Hatena::ブログ(Diary)

酒と漫画と歴史と腐女子

   ※少々腐女子よりな内容が含まれている可能性があります。
    苦手な方はご注意ください。

2009-02-21

ヤオイは趣味か性的嗜好か?

このエントリ(参照:何故私は腐女子になったのか。 - 酒と漫画と歴史と腐女子)書いてて、いろいろちょっと扱いに迷ったので、これだけ取り上げて考えてみようかと。とりあえず、まずは性的嗜好の定義を確認してみる。

性的嗜好 - Wikipedia

人間の性的行動において、対象や目的について、その人固有の特徴のある方向性や様式を意味する。すなわち、対象や行動目標において特定の好みや拘りが存在する場合、何らかの性的嗜好を持つと表現できる。

うーん、多くの腐女子の場合、「男性同士のポルノ」だけが性的行動の対象や行動目標ではないわけで、ただ「自分とは違う性同士のポルノだけども性的に興奮する」ことが可能、という状態にあるわけで、この定義にどこまであてはまるのか、ちょっと分からなくなってきました。ただまあ、多くの場合、腐女子はBLやヤオイを見て性的に興奮はしている思うので、性的嗜好に近いんじゃないかな、という気が。何故それが異性ではなく「男性同士」であるのか、という点については以前考えたのでこちら参照(ヤオイの性的表現が持つ可能性 - 酒と漫画と歴史と腐女子)。男女間の身体的な特徴の違いも大きいでしょうし、男性と女性の性に対する意識の差も大きいとは思う。

……ところで、「性的に興奮」ってどこまでが性的な興奮なんでしょうか。「ドキっとする」「キュンとする」などの相手に恋愛的な魅力を感じていることも広義だと「性的に興奮」と含んじゃっていいんでしょうか。いずれにせよ、性行為を主題とする作品を性的な興奮を得るために楽しむって言うのは道理なので、やはりBLやヤオイは趣味としてしまうより、一種の性的嗜好と言った方が良さそうですね。

個人的には、性的な興奮を得ることだけがBLやヤオイの楽しみ方だと言われるとちょっと違うなあ、性的な興奮抜きで楽しんでる作品もあるしなあ、という面もあるので、「趣味」という側面が強いつもりだったのです。ヤオイフィクションとして、人物と人物の間の「関係性」を妄想して楽しむことが重要で、性的な興奮を楽しむことはおまけだという認識があったので。ただ作品によって妄想する「関係性」が異なるので、性的な興奮を持つかどうかにも、かなり程度差があります。これはある種のエロゲを性的な目的だけで楽しんでいるプレイヤーが少なからずいるであろうことを考えると分かりやすいかと思います。

でも、一般的に、やはりエロゲは「性行為を含むゲーム」であり、いくらプレイヤーが「性的興奮なんか抱いてないよー」と言っても、そんなをゲーム楽しんでいる事自体が性的行動と見なされる可能性は高いのでしょうね。……とすると、ヤオイも性行為を含む作品がかなり多いことを考えると、一般的には性的行動としてみなされてしまうのも仕方無いでしょうし、腐女子としてもそのつもりで行動した方が趣味だから問題無いと思うより、批判を受けず無難に楽しめるのではないのかな、と思います。

よくよく考えれば、性的興奮のためにポルノを楽しむことと、物語そのものを楽しむことは別ベクトルの楽しみであって、片方にだけ優れた作品もあれば、その二つの楽しみを両方兼ね備えた作品も当然あるわけです。女性向けのポルノとしてのヤオイと、女性向けの物語としてヤオイ、軸が異なるものを、どうも現在、「ヤオイ」とか「BL」とか一括りにされているような印象はあります。男性向けだと18禁などの性的表現の基準が割とはっきりしているのですが、女性向けにはそれが無いっていうのが現在の混乱を招いている気はします。

……ここまで書いて、ここ数年のマスコミにおける腐女子の取り上げ方に個人的にすごい違和感と羞恥を覚えたわけは、やはり腐女子=性的嗜好だという認識もあったからのように思いました。文科系女子なんかの「趣味」レベルのレッテル張りと同じ文脈で「腐女子」という女性の存在がカテゴリーとして語られているけども、腐女子には「男性同士のポルノを楽しむ」という性的な嗜好を含む一面もある。そこを衆目に晒されたのは正直、真面目な雑誌で「現在、男性にロリコンが増えている!」とロリコンを紹介して取り上げたのと同じことではないか? という恥ずかしさがあった。

別の話題なので直接リンクを張りませんが、最近見た記事で、なるほどと思う文章が合ったので引用させてもらいます。

セクハラという言葉に人がことさら敏感になるのは、性的意識や感受性が人のアイデンティティ自尊心に深く根付いているものだからです。

あちこちでセクハラの解釈がぐしゃぐしゃになっていて - Ohnoblog 2
ttp://d.hatena.ne.jp/ohnosakiko/20090218/1234934521

あああ、なるほど。自分が腐女子であることに、ただの趣味を越えたアイデンティティ的なものを感じるのは、性的意識も含んでいるからと考えた方が分かりやすい。

あと、この文章を読んで思ったのは、実在の人物だけでなく、他人の作品の登場人物などを同性愛者として扱って性行為させるとかって、……これ、もし万が一、ご本人や作者から訴えられたら、セクハラとして成立しそうですよね。やはり腐女子、とくに二次創作のたしなみは大っぴらに行うものではないよなあ、と。前から言われてますが基本的には見て見ぬふりで成り立ってきた世界ですからね……。

とは言いつつ、腐女子の関係性に萌える嗜好が産む発想の豊かさには正直異常なクオリティを感じるので(私なんかまだまだ未熟です)、そういう点を物語や創作の面より評価されるようになって欲しい、とも思ってます。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証