Hatena::ブログ(Diary)

ok-labの日記

2018-10-05

世界初!ミルキングで埋め込みする前立腺マイクロチップ解説75-お尻チップの特許申請全て済ませました。便秘という言葉が死語になる日が、、。

f:id:ok-lab:20181005144946j:image:w360

お尻チップに関する知的所有権の申請処理無事終了しました。

○その1:特許申請1

【発明の名称】前立腺マッサージ器具

項番 書類名 整理番号 受付番号 提出日 出願番号通知(事件の表示) アクセスコード

1 特許願 PA180017 51802011745 平30. 9.28 特願2018-185691 FAD8

f:id:ok-lab:20180929122355p:image:w360





〇その2:特許申請2

【発明の名称】排便補助器具

項番 書類名 整理番号 受付番号 提出日 出願番号通知(事件の表示) アクセスコード

1 特許願 PA180019 51802042606 平30.10. 3 特願2018-188692 0C1D

f:id:ok-lab:20181005145426p:image:w360





〇その3:意匠申請

【意匠に係る物品】  排便補助器具

項番 書類名 整理番号 受付番号 提出日 出願番号通知(事件の表示) アクセスコード

2 意匠登録願 DA180003 51802042607 平30.10. 3 意願2018- 21771

f:id:ok-lab:20181005153641p:image:w360

【意匠に係る物品の説明】 本物品は、直腸内の便を取り出すための排便補助器

           具である。器具長手方向に平行な中心軸回りに回しなが

           ららせん部を肛門から直腸内にねじ込むことで、便を直

           腸内壁から剥がしながら排便補助器具が直腸内に挿入さ

           れ、その後、排便補助器具を直腸内から引き出すことで

           、らせん部内に保持された便を取り出すことができる。

f:id:ok-lab:20181005162610p:image:w360

その1は先週図面を公開したものです。前立腺マッサージ器として申請しました。

その2とその3は、前立腺マッサージ器ではなく排便補助器具として申請しました。





前立腺マッサージ器が排便補助器具にもなりました。

もちろん全ての製品が、前立腺や精嚢を刺激するオナニー器具として利用可能ですが、これが同じく、全ての製品が排便補助器具としても利用可能なのです。

これらのお尻チップを前立腺オナニー器具としてテストするためには、直腸内の便はある程度処理しておく必要があります。便が満タンに詰まっている状態では、チップが直腸内で自由に動くことができないからです。しかし見ていただければご理解頂けるとおもいますが、すべてのチップの形は便を掻き出すのにも適した形状です。

うんこが詰まっていてもなんとか隙間にチップを刺しこむことができれば、チップを上下すればうんこは面白いように出てきます。前立腺マッサージ器イコール理想的な摘便器でもあるわけです。

(シャワートイレの水を出しっぱなしで行ってください。一部の水が括約筋を越えて腸内に入ることにより、うんこが動きやすくなります)

従来の前立腺マッサージ器で満足されている方に、チップ方式のマッサージ器も良いですよ、と改宗を勧めるつもりもありません。ただ、従来のマッサージ器を使う前の洗腸には、今回特許申請したり意匠申請した、排便補助器具は、とても効率がよいですよ。

そして、洗腸が済んだら、そのまま排便補助器具を腸内に入れておいてみてください。もしかしたら今までお使いのマッサージ器よりも気持ちよいなどと思われる方もいるかもしれないですね。





〇排便補助器具を毎日使って快適生活をエンジョイしよう。

弊社開発の排便補助器具や、前立腺マッサージ器具をお使いいただければ、宿便でお困りの方、毎日の排便で長時間トイレに座ってないとなかなか催さない方、骨盤底筋の力が弱くて、いまいちすべてのうんこを押し出せない方、等々あらゆるお悩みを完全解決いたします。

少なくともチップが届く範囲のうんこは毎日全て完全排出できます。毎日がすっきりな快適生活が保障されます。本当に快適生活研究所の面目躍如です。

(シャワートイレの利用が前提です。)

おそらく弊社特許の期限が切れる2038年以降、排便のトラブルは激減するのではないでしょうか。便秘などという言葉の意味さえ理解できない時代が来るかもしれません。(特許が有効な間は安い商品が販売されないので、あまり普及しないようです。回転ずしも特許が切れた途端爆発的に普及しました)

毎日直腸に溜まった便をお尻チップで掻き出す、これが日課となるでしょう。毎日取り出していれば、固い宿便などという心配もありません。

今までの説明で、普通の固さの便はどのチップを使っても掻き出せそうだと御理解頂けるとおもいますが、カチカチの宿便はどうして取り出すの、というご質問はありそうですね。

特許申請文から引用させていただきます。

【0017】

なお、排便補助器具1のサイズは適宜変更可能であり、子供用の場合には、小さいサイ

ズの排便補助器具1を使用すれば良い。また、複数のサイズの排便補助器具1をセットに

して提供するようにすれば、様々なシチュエーションに対応することができる。

【0018】

例えば、宿便が非常に硬くなっている場合には、基本的には、便の太さに近い径のサイ

ズの排便補助器具1を使うのが望ましく、直径が40mm程度の宿便であれば、らせん部10

の内径が40mm程度の排便補助器具1を使って、手前側から少しずつ便を崩して取り出せば

良い。

【0019】

また、比較的柔らかい便の場合には、便よりも細いサイズの排便補助器具1を使っても

便の中をらせん部10が通過できるので、容易に便が取り出せる。もちろん、便よりも太

いサイズの排便補助器具1を使って便を一気に排出することもできる。また、直腸内に少

量残った便を取り出す場合には、細いサイズの排便補助器具1を使えば、便の捕捉を容易

に行うことができる。

螺旋のスクリューが、固い便と腸壁の隙間をはがすように回転しながら通過しますので、固い便でも簡単に捕捉できます。従来の摘便器は、うんこ自体にスクリューのようなものを突き刺すものや、バキュームで吸い出すものなどがありますが、回転しながら、うんこと腸壁を剥がすというものはありませんでした。考えれば誰でも納得できることなのですが、これがコロンブスの卵なのだとおもいます。

螺旋式は基本的に空洞のらせんなので少なくなった便は取り出せません、その時は先端がU字形状になったお尻チップをお使いいだけば、完全排出完了です。

毎日排便していると、宿便にはならないので、螺旋の摘便器などは不要で、U字の先端を持つ小型のお尻チップが一つあれば、摘便には十分です。

f:id:ok-lab:20181005152307j:image:w360

私は、今朝この写真の物よりももっと小さい長さ8cm、U字の空間幅2cm程度のもので摘便をすませ、そのまま刺しているのですが、極小のチップでも時間経過とともに気持ちよくなってきています。腸内で気持ち良い位置になじんでいくようです。

(長時間留置では少しは乾燥してきますので、シャワートイレでお尻に水をかけなが括約筋を開き気味にすると、再び潤います。おしっこの度に座りトイレでお尻も濡らしてやれば完璧ですね。)





〇今回のお尻チップ開発の原点理論

全ての始まりは、解説70の直径10cmの特大異物が取り出せたという記事からです。

「ミオームボーラーを用いて経肛門的に摘出したシリコン製巨大直腸内異物の 1 例」

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcoloproctology/68/7/68_486/_pdf

f:id:ok-lab:20180901111235j:image:w360

この異物の直径10cmの終端はおそらく直腸の最下端、括約筋に続いた場所に入っていた。ということは、括約筋さえ通過すれば、直後の直腸は直径10cmにでも伸びる。ということは、往路部と復路部のチップ間隔が括約筋の厚み(約2cm)以上のUターンしたチップの短い側の先端を逆刺しし、頂点迄入ったところで、180度回転させれば、短い側の先端は、腸壁を押し広げて回転してくれるはず、ということです。

f:id:ok-lab:20181005165018j:image:w360

f:id:ok-lab:20181005165014j:image:w360

f:id:ok-lab:20181005165010j:image:w360

f:id:ok-lab:20181005165007j:image:w360

f:id:ok-lab:20181005165004j:image:w360

この後、軸方向に180度回転させれば留置位置ですが、このままで、短い先端側が前立腺に接触しても気持ちよいようです。

f:id:ok-lab:20181005144853j:image:w360

f:id:ok-lab:20181005152307j:image:w360


この理論だと、先端のU字にターンしている部分の往路と復路の区間幅は7-8cm程度迄はいけそうです。私自身のテストでは最大6cm程度まで楽に腸壁は延びました。6cmの間隔の板が腸壁を押し広げるとかなりの力で前立腺は圧迫されるので、何らかの体液は尿道から押し出されます。




〇螺旋チップに辿り着くまでの経過

f:id:ok-lab:20181005162610p:image:w360

そこ迄で、満足していたのですが、どうしても直径10cmのチップも入れてみたいという欲望が捨てきれず、辿り着いたのが、特許申請その2の、螺旋形状です。これであれば、腸内に入った後ひっくり返す必要がないので、直径10cmの螺旋でも挿入可能です。ただ、軸を回転させるだけで、括約筋部は螺旋の一か所が通過するだけなので、何の負担もなく螺旋は腸内に順次押し込まれます。私の実験では直径6cm長さ7cmの螺旋筒を腸内に留置し、半日過ごしましたが、殆ど違和感はありません。ただ、回転の途中で螺旋の板が前立腺や、精嚢を強く圧迫するときには反応はあります。

そして、この螺旋の最大の利点は、精嚢は左右一対の離れた位置にありますが、螺旋を回転させる事により、確実に両方を刺激できます。通常の棒状のディルドでは両方の精嚢を同時圧迫は難しいとおもいます。板状チップの独断場ですね。





〇そして人類を救う摘便器具に辿り着きました。

螺旋チップは前立腺や精嚢の刺戟にも適していますが、固い宿便を腸壁から剥がして取り出すのにも向いています。私の家族は便秘の者が多く、かなり苦労しています。私も手伝った事もあります。その経験から便に何かを突き刺して取り出す器具の試作を何度もしてみましたが、ことごとく失敗していました。どんなに固い便でも、何かを突き刺すと簡単に崩れます。

今回、便の太さの螺旋板を回転させて、腸壁から便をはぎ取るという方法を、前立腺マッサージ器の開発という少し後ろめたい動機の中で経験的に発見してしまいました。まさか、前立腺マッサージ器が人類有史以来の便秘の悩みを解決してくれるとは思っても居ませんでした。

おそらく便秘の悩みは女性の方が多いとおもうので、今回の発見は、弊社初の女性にもご利用頂ける製品になりそうです。





〇当面の販売予定商品は3種類

f:id:ok-lab:20181005144946j:image:w360

f:id:ok-lab:20181005144942j:image:w360

1.右側がプレーンな前立腺マッサージ器

f:id:ok-lab:20181005144853j:image:w360

従来のマッサージ器と同等のサイズと機能を目的としています。

逆方向の留置もokです。

この例では長さ10cm程度、頂点部のチップ幅は25mm程度です。

このサイズであれば連続留置も問題ないとおもいます。

頂点の幅が小さいので、挿入は逆刺しでなくても、まっすぐ突っ込んでも問題なく入ります。痔などの方は、逆刺しすれば括約筋部は幅10mm、厚み3mm程度の板一枚通過するだけで挿入や取り出しができます。

宿便以外の普通の便の取り出しに向いています。

便の取り出しのみであればもっと短いほうがよいかもしれません。



2.左側は精嚢をバランスよくマッサージできるタイプです。

f:id:ok-lab:20181005144851j:image:w360

これは、先端が左右に開いているので、まっすぐ突き刺すのは難しく、板のカーブに沿って回転させながら括約筋を通過させ、先端部が全て腸内にはいれば、奥まで押し上げてください。この例では長さ11cm、先端部の横幅は5cm程度になっていますが、もう少し小さいほうが私には適しているようです。

先端部の幅が広すぎるので便の取り出しにはあまり向いていません。

強い刺激を必要とする人のためのチップです。


3.中間が、螺旋タイプのものです。

f:id:ok-lab:20181005144849j:image:w360

この例では、直径3cm、長さ7cm程度の螺旋筒ですので、摘便にも、前立腺マッサージにも向いています。腸拡張のみの目的であれば、いくらでも大きい物が作成可能です。

いつも便秘する方は、小さめの、筒直径2cm程度筒長さ5cm程度のものを排便の後も留置しておくと、便が螺旋に絡まって溜まるので、毎朝ただ引くのみでチップと便が同時に取り出せます。

これも、小さい螺旋であれば、回転させて挿入しなくても、ただ押し込むだけで挿入可能です。




〇潤滑について

私の場合はあくまでも特例だとおもいますが、ローションをもっていません。

尿道チップも、ローション無しで、尿と、体液のみで使用しています。

お尻チップ潤滑は、シャワートイレの水が潤滑剤であり、腸内は、便も潤滑剤です。シャワートイレの水を出しっぱなしのままで、チップを刺したり抜いたりします。ただこれは高度過ぎるので、弁理士さんに説明するためにやってみた一般的な方法を転載します。

昨日の写真のチップのテスト結果です。

直径は3.5cm程度です。

今日は便が直腸迄下がってきているのを意識できたので、マニュアルに書くような手順で摘便してみました。

チップに指でベビーローションを塗り、指に残っているローションを肛門に突き刺し、肛門入口も滑らかにしました。

回転しながらの挿入ですが、さすが便が溜まっているのでするするとは回転しなくて、片手でチップを回し、もう一方の手で

肛門入口から押し込むという感じで、挿入完了。

腸壁と便の間をはがしているという感覚も実感できました。

そのまま、まっすぐ軸を引いてみると、筒内に100%便が溜まった状態で便と同じ形ででてきました。

便を取り除き簡単に洗って、再度ローションをチップに塗布し、再挿入。

今度は簡単に片方の手で軸を回転させるのみで挿入できました。

そのまままっすぐ引いてみると、残りの便が形は細くなっていますが同じく筒内に、直径2cm長さ7cm程度挟まったまま出てきました。


今は3度目の挿入をして、そのままにしています。

今日の便の固さは、柔らかめの粘土程度で普通の便の状態だとおもいます。

一週間も便が出てない人はもっと固くなっているので、より一回目の挿入は難しいかもしれませんが、

途中で一度取り出して再度ローションを塗るなどすれば、必ず挿入はできるだろうとおもいました。

前立腺マッサージ器をご利用の方は、私よりもいろんな潤滑剤についての情報をご存知だとおもいますので。ローションもより良い物をお使いください。



〇洗浄について

最初はアルコールなどでふき取っていましたが、面倒なので、塩素系漂白剤を濃い目(50-100倍程度)に希釈した液に一晩漬けておけば、完全に便は取れます。エポキシは薬剤には強い樹脂なので今のところ劣化などは確認できていません。毎晩浸けて1年の耐性があるかなどのテストはしていません。もっと優しい洗浄剤があるのかもしれません。



〇チップに使用するエポキシ樹脂の強度について

尿道チップではエポキシ樹脂の強度で普通の使用で折れるなどという事は考えられないのですが、お尻チップはおそらくその何十倍もの力がかかるので、全てのチップにステンレスワイヤーを埋め込んでいます。そのため破断する可能性はありませんが、無理やり折り曲げたりするとひび割れ程度はあるかもしれません。




とりあえずいま、思いつく情報の開示です。

また、漏れがあれば追加させていただきます。ご質問などあればメールでお願いします。



〇販売予定価格は一番プレーンなもので、税抜き5000円程度を考えています。

難易度の高いものは10000円以上になるとおもいます。




〇今週の特注

f:id:ok-lab:20181005144856j:image:w360

ご依頼は

f:id:ok-lab:20181005191147j:image:w360

結果は60,8.5,3,9,9,9,4,10でした。

イエローのカラー依頼をいただき、一本のみイエローのガラス棒があったのでお作りしました。ガラス棒が細かったのでこれ以上のサイズは無理でした。


他にもスクリューのサイズ指定をたくさん頂きましたが、ご紹介は省略させていただきます。ありがとうございました。

たけたけ 2018/10/06 12:22 発売日はいつ頃の予定ですか?

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ok-lab/20181005/1538740535