言いたい放題 このページをアンテナに追加


言いたい放題〜I say what I wanna say〜

okeydokeyが日々思ったことを書くという、ただそれだけのサイトです。

Sat, Jun 18, 2005 100円でも離れた客は取り戻せなかった?

[]会社の買い物でポイント

question:1118984646

今日、ヨドバシカメラでパソコンソフトを買いました。かなり高いソフトだったので、万単位のポイントが貯まりました。支払いは会社のお金ですが、ポイントカードは私名義。このポイントを私が使うことは法律的に問題ないですか? 例えば会社の金で100万円のお買い物なら10数万のポイントがつくわけです。ポイントで商品買って転売すれば、お金にもなるわけで(^^; そんな買い物をすることは多分一生ないんですがちょっと気になりました。よろしくお願いします。

第三十八章 横領の罪

(横領)

第二百五十二条  自己の占有する他人の物を横領した者は、五年以下の懲役に処する。

2  自己の物であっても、公務所から保管を命ぜられた場合において、これを横領した者も、前項と同様とする。

(業務上横領)

第二百五十三条  業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、十年以下の懲役に処する。

ポイントカード上のポイントは「自己の占有する他人の物」か?

そもそも「物」か?としても「他人の」か?

ポイント還元は代金支払い者が受けるべき利益か、カード所持者が受ける利益か。

ポイント会員規約によるでしょうが、)実質的な割引制度と考えれば前者なのでしょうか?

ポイントは代金支払い者が受けるべき利益だとしても、会社がそれをどう考えているか。

会社用のカードがあれば、ポイント還元利益は会社のもので、それを使うべきでしょう。

そうでなければ、ポイント還元利益を「放棄」しているか、「給付」しているか。

ただ、それをその人に給付しているとすれば、財務(税務?)上どう処理すべきかややこしくなります。

ちなみに対ポイント発行会社では、ポイント会員規約にもよるでしょうが、

誰が受けとってもいいのでは?と思います。

会社との関係では会社がいいといっているので、対会社の犯罪は成立しないと思いますが、

社長がそのポイント還元を質問者にあげたことが背任?とか考え出したらきりがありません。

これは会社がポイントについてまできっちり処理すべきと考えるかどうかなのでしょうが…。

[]「○○しないと、自殺する」と脅すのは犯罪

question:1118995593

○○しないと自殺する、とメッセージを送ってくるのは脅迫罪になりますか? 法律や実際の判例をふまえて教えて頂けるとありがたいです。

第三十二章 脅迫の罪

(脅迫)

第二百二十二条  生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。

2  親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)

第二百二十三条  生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。

2  親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。

3  前二項の罪の未遂は、罰する。

どっちかというと強要罪でしょうが、いずれにせよ告知された害悪が「告知者の自殺」である限りは、

これらの罪が成立するというのは困難でしょう。

被告知者の「生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知」でなければいけません。

告知者が自殺することを告知することが、被告知者のこれらに対する告知であるといえればいいのでしょうが…。

また、もしかしたらそれ以外の犯罪の成否の可能性はあるかもしれませんが、ここでは検討していません。

時間があれば、いろいろ考えてみたいところです。

110して、これって犯罪?って聞いてもいいんでしょうが。

「○○しないと」を放っておくと自殺するわけですから、警察に自殺するといっている人がいます、と、

保護するように求めてあげる?のも手かもしれません。通報した側も面倒かと思いますが。

個人的には勝手自殺すればとは思いますが、さすがに本人は気分が悪いでしょうし。

ちなみに、実際放置して自殺しても、

自殺するのを阻止するべき義務がある場合には議論の余地があるのかもしれませんが、

そうでない限り罪に問われることはないと思います。

[][]人からもらったメールなどを公開すると何か問題になりますか?

question:1118995710

人からもらったメールなどを公開すると何か問題になりますか? 著作権に引っかかるような気もしますので、回避できる方法があれば教えて下さい。

まず、プライバシー権との関係が問題になります。

ただ、これは内容や相手方との関係によるでしょう。

プライバシーとしいての要保護性があるかどうか、プライバシーへの期待が問題になります。

例えば脅迫文というのと、恋人間での恋文では、その秘匿への期待(私事性)は異なると思います。

どういうメールかによるでしょう。

企業からの案内メールだとプライバシーはないということができそうです。

一方で友人からのメールだと、プライバシーが問題になりそうです。

一概にはいえませんが、メール公表が必ずしもプライバシー侵害にはなりません。


さて、プライバシーが問題にならないとしても、

そのまま公表すると、公表権侵害や複製権・公衆送信権侵害が問題になりえます。

http://d.hatena.ne.jp/okeydokey/20050414/1113445853参照。

前提として、手紙が「著作物」でなければなりません。

そしてその場合でも、引用などにあたれば複製権や公衆送信権侵害にはなりません。

しかし、(MLなどの多数に送られたものを除いては)公表権侵害にはなりえます。

私見としては表現の自由との関係で公表が許される場合があってもいいとは思いますが、

あくまで私見です。

ただ、メールの内容にもよりますが、要点だけだせば大丈夫な場合があるかと思います。

メールといってもその内容は様々なので、一概にはやはりなんともいえません。

結局のところ場合による、ということになってしまいます。

仮に適法でも相手が訴えると面倒です。残念ながら、これは現状仕方ありません。


CGI