ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

無償の悪 〜葛飾区でイラスト兼マンガ業を営む某のブログ〜

2017-11-15 局地的王道食2巻のこと

12月7日に『局地的王道食』2巻(最終巻)が発売になります。

誰にでも必ずある、心に住む特別にだいじな食べ物たち、それを局地的王道食と呼んでいます。

2巻もそんなあれこれが全20話になって詰まっています。


⚫20代くらいまで、私は生まれ育った船橋に、別段、特別な気持ちを持っていませんでした。全然といっていいくらい。

40代も終わりの今、とってもだいじな船橋、に変わっています。いろんな気持ちのこもっている私の場所なのです。こういう気持ちの変化を感じたことのある人、たくさんいるように思います。

描こうどうしてもこれだけは、と思い続けてなかなか立ち向かえなかった、船橋のお海苔のこと、“焼き海苔”として2巻に載ってます。

描きたい対象に突如の衝動がある場合、はやくはやく!という流れになるのですが、船橋のお海苔に対しては長い長い今までの思いがあるので、大切になり過ぎて、すばやく立ち向かえなかったのでした。連載を始めた当初から描くことは決めていたけれど、1巻に載っていなかった理由はそんなふうです。

でも、延ばしてよかった。

当初思い描いていた様子とは、ずいぶん違う仕上がりになったのです、そして、そのほうが、結果、気が済んでいて。 

読み終わったあとに、船橋のお海苔に関心を持っていただけたら、また嬉しいです。


⚫そして、のらぼう菜

のらぼう菜、ご存じですか。

春先、2月後半から4月はじめくらいまでが旬の菜っ葉で、私は数年前に友人からいただいて知りました。珍しい菜っ葉なので、あなたが食べたい!と渇望しても、巡り会えるかわかりません、幸運を祈っております。私なんて好き過ぎて、春といったらのらぼう菜、の身体になってしまったほどです。魔物の菜っ葉。


クルトン

クルトンが好きだって、なかなか気がつけませんでした、きっと皆さんそうかと。それがクルトンならではの素晴らしさであります。

でしたけど。

一度気づくと、胸の中に堂々とクルトンがあるようになり、クルトン無しではいられないほどに。



ケチャップスパゲティ

かたいプリン

はんぺんのチーズはさみ揚げ、

肝油ドロップ、

あわまんじゅう、

などなど、2巻も充実、この中にあなたの局地的王道食が幾つあるでしょうか、ぜひぜひお読みください。



f:id:okitsune:20171115195617j:image

f:id:okitsune:20171115195620j:image

f:id:okitsune:20171115195624j:image

f:id:okitsune:20171115195627j:image

f:id:okitsune:20171115195631j:image