Hatena::ブログ(Diary)

おけパパ家族の活動日記

2018-08-09 おけパパの夏休み2018(旅行編)

 おけパパの夏休み2018(旅行編) 2日目 能登半島先端へ

| 16:28

f:id:oketani0318:20180810111546j:image

2日目は能登半島の先端を目指します。

写真は、本日宿泊する能登半島先端に

ポツンの一軒のよしが浦温泉「ランプの宿」

です。

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809074007j:image

ホテル「美湾荘」での朝食です。

海の幸の多いヘルシーな美味しいものでした。

 

 

 

f:id:oketani0318:20180809100257j:image

今日は先ず輪島を目指しました。

ホテル「美湾荘」から車で45分。

輪島市内の朝市へと行きました。

しかし、今年は異常気象だそうで、午前11時

輪島で気温がすでに32℃です。

太陽がギラギラで、朝市を1時間ほど見て回った

だけでくたくたになりました。

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809115245j:image

輪島の街中を走っている無料のカートです。

これに乗って、「輪島工房長屋」へと

移動です。

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809120933j:image

工房長屋で、体験工房に入ってみました。

 

 

 

f:id:oketani0318:20180809122622j:image

ここで、お箸に沈金を施す体験に挑戦です。

おけママは必死にお箸に絵柄を彫ります。

 

おけパパは、老眼がひどく、苦戦したのですが、

お店の人が強い老眼鏡を持ってきてくださった

ため、何とか彫ることができました。

 

 

f:id:oketani0318:20180809133625j:image

漆塗りのお箸に彫った絵柄に、金粉を埋めて

いく作業です。

これは、沈金(沈金)と言う手法です。

 

沈金の他には、漆塗りのお箸に、漆絵具で

絵柄を塗っていく蒔絵(まきえ)という手法

もあるそうです。

 

 

 

f:id:oketani0318:20180809134221j:image

おけパパの作品です。

梅の木に止まるうぐいすを描いています。

プロ顔負けだそうです。

  

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809142645j:image

輪島から能登半島北海岸を東に進むと、

白米千枚田という場所があります。

みごとな段々畑です。

 

 

 

f:id:oketani0318:20180809152021j:image

さらに東に向かうと、NHK連ドラ「まれ」

でロケ地となった揚げ浜塩田があります。

道の駅にもなっています。

 

 

 

f:id:oketani0318:20180809151655j:image

「まれ」の勇作じいさんの塩田となっていた

撮影場所です。

この日も日本酒八海山の宣伝ロケが行われて

いました。

しかし、なんで能登八海山なの?

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809161656j:image

ということで、今夜の宿泊地となる

能登半島の先端、珠洲岬聖域の岬」に

やってきました。

ベランダのように突き出た展望台からの眺望は

大したものです。

ここは、パワースポットにもなっています。

 

 

 

f:id:oketani0318:20180809162551j:image

パワースポットのひとつ、青の洞窟を

探検します。

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809162635j:image

洞窟の入り口です。

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809162902j:image

これが青の洞窟の内部です。

これがパワースポット???

まあ、美しいですが・・・

  

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809161618j:image

珠洲岬の先端の更に先端の岩だらけの海岸に

今夜泊まる、よしが浦温泉「ランプの宿」が

あります。

  

  

 

f:id:oketani0318:20180809164139j:image

これが「ランプの宿」のロビーです。

宿での休息を楽しむため、午後4時前に

チェックインです。

レトロな感じで、旅情を掻き立てられます。

大人のための宿です。

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809165833j:image

「ランプの宿」は全14室しかありません。

今日は少しばかり贅沢をして、その中の4室

しかない露天風呂付き特別室「波の離宮」に

入りました。

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809165037j:image

「浜の離宮」は、一戸建てになっており、

1階には12畳の部屋の他、露天風呂

ベランダデッキがあります。

 

 

 

f:id:oketani0318:20180810104314j:image

部屋の中にはレトロな雰囲気の階段があります。

 

 

f:id:oketani0318:20180809165115j:image

そして、2階が8畳の寝室となっています。

「ランプの宿」は、大人が休暇を過ごすための

宿であるため、テレビは一切ありません。

アクティティもありません。

子ども連れでは来れない宿ですね。

静かな宿です。

  

 

 

 

f:id:oketani0318:20180809165140j:image

2階から見た「ランプの宿」の玄関方向です。

 

 

 

f:id:oketani0318:20180809165641j:image

これは部屋のベランダデッキです。

荒々しい日本海が目の前まで迫っています。

波が荒い日は、波しぶきが飛んでくるので

しょうか。

 

 

 

f:id:oketani0318:20180809165649j:image

「波の離宮」部屋のプライベートプールです。

これは、宿のプールともつながっています。

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809165945j:image

ということで、先ずは宿のプールサイドで

ゆっくりしてみました。

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809171436j:image

海とプールが一体化しています。

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809170557j:image

プールサイドはバーになっています。

でも、14室のみの宿なので、静かで

騒々しさは全くありません。

  

 

 

 

f:id:oketani0318:20180809172244j:image

部屋のベランダデッキで少し海風にあたります。

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809172035j:image

昼寝してしまいそうなくらい心地の良い

時間が流れていきます。

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809174537j:image

午後6時まえになって、宿の大浴場に行く

ことにしました。

「波の離宮」は、本館の離れとなっているので、

本館の大浴場に行くには、玄関から入って

いくことになります。

ここで記念撮影です。

  

 

 

 

f:id:oketani0318:20180809175823j:image

大浴場の露天風呂です。

大きくはありませんが、ロケーションは最高です。

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809175156j:image

入浴客はおけパパのみです。

このまま1時間、誰も入ってきませんでした。

 

実は、この「ランプの宿」は女性に人気の

静かな宿だということです。

本日、男性はおけパパを含めて3名のみの

宿泊だということです。

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809183241j:image

本館の大浴場から戻ったおけパパは、

部屋のベランダデッキで夜風にあたり

体を冷やしました。

心地よく夕食までの時間を過ごします。

 

 

 

f:id:oketani0318:20180809183446j:image

これは「波の離宮」の部屋の前の廊下です。

夕食会場へと向かうことにしました。

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809184004j:image

夕食は海の幸の特別会席料理です。

先ずは前菜です。

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809190503j:image

腕の吸い物が出た後、やってきました〜っ!

刺身の舟盛りです。

今朝、近海で捕れた海の幸が盛られています。

メインはのどぐろの刺身です。

そのほかにも、あわび、うに、帆立、まぐろ、

あじ、いしだい、鰹などが盛られています。

  

  

 

f:id:oketani0318:20180809191017j:image

これだけの刺身には、能登地酒が合います

ねえ。

このあと、のどぐろ焼き物が出てきました。

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809195958j:image

酢の物は、今が旬の鱧の湯引きを酢のゼリー

とともにいただくものでした。

 

 

f:id:oketani0318:20180809200811j:image

蒸し物は能登豚の角煮です。

  

 

f:id:oketani0318:20180809202209j:image

さざえ飯の後、デザートとなり、贅沢な

晩餐も終焉です。

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809202802j:image

部屋に戻るときには真っ暗になっていました。

   

   

 

f:id:oketani0318:20180809204619j:image

部屋に入る前に、宿の全景を撮ってみました。

  

  

f:id:oketani0318:20180809204338j:image

プールのブルー光が何とも言えませんね。

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809204946j:image

宿の玄関です。

  

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809203601j:image

部屋に戻ると、おけママは海からの夜風に

体を預け、酔いを醒ましていました。

   

  

 

f:id:oketani0318:20180809211011j:image

おけパパは部屋の露天風呂に入りました。

  

 

 

f:id:oketani0318:20180809213230j:image

ベランダデッキから見るとこんな感じです。

 

ということで、夜は更けていったのでした。

 

 

⇒3日目に続く。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

 


 

 

  

 



 

 



  

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/oketani0318/20180809/1534058936