Hatena::ブログ(Diary)

ok-labの日記

2017-10-20

世界初!ミルキングで埋め込みする前立腺マイクロチップ解説17-製品価格と医療点数と哲学

解説16のたけしさん関連情報でご紹介しましたサイトの方の言葉

医療はいっけん高等に思えますが、換言すれば「パイプの清掃業」なのです。

http://www.koumapp.com/article/454124459.html

が記憶に残ったので、尿道拡張の医療費を診療点数表で調べてみました。

尿道拡張とは尿道狭窄がある場合に、尿道よりブジーを挿入して「尿道拡張(J 066)」をはかります。

※ブジーは、管腔を探ったり、拡張したりする棒状、管状のものです。180点

1点10円なので1800円。患者負担は三割として540円ですね。

どなたか処置を受けた方のコメントでは、女性用診察台のようなところで挿入されて、10分ほど刺されていたとのことでした。

f:id:ok-lab:20171019210441g:image:medium

(雄猫の尿道拡張)特開平10-179618(公開特許情報より画像借用)記事内容には関係ありません

たけしさんの「トイレから出られない」記事に関する2チャンネルのようなところのコメントみていると、自分も泌尿器科に行ったというコメントがたくさんありましたが、ブジーを刺されたというのは一つもありませんでした。最近のお医者さんは検査と薬で済ませてしまうようであまり処置はしてくれないのかもしれません。

私がお医者さんだったとしても、男のペニス掴んで、消毒して、キシロカイン麻酔して金属棒突っ込んで10分もそのまま待って1800円では、やる気が起こらないとおもいます。そりゃ何とか投薬で済ませたいとおもいますよね。


尿道拡張の治療費が、私どもがミルキングマイクロチップを販売するにあたって価格設定をどの程度にすればよいのか、という問題の解決のヒントにならないかと考えました。

個人負担額が一回540円なので、最もシンプルなもののご提供価格は二回分1080円にしました。なぜ二回分かというと、一度お医者さんに刺されると癖になって必ずもう一回は受診するだろうと(笑)。


それを最低基準として価格設定を考え、初期販売製品の価格範囲は、材質と構成の違いなどで、税抜き1000円から5000円迄の範囲とさせていただきます。

1000円のものは本当にお試し用で継続使用はおすすめいたしません。二回程度お試しいただいて、癖になった方は、連続使用可能な2000円から5000円のものをお買い求めください。全く体が受け付けなかった場合は1000円の無駄遣いをお許しください。



また、当面はちょっと姑息な販売方法をとらせていただきたいと考えています。

完成品は、マイクロチップと、補助チップと、セーフティチップがナイロン糸で連続でつながった物のみ、と定義させていただきます。そして完成品となった商品は当面販売いたしません。

完成品を二つのパーツに分け、先端部のマイクロチップをAパーツ、補助チップをBパーツとし、別々にパーツ販売としてさせていただきます。また、パーツにナイロン縫合糸を埋め込む作業を別に工賃として請求させていただきます。

Aパーツ

f:id:ok-lab:20171020000856j:image:medium

Bパーツ

f:id:ok-lab:20171020000853j:image:medium



価格体系は税抜きで

Aパーツ樹脂1000円、ガラス2000円

Bパーツ樹脂1000円

ナイロン縫合糸埋め込み作業費1パーツにつき1000円(医療縫合用ナイロン糸代含む)

パーツのみお買い求めいただき、ご自分で糸で縛って連結される場合は糸埋め込み作業費不要です。


組み合わせで簡単に価格が決まるシンプルな設定になります。



最初のお試し商品が1000円になる理由は、ナイロン縫合糸を埋め込みしないで、柔らかいナイロン100%のミシン用レジロン糸を結び付けることにより、埋め込み費用をなくしました。パーツのみお買い求めのお客様には、サービスでミシン糸をお付けいたします。

樹脂は十分な耐久性がありますが、糸の耐久性が保証できないのと、糸の結び目があるので、長期利用は保証いたしません。しかし糸の交換などもおこないながら丁寧にお使いいただければ長く使う事も可能かもしれません。


下向きペニストユーザさまは、解説その9でもご説明していますが、Bパーツは不要なので、ガラスチップ製品で3000円、樹脂製品で2000円にて耐久性のある、ナイロン縫合糸埋め込みの製品をお買い求めいただけます。

f:id:ok-lab:20171012084943j:image:medium

上向きペニス派のユーザー様はBパーツも必要なので、ガラスチップ製品で5000円、樹脂製品で4000円にて耐久性のある、ナイロン縫合糸埋め込みの製品をお買い求めいただけます。(排尿時尿一端取り出し、洗って再挿入するようなご利用でしたら、Bパーツ無しでもokです)

f:id:ok-lab:20171006132752j:image:medium

以前に解説その6にてご説明致しましたサイズのご指定は、ナイロン縫合糸埋め込み作業をお買い求めの際にご指定いただくことになります。



解説14でも触れましたが、

問題なく製品として販売できるという確信ができるまで、臨時的にこのようにパーツとしての販売とさせて頂きます。使用説明なども当面はありません。(準備でき次第サイトではFAQや使用説明もご覧頂けるようにいたします)


そのような危険なものであるということをご承知いただいた上で、チャレンジ精神のある方のご用命をお待ちいたします。

11月初旬には発売開始できればと考えています。加工も含めての販売になりますのでオーダー頂いた後10日程度お時間をいただきます。糸埋め込み後の樹脂の完全乾燥に5日程度必要なためです。(価格は今日現在の予定価格なので正式には販売サイトにてご確認ください。)



朝日新聞 折々のことば 鷲田清一 10月19日より

それなしで人が生きていけないものについて考えるのが、哲学です。  森口美都雄


私にとっては、ミルキングマイクロチップについて考えることが哲学なのでしょうか。(笑)


鷲田さんにとっては、

やがて衣服も間違いなくそのひとつだと思い、一時期その主題にのめり込んだ。別の教授からは「世も末だ」と言われた


私もこの主題にのめり込み過ぎているのかもしれない。きっと多くの方から「世も末だ」と思われているだろう。