Hatena::ブログ(Diary)

oknknicの日記

2012-08-06

Windowsのコマンド netsh を今更ながらメモ

今更ながらではありますが、 netsh コマンドをメモ。

netshによるネットワーク設定

LANインタフェースの構成の確認
netsh interface ip show address
インタフェース名の変更
netsh interface set interface name="対象インタフェースのインタフェース名" newname="新しいインタフェース名"
【静的】固定IPアドレスサブネットマスクデフォルトゲートウェイの設定
netsh interface ip set address name="対象インタフェース名" source=STATIC addr=IPアドレス mask=サブネットマスク gateway=デフォルトゲートウェイ
【静的】DNSサーバの設定

※指定したDNSサーバに接続できない場合は異常終了する。

netsh interface ip set dnsserver name="対象インタフェース名" source=STATIC addr=DNSサーバのIPアドレス
【動的】DHCPによる動的割り当て設定
netsh interface ip set address name="対象インタフェース名" source=DHCP

netshによるネットワーク設定のダンプ、適用

netshスクリプトとしてダンプ
netsh dump > スクリプトファイルパス
netshスクリプトの実行
netsh exec スクリプトファイルパス

補足:netsh用スクリプト

netsh コマンドの、冒頭の「netsh」を除去したコマンドを列挙したもの。
スクリプト内では以下の2つの特殊コマンドが使える。

  • pushd :サブコマンドに入り込む
  • popd :入り込んだサブコマンドを解除する

スクリプトファイル netsh.txt

pushd interface ip
  set address   name="e01" source=STATIC addr=192.168.1.2 mask=255.255.255.0 gateway=192.168.1.1
  set dnsserver name="e01" source=STATIC addr=192.168.1.1
popd

スクリプト実行

netsh exec netsh.txt

参考文献

Windowsコマンドプロンプトスパテク242 Vista/XP/2000対応

Windowsコマンドプロンプトスパテク242 Vista/XP/2000対応

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

リンク元