okatakeの日記

2018-06-19

大阪北部で強い揺れ。枚方、なんて地名が出てきてびっくりする。枚方在住時代、地震で驚いた記憶がない。ニュースなど見ていて、いちにち、怠けてしまう。

長谷川利行展」以降、洲之内徹を読むなど、「絵」に対する指向が高まっている。「絵」のことしか、考えたくない。

昨日さぼった分、午前に二本原稿を上げる。サン毎は宝田明インタビュー、時事通信柳瀬尚紀『ことばと遊び、言葉を学ぶ』書評。集中して、短時間で仕上げる。昼飯食べたあと、国分寺市内にあると知った「児島画廊」へ。http://www.gallery-kojima.jp/画家児島善三郎のアトリエ跡地に建った画廊は、児島の作品を蒐集管理。外壁はトタン板という奇抜な建物は、藤森照信による。市内在住ではあるが、足を踏み入れたことがない、高台の住宅地へ、最後、急坂をえっちらおっちらと自転車を持ち上げてアクセス。展示準備中とあって、中は見られなかったが、外観を見ただけで満足。いつか、中も見学したい。また来ればいい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okatake/20180619