岡村日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-04-01

[] エイプリルフール '2018  エイプリルフール '2018 - 岡村日記 を含むブックマーク  エイプリルフール '2018 - 岡村日記 のブックマークコメント

4月1日。新年度の始まり。


朝起きて10時。『小さな村の物語 イタリア』の再放送が普通に始まっててホッとする。

東芝サザエさんスポンサーを下りて、こっちはどうなるのかと。

CMを見ていたらこれまで東芝一社だったのが大和ハウスも加わった。

リリーフランキー深津絵里のとか。

番組雰囲気を壊すことなく、いい選択となったのではないか。


11時。『Lazy Sunday』を聴こうとしたら、

デイヴさん、太郎さんらが現れて春の番組改編で『Lazy Sunday』は終わった、

今日からは「Hyper Sunday」だと。

Atari Teenage Riot や Rage Against the Machine が爆音で流れて、

実は麻耶さんは結婚どころか重婚していたとか言いたい放題。


あ、そうか、エイプリルフールだからか。

しかしそれが3分ほどで終わらず、2曲目に入って、え、もしかしてと思う。

そうだ、と InterFMサイトを見てみようとしたらサーバがダウンしている。

驚いた皆がアクセスしているのだろう。


10分ほどしてしていつもの番組に戻ってホッとする。

Canned Heat が流れていつもの Lazy な日曜日へ。


ネットが本格化した00年代初めは

いろんなところでエイプリルフールのいたずらをあれこれをやってたけど

混乱した人がいたりで Yahoo ! なんかはイチイチ、

これはエイプリルフールですと前置きしたうえでコンテンツを置くようになった。

それもいつのまにかなくなったのかな。

さっきパッと見てみたらそれらしいものが見当たらなかった。

Google は例によってジョークの入力インタフェースを。

でもこれもマンネリ化してきたな…

Google Mapsウォーリーを探せるみたいだけど。


ネットで気軽にエイプリルフールコンテンツを流せなくなったのは

社会的なインフラとして成熟したということだろう。

そこでは面白さより信頼性が求められる。

誰も電気や水道に面白さは求めない


その点、ラジオというメディアは今も独自のスタンスがあって、

こういうエイプリルフールが許されるのがとてもいい。

聞こえるのは声と音楽だけ、嘘をついてもすぐその場でばらせて影響も小さい。

広がるとしても twitter ぐらいのもので。

ラジオにはいつまでもこのままであってほしい。

2018-03-07

[] R-1ぐらんぷり '2018  R-1ぐらんぷり '2018 - 岡村日記 を含むブックマーク  R-1ぐらんぷり '2018 - 岡村日記 のブックマークコメント

昨日、有休を取って温泉へ。夕方帰ってくる。

夜、なんとはなしにテレビをつけたら、R-1ぐらんぷりをやっていた。

20時から見たのでBブロックの結果発表のところ。

ゆりやんレトリィバァがファイナルステージに進んだ。

あ、もしかして「THE W」と二冠か。

Cブロック、生まれつき全盲に近い、右目で明るさがわかるだけの濱田祐太郎がファイナルへ。

個人的にはマツモトクラブの方が断然面白かったけど。


ファイナルステージハゲネタおぐが一番面白かったと思う。地力を感じさせた。

ゆりやんレトリィバァは「THE W」勝者の驕りがどこかにあったかな。

宮迫も終わった後でワールドがわからないところに行っていた、と感想を語っていた。

結果として、濱田祐太郎が優勝。


確かに面白かった。漫談の原点に立ち返る姿は清々しかった。

自分他人客観的に捉えて、ツッコミを入れて笑いを取る。

でも、どうなのか。

視聴者票はCブロックでもファイナルでも一位。

これって同情票なのか、それとも笑いそのものに対するものなのか。

なんというか、こう、自分良心濱田祐太郎に託してないか。


怖いのは、視覚障碍者としての自分や仲間を笑いのネタにするということ。

それは健常者に対して、なるほど、そういう世界があるのかと知らしめる効果はあると思う。

しかし、R-1で優勝と持ち上げられて、その後すぐ飽きられてしまうということにならないか。

明日以後似たようなネタをやったときに、

健常者は二回も三回も見たいと思うだろうか。

痛々しい、もういいよとならないか。


そのことを妻に話すと、

笑いにできるネタを持っているということはそもそもいいことであって

あとはこれからどうそれを転化させるかではないかと。

そうだよな。それは弱視だからどうこうというのは関係ない。

ただ繰り返すだけならばどんなネタでも飽きられる。テレビならなおさら。

これから先、どう料理できるのか。

それとは別に、新しいネタ料理できるようでもあってほしい。

弱視ネタではなく、全く別のネタを語って面白いのかどうか。


結局のところ、THE MANZAIウーマンラッシュアワー村本のネタと同じ。

世の中に対して注意喚起を行うが、面白いかどうかは別の話。

その注意喚起そのものを面白いと思うかどうか。


濱田祐太郎という芸人に対して否定的なことを思いたくはない。

ただ単に、弱視ネタ以外がつまらなかったらその瞬間世の中はサーッと引いてしまうのではないか。

それは余りにも残酷ではないか、ということ。

2018-01-28

[] サザエさんというもの  サザエさんというもの - 岡村日記 を含むブックマーク  サザエさんというもの - 岡村日記 のブックマークコメント

日曜の夜、日も暮れてサザエさんを見る。

笑点から缶ビールを飲み始めて、世界遺産の頃には缶チューハイへ。

サザエさんでビールに戻るか、チューハイを続けるか。


何とはなしに惰性で見ている。

小さい頃から見ていたから、というただそれだけ。

正直、ひとつひとつの話を面白いとは思っていない。

わかめちゃんやたらちゃんがいちいちうっとうしいなあとツッコミながら見ている。

大人になって、というかおっさんになって、

まっすぐ、まっさらな気持ちで見ることができない。


最近はリビングでつけっぱなしにして

キッチンで晩飯や明日の弁当を作っていることが多い。

音が聞こえてサザエさんの賑やかな雰囲気がそこにあるというのが一番いい。

個々の話は、細かい工夫があれこれありつつも

大筋はカツオの0点とか花沢さんのアタックとかパターンが決まっていていつも同じ。

わざわざ見なくても困らない。


東芝が例の不祥事からスポンサーを下りて、高須クリニックが引き継ぐとか、

番組そのものが打ち切るになるとかあれこれ言われてたけど、その後どうなったんだろう。

春の改編で無くなっても、ま、いいかと受け入れそうだ。

個人的には同じく東芝スポンサー

『小さな村の物語 イタリア』さえ終わらなければそれでいい。


そういえば、サザエさんで携帯、スマホの類が出てこないのはなぜか。

時代設定が昭和のままなのだろう。

平屋の一戸建てに縁側があるとかいろんなことがファンタジーだ。

でも一頃、東芝がテレビやラジカセを作っていた頃は

そういった家電だけが妙にリアルに描かれていた。

カタログから引き写したかのように。今はそれもなくなった。


なんか今は、見るときは猫のたまばかり観察している。

東京で飼っていて、外と内を自由に行き来して

日々無事に戻ってきて生きているというこの奇跡。

すごい猫だな、ただものではないな、と感心することしきり。

あの鈴の大きさ、だてではない。


高知というか、四国はアンパンマン列車が走っているとラジオで聞いた。

長谷川町子美術館があるなど、サザエさんは世田谷区に縁が深い。

世田谷線が一度サザエさん列車を走らせたと聞いたことがあるけど、一時期だけ。

地方と東京の差と言えなくもないが、

サザエさんに対するゆるやかな関心の低下のようにも思う。

2018-01-25

[] 大雪その後  大雪その後 - 岡村日記 を含むブックマーク  大雪その後 - 岡村日記 のブックマークコメント

火曜以後快晴が続くも、月曜の雪はなかなか解けず。

今日の最低気温-4℃はニュースによれば48年ぶり、1970年ぶりの気温の低さなのだという。

昨晩の帰り道もなかなか寒かった。


昨日、車を出そうとして妻が、家の前の雪を片付けていなかったから出せないと。

お湯を沸かして解かそうとしてみたり、園芸用の小さなスコップで雪かきしたりと大変だった。

見ると周りの家は皆、既に雪を片付けている。家の前の道路に雪を残しているのはうちぐらいだ。

道路と家の境目のところなど、凍って滑りやすくなっている。

暫定的に必要最小限の雪かきをやるだけでもかなり疲れたというので、

僕が昨晩やればよかったと言うと、そうだよ、慣れてるんだからと妻は言う。


そうか、雪国で育った僕の基準からして月曜の大雪直後は別として、

2・3日経過した今は雪が積もっているうちに入らず、片付けるまでもないと思っていた。

道路の端の方が凍ってるなど当たり前のこと。

でも、東京だとそうも行かないんですね。

家の周りの雪を片付けるのがマナー。


そんなわけで車で買い物に行ったついでに島忠に寄って雪かき用のスコップを買ってきてもらう。

昨晩帰って来て、スーツにコートで革靴のまま、手袋だけして雪かきの続きを行う。

車の出入り口で邪魔になりそうなところや隣の家に接して手付かずのところを片付ける。

解けて固まってを繰り返して、ところどころ重たい固まりとなっている。


それにしても雪かきなんて久しぶりだな。やってて楽しくなる。

青森の家も引っ越してからは集合住宅なので雪かきが不要となった。

駐車場の割り当てところぐらい。それすら融雪の設備が入っている。


年末年始の帰省のときなど母とよく毎朝雪かきしたもんだけど、

人それぞれ片付け方の流儀やペースがあるもんで、結構口論となった。

何を優先するか、どの順番で行うか。

スコップの持ち方、運び方も同じようで少しずつ違う。

もっとこうしたらいいんじゃないか、こっちから先にやればいいんじゃないか。

母にあれこれ言われて、うるさいなあ、

そんなの終わってしまえばどうでもいいじゃないかと。

そんなこともあって母は集合住宅に移ったのかもしれない。


スコップを買って、次からは積もったら俺がすぐ片付けるよ、となったものの

その次が何年後となるか…

4年後のオリンピックイヤーだろうか。

2018-01-23

[] 大雪  大雪 - 岡村日記 を含むブックマーク  大雪 - 岡村日記 のブックマークコメント

昨日は東京も大雪。

一夜開けて今は嘘のような快晴。

思えば昨日の朝も晴れていた。


午前中から雨が降り始めて、昼ぐらいから雪。

どんどん強くなって大粒になって降り注ぐ。

大雪になるとは言われていたけど、さすがにこれはまずいんじゃないか。

鉄道の運行情報を見ると、14時を過ぎて中央線や田園都市線など各線で遅延が。

14時半を過ぎてビルの防災センターから2階の商業施設の出入り口を閉鎖したと。


会社からは、業務に支障をきたさなければ上司の判断で早く帰ってもよいと指示が。

その上司がいないし、いたとしてもお客さんの方でノーと言われたら帰れない。

PJとしてもリリースを延期してあれこれ遅れている状況で、

PMも早く帰りなさいとは言えない。

それが15時を過ぎてさすがにやばいとなってなし崩し的に帰れる人は早退。

僕も15時半頃オフィスを出た。


外は風も強かった。

大江戸線は特に遅れもなく都庁で乗り換えて光が丘まで着くことができた。

とはいえ平日の夕方はいつもガラガラなのが、朝のラッシュのように混んでいた。

LIVIN が営業している。ほとんど客はいなかった。

こういうときに帰れないのだから、接客業は大変だ。

駅の外に出る。一面雪景色。木々がもっさりと雪をかぶっている。

吹雪となって青森を歩いているかのよう。

光が丘に引っ越してからここまでの雪は初めてか。


折り畳みの傘しかもっていなかったのでコートも鞄も革靴も雪まみれになった。

家の近くまで来ると車の通りのない道路は踝の上まで積もっていて、

雪かきをしていなかったので家は車を停めておくところも庭先も

まるで山奥のように雪が深くなっていた。

しかもタイルがツルツルと滑る。


妻に風呂を沸かしてもらい、一息つく。

缶ビールを飲みながら音楽を聴いて過ごす。

早く帰ることができて、ストーブの前でうたた寝など。

夜は熱燗を。雪はしんしんと降り続けた。


19時前ぐらいに運行情報を見てみると大江戸線に遅延が。

都庁前は乗換えで大混雑してるという。

都庁前から先は一駅ごとに五分ぐらい停止していると。

地下の一番深いところを走っていて私鉄との接続もなく、地上に出ることも無いのに?

遅れたり運休となった他の路線との乗り継ぎの関係で遅らせているのだという。

そうか、大江戸線の都合だけで運行することはできない。


23時を過ぎて外を見ると雪がやんでいる。

ニュースを見ると駅の混雑のピークは過ぎたという。

各社各路線ともほとんどが翌朝は平常運行だと。なんだか残念。


朝起きて普通に出社。

でも雪が積もっているところも多いのでスーツに革靴ではなく、

ジーパンにブーツで行くことにする。青森に帰るときの格好。

車の通らない、家の前の道路はやはり雪がそのままになっている。

東京には除雪車というものがない。

というかどの地域も漏れなく出動できるほどの台数は無い。


大通りに出ると車の往来で雪が解けていたり、歩道が獣道のように踏み固められていたり。

いつもよりトラックの数が多いように思う。いつもは深夜走っていたのが遅れたのか。

路肩に停めて運転手が眠っているトラックも何台か見かけた。


大江戸線はいつもより混んでいた。

昨日と変わらない時間でオフィスに着いた。

何人かの方が雪で出社が遅れるとメールを送っている。


ここまでの雪は4年ぶり。

4年前は2月の土曜に2週続けて降ったんだった。

大雪の中、無理して伊勢神宮まで行ったのに閉まってたんだよな…

あのときは都心で27cm降ったのだという。今回は18cmとのこと。