Hatena::ブログ(Diary)

ok-labの日記

2017-11-29

世界初!ミルキングで埋め込みする前立腺マイクロチップ解説26-尿道炎の経験と一か月の総括です

f:id:ok-lab:20171129160046j:image:medium

最初から怪しげな検査結果画像すみません。

11/6日の夜入浴時時に寒気がしたので翌朝熱を計ってみると37.2度の微熱がありました。

風邪の症状ではないので、数年に一度くらい発症する前立腺炎かもしれないと思い11/7日いつもお世話になっているご近所の泌尿器科を受診しました。その時の尿検査結果です。

診断は尿道炎でした。

前立腺炎や、膀胱炎では細菌が検出されるのですが、この時は菌の検出はなく白血球のみが増えているので、尿道炎と判断されたようです。

先生には特許申請の書類も、このブログも読んでもらっているので、私がチップを常用していることはすでにご存知なので、チップのせいかどうかはわからないが、バリバリの尿道炎ですとの診断でした。

治療は

f:id:ok-lab:20171129160321j:image:medium

クラビットという抗生剤の服用4日のみでした。完治するまではチップは我慢してくださいというお言葉もありましたので、まじめに我慢しました。

マイクロチップについてはよく考えましたねと褒めていただきました。

抗生剤の服用後半日で熱は無くなりました。


4日後、11/11日の尿検査結果です。

f:id:ok-lab:20171129160146j:image:medium

完治とのことでした。

今回もマイクロチップの発明を、私の今までの発明の中で一番優れていると褒めてくれました。

私も前回褒められたのでお土産に現在販売中のショートサイズのチップをお渡ししました。

また、今回の尿道炎がチップのせいかどうか検証するために今後も定期的に尿検査をしてもらう事にしました。

11/29日の検査結果です。

f:id:ok-lab:20171129160228j:image:medium

約20日間、毎日チップを挿入していましたが、全く正常との結果でした。

今後も定期的に検査に来てもよいとのことなので、先生からマイクロチップについての感想やお話を聞きたいので、継続して検査していただきます。引き続いて検査結果もご報告いたします。



今日は、先生にショートチップではなく、本格的に膀胱迄到達し、前立腺狭窄の治療にもなり得るロングチップのサンプルをお渡しし、医療具としての活用をお願いしてきました。


先生は、アダルトグッズ販売の協力はできないでしょうと言われたので、アダルト用は私が趣味でガラス製の極上のチップを作成して売るから、先生は医療器具業者と契約して、樹脂製チップを量産販売してくださいとお願いしました。

このプロジェクトが成就しますとチップは、先生と私の名前を連ねた"TTOO前立腺ステント"という名前にしたいと考えています。

今日お渡ししたロングチップはこのような形状です。

f:id:ok-lab:20171129162109j:image:medium

完全に膀胱に到達するタイプです。この長さになると先端部がカーブしている必要があります。

参考に今販売中のショートチップです。

f:id:ok-lab:20171129162017j:image:medium

長さはこんな感じです。

f:id:ok-lab:20171129162610j:image:medium


現在発売中のショートチップでは物足りなくて、上級者バージョンを販売してほしいとのご依頼をたくさん頂いておりますので、近日中に発売開始する予定です。





この一か月とても忙しくて疲れました。

第一のトラブルは、高圧滅菌機で滅菌することにより、縫合用ナイロン糸が縮むことを発見し、多くのお客さまに発送の直前に気付き、再作成に大忙しでした。

ガラスは500度以上で処理しているので完全滅菌ですが、そのあと加工工程があるので出荷前に最終滅菌処理しようと思い、高圧滅菌したところ計算違いが生じました。

現在の出荷は、煮沸殺菌のみになっています。


〇ワンポイントアドバイス、高圧滅菌は可能ですが、糸が縮むので、やめたほうがよいようです。熱湯煮沸では縮まないようです。

(私の個人テストでも何度も高圧滅菌をしていたのですが、縮んでいることに気付いていませんでした。私の尿道が短いので気付かなかったようです(笑))


第二のトラブルは、梱包を厚紙に挟んだだけで発送したところ、たくさんの方からガラスが折れているとのご連絡をいただき、こちらも再作成に大忙しでした。

現在はミニダンボールに入れて発送しているので大丈夫のようです。




お客様の反応は、初心者の方については、不安や安全性についてのお問い合わせが殆どで

劇的なご感想はまだいただいていませんが、尿道挿入経験者の方からは、ご満足いただいているとのご感想を沢山頂き、本当に販売してよかったと思っています。



一つ大きな問題があります。

ミルキングマイクロチップという名称について、今日親身になったご親切なアドバイスをいただきました。

ミルキングという用語はすでに、アナルから前立腺を刺激し搾精する手法として確立して使用されているので、誤解を招きやすいのではとのご意見でした。

私がミルキングという言葉を採用したのは、尿道に溜まった残尿をミルキングで絞り出せばズボンを残尿漏れで濡らすことがないという、お医者さんのお言葉からでした。

単純にミルキングで検索すると、医療関係者がチューブなどに残った液体を絞り出すときの用語が一番よくつかわれているようです。その次にはチントレでペニスをしごくような使い方だったとおもいます。勿論語源は乳しぼりです。私はヤギの乳しぼりが得意だったので本来のミルキングは指先で実体験しています。

ところが、ミルキングと前立腺で検索してみると、前述の高度な技術が先頭に出てきました。私も興味はあったので詳しく読ませていただきましたが、とても魅力的な技術であり尊敬すべき高度な技法だと考えています。

そして、この分野での精液搾取技術の表現法としてすぐれているとおもいました。しかし、本来のミルキングはミルクを出すということから転じて、細く柔らかい管の中の物体を場所移動させることだとおもうので、尿道内のチップをミルキングで移動させるという表現はノーマルな言葉の使い方だと考えました。


しかし、頂いたアドバイスは、このジャンルの事を本当に熟知された方のデリケートな感覚だと感じましたので、大切にしたいとおもいます。結論には至っていませんが、名称は変更する方向で検討いたします。

商標登録なども検討していましたので、早めに助言をいただきましたこと感謝いたします。





ロングチップについては後日追加で解説いたします。


この一か月、ご購入ありがとうございました。頂きましたたくさんのご感想が大変励みになりました。心より感謝申し上げます。