おきむね正明の医療と政治に思うこと。 RSSフィード

にほんブログ村 健康ブログへ 広島ブログ にほんブログ村 政治ブログへ

2016-05-28 オバマの演説は心を揺り動かしたか?

 いい顔、ふやそう。沖宗 正明です。

 昨日、オバマ大統領の広島訪問が実現しました。わたくしは17時半からの会合の前にテレビを見ていました。時間の関係で、大統領がリムジン広島西飛行場を出発するまでしか見られませんでしたが、緊張感がひしひしと伝わってきました。


 オバマ大統領の演説は、心を揺り動かしたでしょうか?

確かに美辞麗句が散りばめられていましたが、具体的な内容がなく、わたくしの心は揺り動かされることはありませんでした。予想の範囲内の内容でした。


 オバマ大統領は、プラハ理念的な演説だけでノーベル平和賞を受賞しました。しかし、その後、受章に値するような業績を挙げたかは疑問です。核兵器の数は減らしていますが、臨界核実験を続けています。


 マーティン・ルーサー・キングマザー・テレサ、ダライ・ラマのような方が平和賞を受章するのは納得できますが、過去にはテロリストが受章したこともあります。ヘンリー・キッシンジャーは国際平和に貢献したというより、米国の国益を追求したにすぎません。アウンサン・スー・チーの最近の活動を見ると、平和賞受賞者のそれではないでしょう。我が国の佐藤栄作核密約を隠していながら、非核三原則や沖縄返還で受賞しました。

 ノーベル平和賞の意義に疑問を感じています。


 とはいえ、今回のオバマ大統領の広島訪問は歴史の残る出来事であったことは間違いないでしょう。

2016-05-27 オバマ大統領の広島訪問が2時間後に迫りました。

 いい顔、ふやそう。沖宗正明です。

 一気に暑さが迫ってきました。日向の路上では30度を越えています。

 

 先ほど広島県宅地建物取引業協会と全国宅地建物取引業保証協会広島本部の定時総会に広島市議会を代表して出席しました。

 両協会ともに、不動産取引の円滑化や取引の安全確保などに尽力いただいています。景気が回復して、不動産取引が活発になることが期待されます。

 

f:id:okimune:20160528013606j:image

f:id:okimune:20160528013743j:image


 移動の車中から平和公園の様子が見えました。これまで経験したことがないほどの厳重な警戒態勢でした。私服警官と思える人も多数おり、すごい緊張感でした。

 この稿は15時過ぎに書いていますが、あと2時間後に迫ったオバマ大統領の広島訪問でどのような思いが発せられるのか注目しています。


午後5時半からは広島市指定上下水道工事協同組合の総会に市議会を代表して出席します。

2016-05-25 次の東京都知事選は蓮舫VS石原伸晃?

 いい顔、ふやそう。沖宗 正明です。

 舛添東京都知事が政治資金問題や公用車の使い方などでサンドバッグ状態です。20日の会見でも全く釈明がなされず、むしろ「火に油を注いだ」結果でした。これでは、都民を始めとした国民の理解は得られないでしょう。自らが選んだ「公正な第三者」の報告も意味をなさないでしょう。


 昨日、政界に通じた東京の友人に聞いたところ、すでに舛添都知事の辞任は避けられないとのことです。猪瀬前都知事の徳洲会からの5000万円献金問題のときよりも、マスコミの数ははるかに多くなっており、事態の重大さがうかがえます。都議会の自民党と公明党も、もはや「さじを投げた」ようです。もともと自民党は先の都知事選で舛添氏を支援することに消極的だったことも背景にあるようです。


 そこで、舛添都知事辞任後の都知事選はどうなるか?

 彼の分析では、自民党は総理の目がない石原伸晃、民進党は女性の人気が抜群の蓮舫が出馬するだろうとのことです。蓮舫は6年前の参議院東京選挙区で170万票を取っています。石原伸晃は自民・公明の支援に加えて、父の石原慎太郎が最後の力を振り絞ればと期待されます。どちらにしても、予断を許さない戦いになるでしょう。ただし、選挙の時期は舛添辞任がいつになるかによって変わるとのことです。

 衆参同日に加えて都知事選となれば東京の夏は騒々しく、ヒートアップすることでしょう。

2016-05-11 大阪のサッカースタジアム、防災センター、神戸港などを視察

 いい顔、ふやそう。沖宗正明です。

 長いゴールウィークが明けて、まだもとのペースに戻れない方も多いと思います。


 5月9日に大阪市の「あべの防災センター」と「海遊館」を、10日は神戸市サッカー場「ノエビアスタジアム神戸」と「神戸港」を視察しました。所属会派である市政改革ネットワーク9名全員が参加しました。


 「あべの防災センター」では、消火器を使った消火訓練や骨折や外傷に対する応急処置などを学びました。改めて阪神淡路大震災の被害の大きさを思い知らされました。


 ノエビアスタジアム神戸は、公園の跡地に建設されました。市の中央部から少し離れているため、新たに地下鉄と道路を整備しています。2万人収容天然芝のスタジアムです。


 わたくしにとって特に印象に残ったのは神戸港です。神戸港は予想以上に巨大で機能的でした。貨物の取扱量は東京港に次ぎ、ほぼ横浜港と同程度です。阪神淡路大震災のときには東京横浜をはじめとして日本の大きな港湾に貨物を振り分けたそうです。もし、首都圏巨大地震が起きたら、東京港横浜港の貨物を他の港湾に振り分けることは不可能とのことでした。

f:id:okimune:20160509105008j:image

 消火器を使う藤田議員。

f:id:okimune:20160509105011j:image

 みごと消火成功。

f:id:okimune:20160509110425j:image

 公衆電話からの119番通報の方法を学ぶ。

f:id:okimune:20160509110815j:image

 大震災の後を再現

f:id:okimune:20160509111951j:image

 同上。

f:id:okimune:20160509115953j:image

 あべのハルカスの上層界は煙っていました。

f:id:okimune:20160510101032j:image

 左側の3階構造の屋根の上2回が中央までスライドしてドームスタジアムとなります(右側も同様)。

f:id:okimune:20160510101218j:image

 イングランドベッカムが2002年のワールドカップ準決勝のブラジル戦を密かに観戦したシートが保存されていました。

f:id:okimune:20160510111612j:image

120メートルの巨大クレーン。

f:id:okimune:20160510112421j:image

f:id:okimune:20160510114342j:image

 右の白いビルとその手前には約12000台の中古車が置かれています。毎週オークションが開かれるとか。

f:id:okimune:20160510115213j:image

 ガイドしてくださった森田さん。森田さんは数少ない「みなとづくりマイスター」です。その知識の豊富さと数字の強さには脱帽です。

2016-05-07 客を放っておいても将棋をする散髪屋の親父

 いい顔、ふやそう。沖宗 正明です。 

 ゴールデンウィークもあと二日となりました。長すぎる休みを苦痛と感じることがあるのは仕事中毒の症状でしょうか?ゴールデンウィーク中は、日付と曜日がわからなくなりました。いずれにしてもメリハリの利いた生活をすべきことには間違いありません。


 先日、墓参をしていると、後ろから「あんた沖宗君?」という声が聞こえました。「そうです」と答えると、「わたしは散髪屋をしていた○○です」とのこと。わたくしが幼いころに通っていた町内唯一の散髪屋さんの奥さんでした。当時の面影はありませんでしたが、もう90才近くの高齢でしょう。

 聞けば、ご主人はすでに亡くなっていました。ご主人に最初に嫁いだのは彼女の姉でした。その姉が早くに亡くなったため、妹である彼女が後添えとして嫁いだそうです。

 当時の思い出話に、しばらく花が咲きました。わたくしの同級生の近況も聞くことができ、楽しい時間でした。


 この話を父にすると、その散髪屋の親父さんは将棋が好きで、客を放っておいても将棋を指していたそうです。当時の銭湯や散髪屋は社交場でした。将棋で待たされても文句も言わず、散髪が終わっても、しばらく世間話をするような事がありました。落語の「浮世床」の世界です。


 墓参のあと、しばらく町内を歩きましたが、子供の頃には大きく感じた町もほんのちっぽけなものでした。遊び疲れて腰を下ろした大きな岩も当時と同じ場所にありました。銀杏の木も大きいままでした。久しぶりに「Always 3丁目の夕日」を思い出したひと時でした。