安なもの、もしかしたらあなたにおもわぬ危害を加えるかもしれない一片のチップを受け入れてみる、ほんの少しの勇気が必要なのかもしれません。

---------------------------------------


ここまでのえらそうで思わせぶりな表現本当にすみません。これはあくまでも私が夢で見た、ミルキングマイクロチップからのお告げです。



なんか、少女が初めての男性に出会った時のこころの動きみたいですね。私が詳細なチップの挿入の指南書のようなものを書きたいと思わないのは、この少女にセックスとはどのようなもので、どうすればうまく行くなどと教えたくない気持ちに似ています。未知の世界のどきどきは、自分で勇気をもって体験し、そして自分の力で幸せは掴んでほしいとおもうからです。


---------------------------------------



ここからは、昨日の解説23で参照させていただいたお医者さんの異物挿入患者緊急対応について、何人かの方から質問がありましたので、私の感想です。


シャープペンの芯を尿道に入れて折ってしまった彼。

全くの尿道初心者だとおもいます。すこしでもわかっていれば必ず折れるものは入れません。上級者は折れやすいものを入れてわざと折って楽しみますが、病院へは行きません。排尿で必ず出てくるからです。ポッキーは最もポピュラーな折って遊ぶ尿道具です。チョコレートコーテイングのが滑りが良いのでお勧め。

シャープペンの彼も自分で抜き出せる深さまでしか入れてなかったのに折れてしまったので、折れた先の部分は指では抜き出せなくなってしまい、あせって救急車を呼んだ。それだけです。お医者さんも尿道プレイの知識などないので、排尿で押し出すなどという発想ができなかったので、内視鏡で取り出した。その時の彼は焦って極度に緊張しているので尿など一滴も出ません。

結論として、彼は何もしないで寝ていれば、朝日の排尿でシャープペン芯の破片はすべて出たとおもいます。

〇延長コードがどくろを巻いていた彼。

基本的に入ったものは出ます。考えられるケースは、挿入時は尿が膀胱にたくさんあったので、コードが泳ぐように入って行った。排尿すると膀胱が収縮しコードがからみあってコードとコードの摩擦で抜けなくなった。尿を満タンにすれば、またコードが泳ぐ状態になるので、抜き出せるとおもいます。膀胱内で結ばれてしまったりすると抜けない可能性はあります。


お医者さんは忙しいので、待ったり観察したりする時間的余裕がないので、その場で対応できる方法を選択します。結果過剰な医療行為になったのではとおもいます。

尿道プレイの知識や経験がないお医者さんが、最適な方法を選択できなくても仕方ありません。餅は餅屋で、尿道プレイの専門家にネットで質問すればきっとよい取り出し方法を教えてくれるとおもいます。



以前私の知人が山で遭難し、警察と消防が何百人体制でまる1日捜索してもみつからず、地元の猟友会にお願いしたところ数時間で発見してくれました。イノシシの足跡を見つけるのには踏まれた草の跡を調べます。同じ手法で、道端の草の倒れ方を見て滑落箇所を発見!。餅は餅屋ですね。

2017-10-26

世界初!ミルキングで埋め込みする前立腺マイクロチップ解説23-尿道タブーからの解放

f:id:ok-lab:20171025201154p:image:medium

f:id:ok-lab:20171025201158j:image:medium

オウムガイ精子画像と文http://diary.aquarium.co.jp/archives/3091より借用



偶然ですが上の画像はは昨日イラストレーターさんから届いたもので、指にからませているミルキングマイクロチップです。下は昨日ご紹介させていただいた指先にあるオウムガイ精子です。イメージ似すぎですね。

商品名を「オウムガイ精子マイクロチップ」にしたいくらいです。



〇異物挿入トラブルでお医者さんに駆け込んだ例その1

http://news.livedoor.com/article/detail/10495820/

救急外来の理解不能な患者 尿道にシャープペンシルの芯刺さった学生

「先日は『尿道にシャープペンシルの芯が刺さって取れない』という男子大学生の患者がきました。『どうしてこうなってしまったんですか』と尋ねると、『全裸で試験勉強をしていたら、折れた芯がたまたま刺さった』のだそうで……(笑い)。結構奥深くまで刺さっていたので、折れないように内視鏡で慎重に取り出しました」

〇ワンポイントアドバイス

万一ミルキングマイクロチップが取り出せなくなったときは、お医者さんに行って正直に、男性小子宮精子が泳ぎ着こうとしています。妊娠する前に早く取り出してくださいとお願いしましょう。



〇異物挿入トラブルでお医者さんに駆け込んだ例その2

http://www.news-postseven.com/archives/20150824_344629.html

わざと異物を尿道に入れ女医指名する来院者も存在

「私が診た事例では、プラグ部分をカットした電源の延長コードを1m近くも尿道に入れ、腹痛と血尿を訴えて来院した男性患者さんがいました。レントゲン撮影してみると膀胱の中でコードがとぐろを巻いて簡単には取れないことがわかり、緊急開腹手術となりました」

 性癖が原因で起こることが多い事故だけに、中にはこんな上級者もいるという。

「わざと異物を尿道に入れ、同じ女医を指名してやってくる“リピーター患者”もいます。そういう人が来たときには他の患者さんを優先してあげたくなりますが、治療しないと帰ってくれないので……」(泌尿器科で働く20代女性看護師)


アナルの異物挿入では、

http://www.news-postseven.com/archives/20150824_344629.html

たとえば尻に入った異物として、バット、ビール瓶、電動歯ブラシ、キュウリやトウモロコシといった報告もあるという。

 こうした異物挿入の原因は自慰行為中の事故であることが多い。しかし、そんなことは到底いえず、「風呂場で尻餅をついたところにたまたまレモンが落ちていた」「暑かったので全裸で電球を取り換えていたら、台から足を踏み外して転んで偶然にも電球が尻に刺さった」といった苦しい言い訳になってしまうのだという。ごまかしたくなる気持ちはわからないではない。








失礼致しました。

アナルへの挿入はかなり一般的というか、いまやタブーというほどではなくなっているのではないでしようか。

それに比べて尿道はまだ一般社会ではタブーというイメージがあるような気がします。


女性に関しては、尿道が短いので膀胱炎になりやすいという事情もありそうです。(勿論尿道炎になった女性のうち尿道挿入が原因であるという人は非常にまれだとおもいます)


男性に関しては、尿道関連では、膀胱炎前立腺炎がよくある病気です。これは、別に尿道挿入などしなくても発病することがあります。私の場合前立腺炎を何度か経験しています。微熱が続いて原因不明で病院へ行って判明しました。数年に一度くらい発病し抗生薬を3日も飲めば完治しますが、耐性ができるといけないので、もらったおくすりは最後まで飲んでいます。

私の発病原因は、性交後にペニスの洗浄を行わなかったときに、たまに発病します。それが原因であるという事がわかってからは、必ず洗浄をしているのでもう何年も泌尿器科のお医者さんのお世話にはなっていません。


〇この情報はなんの気休めにもなりませんが、

私個人の経験では、もう1年近くほぼ毎日マイクロチップのテストのために各種チップを挿入していますが、水洗いのみの洗浄で一度も膀胱炎前立腺炎も経験していません。

なぜ水洗いのみで済ませているかというと、もし膀胱炎などになれば泌尿器科を受診して先生とお話ができる、との考えがあるからです。マイクロチップの有効性などについてお話ししてみたいからです。膀胱炎などは抗生物質で簡単に治るので、風邪ひき程度にしか考えていないという気安さがあります。お医者さん不真面目な患者で申し訳ありません。

勿論水洗いの洗浄のみで大丈夫なのか、身をもってテストしてみるというチャレンジャー精神もあってのことですが。

残念ながら、膀胱炎にも前立腺炎にもならないのでミルキングマイクロチップについてお医者さんとお話する機会はできていません。お医者さんは病気になれば気軽に受診できますが、健康なのにお会いするのはかなり難しいです。皆さんお忙しいので、健康な人と病気でないのに面会してくれるほどの余裕のある方は少ないようです。

繰り返しますが、私が一度も発病していないという事実は、何の保証にもなりません。偶然私の周りに菌が少ないだけなのかもしれません。みなさまどのような環境であるのかはわからないので、清潔管理には気を付けるに越したことはありません。水洗いのみよりはアルコール消毒などがより清潔だとおもいます。熱湯消毒も効果的です。できる限り清潔維持に心掛けてください。

〇ワンポイントアドバイス

器具の洗浄も大切ですが、私は挿入前の尿道入り口の洗浄を、濡れた布を用いてしごくように丁寧に行っています。




本題に戻ります。尿道はなぜタブーなのかについての私の考察です。男性の場合です。


尿道が長いので、当然長い器具の挿入が必要であり、指で長い器具を操作しても、遠く離れた先端の感触が手元の指に感じられにくい。

この問題は、ミルキングマイクロチップは短いチップを挿入されている位置の近辺で操作するのでその心配からは解放されるとおもいます。


〇勃起すると挿入角度が変わるのでとても危険そう。

その通りだとおもいます。ミルキングマイクロチップでは角度が変わる部分は糸のみなので、そのような心配から解放されます。


膀胱炎などが心配

器具挿入などしなくても、条件が揃えば発病します。どのような細菌が生息しているかわからない方との性行為のほうがずっと危険です。

膀胱炎前立腺炎は通常は抗生剤で簡単に治ります。性病などに比べるとかなり気楽かもしれません。下の病気になることが心配なのであれば、性行為もオナニーもしないことが一番安全です。(なにもしなくても清潔管理は大切ですこまめに性器は洗浄しましょう)


尿道の皮膚は、肛門の皮膚などよりもデリケートなので傷付けるのが心配。

その通りです。割と鈍感なので、異物挿入などでもその時は気付かないですが後になって、いたみが出たり、傷による微小出血などがありえます。(にじむような出血は放置すれば半日もすれば治りますが流れるような出血は、解説13の出血の止め方なども参考にしてください)

ガラスのマイクロチップは、摩擦にはとてもやさしいです。少なくとも病院の尿道カテーテルなどよりはずっと刺激が少ないです。しかし摩擦ゼロという器具はありませんので、皮膚のデリケートな方などで違和感を感じられた場合は使用を中止してください。

尿道に器具が挿入されることが怖い

もしあなたが、身動きできないような病気やケガになり、入院すればいやおうなく、強制的に尿道カテーテルを挿入されます。未体験の女性にはセックスが怖いと思う人がいるとおもいます。その程度の怖さなのかもしれません。



少しはタブーな気持ちから解放されましたでしょうか。

2017-10-25

世界初!ミルキングで埋め込みする前立腺マイクロチップ解説22-ガラスの精子と米国特許

f:id:ok-lab:20171024231541j:image:medium

泳ぐ精子画像https://www.nature.com/news/rudimentary-egg-and-sperm-cells-made-from-stem-cells-1.16636より借用

ミルキングマイクロチップの初期バージョンのデザインは泳ぐ精子をイメージしたものにする予定です。

f:id:ok-lab:20171024231015j:image:medium


ちなみにこちらはオウムガイ精子だそうです。

f:id:ok-lab:20171024232810j:image:medium

オウムガイ精子画像と文http://diary.aquarium.co.jp/archives/3091より借用

ヒトのだとオタマジャクシのようなかたち、と表現されますよね。頭部と尾部があって、尾部をくねらせて泳ぎ回る。

オウムガイも基本的な構造はだいたい同じですが、大きく違うのは精子の頭部のかたちと大きさ。頭部は棒のように細長くて、長さはヒトの10倍ほどもあります。

大きいので、顕微鏡をのぞいてみたら簡単に見つかりますよ。私も最初はまさか、こんな長いものが精子だとは気が付かず、初めてその事実を知ったときは驚きましたね。

これはミルキングマイクロチップのイメージにピッタリだとおもいました。ミルキングマイクロチップの宣伝画像として使いたいくらいそっくりですね。




ミルキングマイクロチップの開発は、先に名前が決まり、そのイメージを具現化するために製品開発が始まりました。

その名前が「ガラスの精子」でした。いろんな方に近々新製品を発売しますと予告していました。内容については特許申請が済む迄公開できないので、名前が「ガラスの精子」というものであるということのみをお知らせしていました。

ガラスでできた、男性ペニスの入口から奥に向かってに逆向きに泳ぎながら進入する精子をつくりたかったのです。単にガラスで出来た尿道に留置できるマイクロチップがつくりたかっただけのですが、、、

その挿入イメージには強くこだわりました。通常前立腺部から射精により尿道を外に向かって飛び出すことしか考えられない精子を、逆方向に自分の前立腺部の精丘部にむかって泳ぎ進むという行為により、留置させたいと考えました。(泳ぎ進むという行為はミルキングという手法の発見で具現化できました。)

初期動機がメスイキグッズとしてのチップの開発なので、精子は発射されるものではなく、受け入れるものである必要があったのです。精子を受け入れるという心理的演出がメスイキにはとても効果的だと考えたのです。

私ども岡田快適生活研究所は、ひたむきに男性というものの先入観や常識を逆転させるグッズの開発に挑戦してまいりました。精子も発射するものでなく受け入れるものとしてとらえてみたかったのです。なので「トリカヘチャタテ」の研究発表には大変興味を感じました。

先入観逆転への挑戦の始まりはペニス下向き固定具「ペニストッキング」の開発と特許取得でした。日本と中国香港マカオでは割と簡単に取得できましたが、米国での審査でつまづき、裁判にまでなり結局7年の歳月を費やしてやっと先日米国特許も許可をいただきました。晴れてペニストッキングも世界初!ペニス下向き固定具といえそうです。

f:id:ok-lab:20171025100933j:image:medium


すみません話がそれました、7年間、時間とお金を費やしてやっと米国特許を勝ち取ったという喜びをどこかで表現したくて、つい脱線してしまいました。(もう、資金が続かないので断念するとのわたしからの返答に、米国の弁理士さんも日本の零細弱小企業の反骨精神に同情してくれたのでしょうか、今後の申請費用は無料にするので申請を続けるようにとおっしゃってくださいました。感謝いたします。今回のミルキングマイクロチップ米国申請もよろしくお願いいたします。)



精子を受け入れるという心理的演出がメスイキには大切だという話に戻ります。

また、精子という名前であるかぎり、ガラスの精子以外は考えられませんでした。樹脂製の精子では夢がありません。私が受け入れられるのはクリスタルな精子しかありません。


しかし開発が進むうちに、ガラスが折れる可能性があるということへの適切な対策が考えられず、一時は素材をガラス以外に変更して長い期間試作を繰り返しているうちに、ガラスの精子という製品名は自然消滅していました。ガラス以外の素材でつくったものをガラスの精子とは呼べないからです。

最終的にガラスの細い部分のみ樹脂コーティングするという安全対策が有効であるということがわかったので、また初期のガラス製のマイクロチップを製品化することができました。ガラスという素材である限り絶対に折れないということはあり得ない。だったら特に弱い部分を意図して作り、その部分に折れる可能性を集中させ、かつ折れた場合にコーティングした樹脂で守るという考えです。もちろん折れた状態での継続使用などは無理ですが、折れた瞬間に皮膚を守るという考えです。そのあたりはご理解の上ご利用ください。

〇ワンポイントアドバイス

折れたチップは速やかに引き出し、以後絶対に使用しないでください。


〇この1か所弱い箇所を意図して作り、その場所の守りを徹底するというのは、戦術や、防災でも使えそうな考えですね。


その後、このマイクロチップはメスイキの目的のみならず、もっと多目的に利用できそうだということが少しずつ分かってきましたので、「ガラスの精子」という名前では無理があるかもしれないとおもい、名前が決まらぬままになっていました。


今も、本当は迷っています。

でもおそらく、このチップの今後の社会貢献範囲の広さを考えると、この名前では無理だというあきらめの覚悟はできました。

正式名はおそらく「ガラスの精子」ではなく「ミルキングマイクロチップ」になるだろうとおもいます。

2017-10-24

世界初!ミルキングで埋め込みする前立腺マイクロチップ解説21-マイクロチップを介した性交

f:id:ok-lab:20171024001537j:image:medium

画像https://radichubu.jp/talk/12626より借用



昨日の解説20「人間トリカヘチャタテ」が私的にすごく気に入って、妄想が拡大してAIロボットにまで進んでいます。


性器を介した人と人との交流を性交というのだろう。男女の交流に限定して考えると体位としてはメス上位の後背位は不可能のようだ。

f:id:ok-lab:20171023004752p:image:medium

画像http://www.02320.net/coupling_role_reversal/より借用

f:id:ok-lab:20171024001030j:image:medium

画像http://okasinaikimono.blogspot.jp/2014/04/blog-post.htmlより借用



マイクロチップを介した性器と性器の交流もある種の性交と言えないだろうか。

あらゆる体位が可能になる。

f:id:ok-lab:20171023235323j:image:medium

f:id:ok-lab:20171023012011j:image:medium

f:id:ok-lab:20171023095206j:image:medium


人と人は、抱き合って繋がる、手をつないで繋がる、性器を介して繋がる、会話で繋がる、目を合わせて繋がる、ネットで繋がる、、、マイクロチップで繋がる。

深いつながりは、性器を介した繋がりが一番だろう。


お互いの性器にマイクロチップを挿入して縫合糸で繋がるというのはどうだろう。

とてつもなく深いつながりであるともいえるし、全く繋がってないとも言える。物理的には自己完結であり相手の性器に介入しない。


人間は繋がりを求める、しかしできるだけお互いを尊重し個々の根源的な領域には深く踏み込まないという関係も素敵な繋がりといえる。



お互い性的な充足を得ながら、相手の充足を侵害することなく、確実に縫合糸によって物理的に繋がっている関係。

性器以外の皮膚の接触などはスキンシップにすぎないので、根源的な侵害にはならない。


セックスレスのカップルがあったとして、多分性的欲求がないのではないとおもう。性交により必要以上に相手を侵害することに疲れているのかもしれない。

マイクロチップを介した性交は、クールで現代的であるかもしれない。

相手がドールである場合など最高のクールセックスであるかもしれない。ドールとの対等な関係を最大限大切にできる。

改造フィギュアとのつながりなどもクールかもしれない。



人工知能のお友達ができる時代も遠くないでしょう。ミルキングマイクロチップロボットとの性的繋がりというテーマの研究材料にもなりそうです。勿論その場合連結糸を通じて性的快感の交流も行われるでしょう。

AIロボット開発を性的分野で研究されている方への提言です。ロボットとの性的交流は、性器接触の方向よりも、マイクロチップを通じて交流のほうが、よりクールなロボットといえそうです。