Hatena::ブログ(Diary)

大河内泰樹のブログ 告知とか

2018-01-16

【日程変更 1/26→2/2】第12回一橋哲学・社会思想セミナー 嶺岸佑亮氏(東北大学)講演会

日程と場所が変更となりましたのでお間違えのないようお願い申し上げます。

日時:2月2日 15:30-19:00
場所:一橋大学 磯野研究館1階 第2研究小集会室(下のマップの20の建物)
http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html

言語:日本語

【研究報告】 15:30-17:00
「『精神現象学』「自己意識」章における自己意識の 「純粋な自己意識」と「生命」ーあるいは「精神性」と「身体性」ー」
 大和慶之(一橋大学大学院社会学研究科修士課程2年)

ヘーゲル精神現象学』における良心の相互承認―言語を媒体とする承認モデルとして解釈する試み―」 
 久冨峻介(一橋大学大学院社会学研究科修士課程2年)

【講演】 17:00-19:00
再考イデアを観ること ――ヘーゲルにおけるプラトニズムの問題――」
 嶺岸佑亮(東北大学大学院文学研究科・専門研究員)

終了後、懇親会を開催します。

2017-09-30

国際会議「ジェンダー研究と哲学史」

Internationale Konferenz
„Geschlechterforschung und Geschichte der Philosophie”

Datum: 6. Okt. (Fr.), 2017
Zeit: 13 - 18 Uhr
Ort: Sano-shoin, Hitotsubashi Universität



国際会議「ジェンダー研究と哲学史

日時:2017年10月6日(金)13:00〜18:30
場所:一橋大学・佐野書院
http://f.hatena.ne.jp/okochi_t/20150224125303
言語:ドイツ語(通訳あり)

Programm

13:00-14.00 „Was heißt, "Die entgegengesetzte Wirklichkeit zu täuschen"?: Über die Antigone-Deutung Hegels“
Yuka Okazaki (Tokyo/Berlin)
14.00-15.00 „Philosophie und Misogynie“
Prof. Dr. Yuko Kojima (Kochi)
15.10-16.40 „Geschlecht und Familie in Hegels Philosophie
Dr. Eva Bockenheimer (Siegen)
16.50-18.20 „Rousseau–Humboldt–Hegel: Stationen des Verhältnisses von Familie und Staat“  Prof. Dr. Friederike Kuster (Wuppertal)

18.30-20.00 Empfangsparty

プログラム

13:00-14:00 岡崎佑香(一橋大学大学院
ヘーゲルアンティゴネー論における「対立する現実を騙すこと」について」

14:00-15:00 小島優子(高知大学)            「哲学ミソジニー

  休憩

15:10-16:40 E・ボッケンハイマー(元ジーゲン大学助手)
ヘーゲル哲学におけるジェンダーと家族」

  休憩

16:50-18:20  F・クスター教授(ヴッパータール大学)
ルソーフンボルトヘーゲル——家族と国家の関係をめぐる三つのポイント」

18:30-20:00 懇親会


フリーデリケ・クスター教授(ドイツヴッパータール大学)
Prof. Dr. Friederike Kuster

f:id:okochi_t:20170930210825j:image:medium:left

ミュンヘン大学ボーフム大学、ヴッパ―タール大学で哲学神学社会科学を学ぶ。一九九〇年にフッサールについての論文博士号取得、二〇〇四年にルソーについての論文で教授資格取得。二〇一二年より現職。著書に、Wege der Verantwortung. Husserls Phänomenologie als Gang durch die Faktizität, Dordrecht 1996, Rousseau – Die Konstitution des Privaten. Zur Genese der bürgerlichen Familie, Berlin 2005, 共編著にFrauen und Philosophie. Perspektiven feministischer Philosophie, Wuppertal 1994, Geschlechtertheorie – Geschlechterforschung. Ein interdisziplinäres Kolloquium, Bielefeld 1998, Philosophische Geschlechtertheorien. Ausgewählte Texte von Antike bis Gegenwart, Stuttgart 2002, Geschlechterordnung und Staat. Legitimationsfiguren der politischen Philosophie (1600-1850), Berlin 2012. Philosophische Geschlechtertheorien – Philosophien der Geschlechterdifferenz, Hagen 2016. 二〇一八年にはJunius社『入門』シリーズとしてルソー入門と哲学的性理論入門を刊行予定。その他論文多数。

エファ・ボッケンハイマー博士(元ドイツ・ジーゲン大学)
Dr. Eva Bockenheimer
f:id:okochi_t:20170930210939j:image:medium:left

ボン大学、パリ・ソルボンヌ大学ケルン大学哲学ドイツ語ドイツ文学教育学を学ぶ。二〇一一年にボーフム大学でヘーゲルについての論文博士号取得。著書に、Hegels Familien- und Gechlechtertheorie, Hamburg 2013. 共編著に、Philosophische Geschlechtertheorien – Philosophien der Geschlechterdifferenz, Hagen 2016. その他論文多数。


後援:
科学研究費補助金
哲学分野における男女共同参画と若手研究者育成に関する理論・実践的研究」(代表:和泉ちえ)
一橋大学社会学研究科ジェンダー社会科学研究センター(Cgrass)
一橋大学国際交流セミナー

f:id:okochi_t:20150224125303p:image:w360:left

2016-06-09

6月17日 15:00〜 Chong-Fuk Lau教授講演会「ヘーゲルの自由の論理学」

香港大学のChong-Fuk Lau教授の講演会を開催いたします。Lau教授は2002年にブプナー教授の下ハイデルベルク大学哲学科で博士号を取得され、現在香港大学哲学科で教鞭を執られています。

講演: 「Hegels Logik der Freiheit(ヘーゲル自由概念)」

日時: 6月17日(金)15:00〜17:00
 
講師:
Prof. Dr. Chong-Fuk Lau
Professor & Head of Graduate Division
Department of Philosophy, The Chinese University of Hong Kong
http://humanum.arts.cuhk.edu.hk/~cflau/

著書
Hegels Urteilskritik. Systematische Untersuchungen zum Grundproblem der spekulativen Logik. Munich: Wilhelm Fink Verlag, 2004
https://www.fink.de/katalog/titel/978-3-7705-3898-0.html
他にも中国語の著作をはじめ、ヘーゲルカントについて多くの論文があります。
http://humanum.arts.cuhk.edu.hk/~cflau/

今回は、デイヴィッドソンの非法則的一元論を援用しながらヘーゲル自由論について論じていただきます。



言語:ドイツ語(通訳あり)
場所:一橋大学 第3研究館 研究会議室(国立キャンパス中央線国立駅徒歩10分)
お問い合わせ:大河内泰樹(一橋大学:taiju.okochi@r.hit-u.ac.jp)
f:id:okochi_t:20150224125305p:image:w640

2016-06-08

2016-02-28

研究会「ドイツ観念論と自然主義の再検討」+ニュクス第二号特集「ドイツ観念論と理性の復権」合評会

ドイツ観念論自然主義の再検討」
3月19日(土) 13:00〜16:45
一橋大学国立キャンパス・第3研究館・3階・研究会議室
f:id:okochi_t:20150224125305p:image:w360
13:00〜14:30
第一部 研究報告 司会:大河内泰樹(一橋大学)(各報告25分 質疑20分)

報告1:白川晋太郎(京都大学)「ブランダムにおける客観性について」
報告2:大河内泰樹(一橋大学)「習慣と制度——ヘーゲルにおける「第二の自然」」

休憩 (15分)

14:45〜16:45
第二部 『ニュクス』第二号特集「ドイツ観念論と理性の復権」合評会
司会:三重野清顯(お茶の水女子大学
評者:嘉目道人(上智大学)、八幡さくら東京大学)、後藤正英(佐賀大学)(各20分)

討議(60分)

・終了後は会場の隣の部屋にて懇親会を予定しております。

※科学研究費基盤(C)「承認論の認識論への拡張によるヘーゲル観念論の自然化についての研究」(研究課題番号:2537001)