おけぐわの日記

2ch系さいたまフラッシュサイト「おけぐわの微笑」管理人の OKGWA の日記です。かつては毎日更新を心がけていましたが、今は不定期更新です。

特集|無断リンク論日本語インクリメンタル検索 migemoデジカメマリみてと萌え

[2008-06-08]

「ご冥福をお祈りします」について  「ご冥福をお祈りします」についてを含むブックマーク

ところで「ご冥福をお祈りします」は失礼だという言説がありますが、

この記事のコメント欄で指摘されているとおり、ちょっとこじつけが過ぎるように思います(元ネタの文章を書かれている河久保同行氏がどういう方か存じ上げないので、その点については何とも言えませんが)。

少なくとも辞書的には「死後の幸福」という意味ですし、背景としても、

冥福を祈るとは、冥土での幸福を祈るという意味ではないです。
冥土とは死者が亡くなってから49日間さまよう場所で、生前の行いを裁かれ、次の世界を決める場所であるというのが「仏教」の教えです。
そこでの幸福を祈るというのは、失礼というよりも、意味が解りませんよね。
冥福を祈るとは、冥土での旅を無事に終え、良い世界に行けるようにと親族が祈ることです。
つまり、記事の浄土真宗で言う「哀悼の意を表す」と同じ意味なのです。

極東ブログ: 「冥福」は祈らない

という解釈の方が自然に思われます。

もちろん、浄土真宗では云々という主張は拝聴に値しますが、それを言い出したらキリスト教では云々、神道では云々という話になってきりがないように思います。それよりも字面のみでの解釈を持ち出して間違いと主張することのほうが問題のように思われます。

蛇足ですが、一応。

anonymousanonymous 2008/06/09 11:42 じゃあなんていえばいいの?
それかいとかなきゃだめじゃん^^;

okgwaokgwa 2008/06/09 12:57 >anonymous さん 私の主張が分かりにくかったようで申し訳ないですが、「ご冥福をお祈りします」で全然構わないのではないでしょうか。

ayay 2008/06/09 20:57 気持ちを表現したい時に丁度良い言葉があったという事だよね
>つまり、「私は礼儀正しい人間だ」という表明なのだ(リンク先より)
でくくってしまうのはちょっとおかしいとは思う
が、河久保という人が生きてきた中での人生観というものがあるんだろうな
2003年の記事だったのでこっちでレス失礼します

fizfiz 2008/06/10 09:49 アルファルファで前日にこの表現は違和感あると書いた者だけど、この言葉は日本での宗教ちゃんぽん具合の気持ち悪さがあるんだよなぁ
字面だけ言及すると、冥福という言葉は正確には仏教用語でもないし(中陰の概念はある)、なら全宗教で使えない言葉じゃないか。という疑問。
自分の気持ち悪さをまとめると、そんな元がよく解からない言葉紋切り型で使うって故人に哀悼の意は伝わるのかなぁ?ということ
正確さを求めるわけではないし、概念が同じならいいじゃないかともおもうが「こんにちわ」と同じような気持ち悪さをこの言葉には自分は感じる。
まぁこんな人間もいる。

nyanya 2008/06/10 14:27 何か仏式葬儀の「仏教と清め塩は関係ないから云々」思い出すな
意味通じるならいいんじゃね?みたいな

もょもともょもと 2008/06/10 22:00 >fiz
日本の宗教チャンポンは宗教以前に文化だと思う。
それを「曖昧で気持ち悪い」と切り捨てるのは勝手だが。

okgwaokgwa 2008/06/11 00:40 きっと fiz さんは、飲み屋で精算してもらうときに「お愛想」と言ったりするのも同様に気になる方なのでしょう。実は私もそういう人で、同時にこういう性格を「難儀なことだ」と思っています。
発言した人に仮に多少の不見識があったとしても、それをもって直ちに「思いやりのない人間だ」と見なしてしまうようなことをするのはあまりに人生損しすぎるような気がします。もちろん間違いにも程度がありますが、「ご冥福をお祈りします」にそこまで言うほどの問題があるようには思えません。
とはいえ、大変デリケートな問題ではあります。特に死生観は宗教に大きく関わることですし。でも、概ね宗教に関係なく使えるであろう「哀悼の意を表します」という表現でさえ、「『意を表す』とか、おまえは政治家か! 心がこもってない」──と思われる危険だってあるわけで、さて何と言うのが適切なのでしょう。
実はこんな例を出すまでもなく「哀悼の意」なるものが伝わるか否かは多くの場合で用いる言葉よりも文脈に大きく依存することのはずなのですが、そのあたりの意を汲まれずにリテラルに解釈されて失礼な奴だと思われてしまうようなことがあるとすると、もはや「黒足袋白足袋」とでも言うほかなくなりますねえ。

山下山下 2008/06/11 21:49 たとえば「冥福ってなんだ?」とか「死ぬことってなあどうなることなのかな?」ということへの回答があって、つまりそれなりの死生観をもったうえで「ある死」を悼むのかどうかは、その「ある死」に感じる実感の質に対応するというだけのことじゃないですかね。
ほかならぬ「自ら」に迫る問題と思うならば自らの死生観に準じて、そうでもないなら定型ででも、それなりに応じればよいのでは。

pprppr 2008/12/13 18:22 ご冥福をお祈りします
っていう言葉に頼っている人間が多いのは事実ですよね。
自分の気持ちを言葉で表現することを拒否しているとも言える。
縁の無い人間相手に使うのだから気持ちも何も無いんですけどね。
どの定型文を使うのが正しいのかではなく、真に正しいのは自分の言葉で自分の気持ちを表現することではないでしょうか。

ハヤシハヤシ 2009/08/10 22:07 馬鹿馬鹿しくて話にならない。死んだ人間に生者の哀悼の言葉を批評する資格なぞないのだ。悔しけりゃ死ぬな。

rrrr 2010/11/02 23:33            /⌒  ⌒\
     /⌒ //・\ /⌒  ⌒\
    //・/::::::⌒(//・\ /・\\
  /::::::⌒ |    /::::::⌒(__人/⌒  ⌒\
  |     \  |     ト//・\ /・\\
  \    /  \   /::::::⌒/⌒  ⌒\
   /    |   /   |   //・\. /・\\
   |     |    |     \/::::::⌒(__人__)⌒:::::\
                   |       トェェェイ     |
                 \    `ー'´    /
                  /⌒   ̄──  ̄\
                //         ノ> >
 
  ─┐||┌─┐ l ─  ‐┼‐   ‐┼‐ヽ l  ノ │ .|  |   ‐┼‐ ‐┼‐
        日  フ 口  メ   __|__  フ |┬   |  |   ‐┼‐  d
  (__   .六  ↑ .田  (___  (丿 ) ↑.ノ│  ノ  ヽ__ノ (丿\ ノ