Hatena::ブログ(Diary)

ok-labの日記

2017-10-18

世界初!ミルキングで埋め込みする前立腺マイクロチップ解説15-前立腺ステントの色々

公開されている特許情報から、前立腺ステントの画像を借用します。

特開2012-125562

f:id:ok-lab:20171017222400j:image:medium

2012年だから結構最新式ですね。

前立腺部の全体と、球部尿道部にもステントがありますね。これは、前立腺部のみだと、膀胱に入ってしまう心配があるので、球部尿道にもステントを置いて、ずり上がり防止アンカーにしているようです。血管ステントであればずれるなどということはないのですが、前立腺はいきもののように常に形状も変化しますので、ステントもおとなしくはしていてくれないようです。


特開平07-00053

f:id:ok-lab:20171017222357g:image:medium

20年以上前のものなので、かなり原始的ですね。これでは膀胱にずりあがってしまうかもしれません。血管ステントが普及し始めたころなので、そのまま尿道に流用したという感じでしょうか。私の心臓血管に留置されている同じような鉄の網でできたステントはもう上から膜ができているそうです。大変お世話になっています。


特表2004-523280

f:id:ok-lab:20171017222352g:image:medium

随分と勇ましいステントですね。前立腺部と膀胱部があるので安定はしていそうですね。膀胱部のバルーンを膨らませて留置しています。


特表2008-543499

f:id:ok-lab:20171017222349g:image:medium

随絵が詳細で美しいですね。こちらは、膀胱部、前立腺部、球部尿道部もあるので、一番安定して留置できそうですね。

開発者の方の弁です

尿路は接触に対して敏感であるため、快適に装着されることが、特に重要である。



私どもの前立腺チップも本格的バージョンは、膀胱部、前立腺部、球部尿道部をもっています。

f:id:ok-lab:20171007151409p:image:medium

簡易バージョンは、膀胱部はありません。初期販売はメスイキ目的がメインになりますので簡易バージョンのみとします。

f:id:ok-lab:20171007151405p:image:medium

前立腺ステントというものがどういうものか大体ご理解いただけたとおもいます。


先行して特許申請されているこれらの製品と私どものミルキングマイクロチップの違いは、先行特許はすべて括約筋部を柔らかくて折り曲がりやすい構造にしているか何もなくしているのに対して、私どもの製品の特長は括約筋部が前立腺部と球部尿道部よりも細くはなっていますが、折り曲がらない材質で出来ているということです。その故ミルキングによる埋め込みが可能になりました。とても単純なことですが尿道内をミルキングで進められるということはとても便利です。

もう一つの特徴は先行特許は器具の内側を尿が流れる構造ですが、ミルキングマイクロチップでは外側を流れることです。突起が扁平になっているので押し広げた横を尿が通過できます。器具全体が常に尿で洗われるので清潔です。


また先行特許製品はいずれも、複雑な構造なので取り出しが自分でできません。挿入も取り出しもお医者さんに頼らなければなりません。ミルキングで進められる構造の採用により、お医者さんに頼らない挿入や取り出しが可能になりました。



すでにメスイキを経験されている方なら、お分かりだとおもいますが、ずっと同じ圧力で前立腺を広げられ続けているという状態に耐えられるとおもいますか。


女性だったら一日中ディルドを挿入し続けてられているようなものでしょうか。



ステントを開発したお医者さんは繊細な感覚の方ではなかったのかなとおもいました。ステントを入れないと尿の出が悪いので、広げればよい。もちろんおしっこが出なくて死んでしまうよりは、少しくらいは具合わるくても広げてあげるほうがよいだろうということだとはおもいますが。

こんなにアダルトグッズなどの世界では前立腺グッズが普及しているし、アナルセックスは前立腺刺激に効果的であるなどという情報もあるのに、もう少し前立腺の機能について勉強してほしかった。知っていたら、ずっと強く刺激し続けるステントを留置するのは無理だと考えられたとおもいます。


前立腺もずっと刺激し続けられたら麻痺して感じなくなるのかもしれませんが、私はいやだとおもいました。自分が挿入したいとか、してもよいと思うときに挿入でき、感じすぎて外したいと思うときは外す。この当たり前の機能がない前立腺ステントは暴力装置でしかないとおもいました。


数年前に前立腺炎になったときお世話になった、泌尿器科の先生によると、最近は前立腺ステント治療はあまりしなくなったといわれていました。当然だとおもいます。


わたしはメスイキという人間としての喜びを気軽に体感したいために、ミルキングマイクロチップを開発してきましたが、当然、尿道拡張などの効果が期待できるのではと思っています。あくまでも私の個人的な体験にすぎませんが。



勿論商品販売に際して、医療効果をうたうことは法律違反であるという事は承知しています。今ブログで発信している内容には、将来お医者さんなどに認められて、医療器具として承認を取れたとしたら、という夢の話も入っています。

実際の販売サイトでは、医療効果などはうたう事なく、メスイキグッズや、尿道の掃除グッズ程度で、スタートしたいとおもっています。



今日は尿道ステントとはどういうものか、なぜミルキングで装着できるのかということをご理解頂きたく、各種ステントをご紹介いたしました。