Hatena::ブログ(Diary)

おかひろの雑記 RSSフィード Twitter

2012-03-21

Eclipse3.7(indigo)をMacOSXにインストールする

Windowsの場合はPleiades All in one(http://mergedoc.sourceforge.jp/)があるのでそれを使えばいいですが、
MacOSXでは使えないので、ひとつずつ手動でインストールしていきます。

インストールしたバージョン
Eclipse3.7.2(for JavaEE Developers)
Pleiades1.3.3
Subversive
プロパティエディタ
Tomcat

Eclipse本体のインストール

Eclipseダウンロードサイトにアクセスします。(http://www.eclipse.org/downloads/
f:id:okahiro_p:20120318115858j:image
JavaのWeb開発を行うので、「Eclipse IDE for Java EE Developers」を選択します。
プロセッサが32bitか64bitかを調べるには、MacでIntelプロセッサが32ビットか64ビットかを確認する - おかひろの雑記などを見て下さい。
最近のマシンであれば、大体64bitでしょう。

ダウンロードが完了したら、ファイルを解凍して適当な場所に置きます。
今回はアプリケーションフォルダに置いたものとして進めます。

/Applications/eclipse/

日本語化
Pleiadesのサイト(http://mergedoc.sourceforge.jp/)にアクセスし、安定版の方をダウンロードします。
f:id:okahiro_p:20120318115848j:image

解凍すると、「features」「plugins」というフォルダーがあるので、それぞれの中のフォルダーeclipseフォルダー
同じフォルダーにコピーします。
f:id:okahiro_p:20120318115859j:image
Macでは、ここでeclipse側の「features」「plugins」を置き換えてしまわないように注意!

次に、eclipse.iniを修正します。
Eclipse.appを右クリックして「パッケージの内容を表示」
f:id:okahiro_p:20120318115900j:image

Contents→MacOSの中にeclipse.iniがあります。
f:id:okahiro_p:20120318115901j:image

eclipse.iniをテキストエディターで開き、一番下に下記を追加します。

-javaagent:/Applications/eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar=default.splash

※フルパスで指定していますが、相対パスでも問題ないと思います。
f:id:okahiro_p:20120318115902j:image

これで設定は完了です。
プラグインを追加したので、ターミナルから-cleanオプションを指定して実行します。

ターミナルで下記コマンドを実行します。

/Applications/eclipse/Eclipse.app/Contents/MacOS/eclipse -clean

日本語化されているのが確認できると思います。

Subversiveインストール

Eclipseを起動している状態で、「ヘルプ」−「新規ソフトウェアインストール」を選択します。
f:id:okahiro_p:20120318115903j:image

作業対象を「Indigo」にし、「コラボレーション」−「Subversive SVN チーム・プロバイダー」のみチェックしてインストールします。
f:id:okahiro_p:20120318115904j:image

インストールが終わったら、Eclipseを再始動します。

再始動後に「ウィンドウ」−「パースペクティブを開く」−「SVNリポジトリー・エクスプローラー」を開きます。
f:id:okahiro_p:20120318115905j:image

パースペクティブが開くと「コネクターインストール」が開くので、「SVN Kit」にチェックをつけてインストールします。
f:id:okahiro_p:20120318140135j:image

インストールが終わったら再始動を求められます。
念のため、一度落としてから、-cleanで起動しておくといいと思います。

プロパティエディタインストール
「新規ソフトウェアインストール」から作業対象を"http://propedit.sourceforge.jp/eclipse/updates/"を指定します。
プロパティエディター」をインストールします。
f:id:okahiro_p:20120318140136j:image

Seasar関連プラグインインストール
Seasarを使って開発する場合は、インストールしておくと便利です。
ここで指定しているのは、私が仕事をするときにインストールしているプラグインです。

http://eclipse.seasar.org/updates/3.3/
f:id:okahiro_p:20120318140137j:image

http://eclipse.seasar.org/updates/3.2/
f:id:okahiro_p:20120318140138j:image

TomcatインストールWTPからの起動
Tomcatインストールし、Eclipseから起動できるようにします。

Tomcatのサイト(http://tomcat.apache.org/)にアクセスし、任意のバージョンのバイナリダウンロードします。
ここでは、tar.gz版を選択します。
f:id:okahiro_p:20120318140139j:image

ダウンロードが終わったら、解凍してできたフォルダを適当な場所に置きます。
今回はアプリケーションフォルダに置いたものとして進めます。

/Applications/apache-tomcat-X.XX.X/

Eclipseサーバービューから「新規」−「サーバー」を選択します。
f:id:okahiro_p:20120318140140j:image

適切なバージョンを選んで
f:id:okahiro_p:20120318140141j:image

インストールした場所を選択して作成します。
f:id:okahiro_p:20120318140142j:image

以上で終了です。
プロジェクトを追加して、Eclipseから起動/停止ができることが確認できるかと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okahiro_p/20120321/1332314800