Hatena::ブログ(Diary)

おくらあえ このページをアンテナに追加 Twitter


おくらあえトップ画像

にこりんぱな

おくらあえとは
ラブライブ!を中心に、アニメ、ゲーム、聖地巡礼、イベントレポートなど
さまざまなことをおくらが綴っていきます。
twitterアカウントはこちら

同じ記事をシンプルにみやすくブログにしました。カテゴリを是非ご活用ください。
はてなブログ版『おくらあえ』はこちら



新着記事

2014-09-28

三澤紗千香3rdシングル「フェイス」ミュージックビデオロケ地探訪レポート

f:id:okuramugi11:20140928170125p:plain

9月19日に三澤紗千香さんの3rdシングル「フェイス」のミュージックビデオ(以下、MV)のロケ地を探索したレポートです。

〜〜〜〜
探訪理由
今回の探訪の理由は、単純で、2つあります。

1.翌日9月20日の東京ゲームショウに行くため関東に行くから
2.トンネルの探訪をやったことがなかったから


MVのDVD内に、そのメイキング映像があったのですが、そこで「横田トンネル」とバッチリ名称が映されていたので、これが探訪しようという決定打になりました。


〜〜〜〜

事前準備

事前にMVのカット画像のDBへのアップロードや印刷はもちろん、Google map、ストリートビューを用いての現地確認をおこないます。前回(下部リンク参照)の飯田里穂さんのロケ地探訪に比べると、事前情報があるあたり難易度は低いモノと思われました。

http://okuradyo.hatenablog.com/entry/2014/04/03/170435:embed

かなりきつかった。


しかし、下に示す2か所が中々見つけることができず、付近に住む知り合いにも聞きましたが分からないとのこと。

f:id:okuramugi11:20140928171248p:plain
f:id:okuramugi11:20140928171253p:plain

結局この2箇所だけ特定できないまま、実地に向かう日になりました。

〜〜〜〜
移動

移動の出発点は成田空港です。成田空港から武蔵村山市役所をめざし、そこから徒歩で移動となります。

横田トンネルは検索してもGoogle mapには表示されない(建物と認識されない)ため、横田トンネルで検索後、適当なウェブページを訪れ、そこから最寄りの建造物をGoogle mapに入力するのが最良です。

今回は交通の目印のひとつにもなっている、武蔵村山市役所をチョイスしました。

以下、今回通ったルートです。

成田空港日暮里駅立川駅立川駅前(バス)⇒武蔵村山市前(バス)


〜〜〜〜
到着と探索

まずは事前情報がある、横田トンネルに着きました。時間は12時ほぼちょうど。予定通りでした。






写真を撮っていきます(クリックで拡大)。

f:id:okuramugi11:20140919121457j:plain

中は上の森林の地面の水分が沁み、漏れ出し、常に壁にいろいろな模様を描いています。全く同じ場所を撮影することは非常に難しい環境です。

f:id:okuramugi11:20140919121423j:plain

100mほどあるトンネル何度も往復します。すこし似ている模様を見つけました。


f:id:okuramugi11:20140919121624j:plain

f:id:okuramugi11:20140919122414j:plain

壁の亀裂(写真右側)がよく似ています。トンネル中心付近はかなり涼しく、夕方や早朝は肌寒く、長く居ると風邪を引いてしまいそうです。


f:id:okuramugi11:20140919122734j:plain

さすがにここは一致します。スイッチのようなものはトンネル内の照明のON−OFFスイッチのようです。


f:id:okuramugi11:20140919120639j:plain

メイキング映像の1カットも撮ってみました。


f:id:okuramugi11:20140919120601j:plain

ぼくも楽しかったです。




以上で横田トンネル分の撮影は終了です。つづいて、事前に調べ、見つけ切れなかった箇所を探しに付近を散策します。

散策をおこなったのですが、付近に森林中の廃線、およびメイキング出発点の駐車場が見つけられず、また写真を撮っていなかったため、ムダな文字ばかりになってしまったので、ここでレポートを終わりたいと思います。


〜〜〜
感想
人生で初めてこのようなタイプのトンネルを歩いたのですが、中が思った以上に涼しく、驚きました。近場には住宅街があり、ここを自転車で通過する人は少なくはありませんでした(*1)。

森林中の廃線と駐車場が探せなかったことが心残りですが、ひさしぶりにロケ地を訪れ、目にした時の淡い感動を味わうことができ、楽しい探訪となりました。

MV映像およびメイキング映像は「©2012 Warner Bros. Entertainment Inc. 」に帰属します

【ダブル】第5回北陸オフレポート

f:id:okuramugi11:20140928142734j:plain

9月14日、福井県のアオッサにて開催された「第5回北陸オフ」に参加した際のレポートです。


〜〜〜〜
オフ全体について

第5回北陸オフ詳細
▼簡易データ
対戦参加人数:56名
見学参加人数:13名
参加人数合計:69名

以下大会全体の結果まとめ
第5回ポケットモンスター北陸オフ・結果まとめ - ポケットモンスター北陸オフ

〜〜〜〜


ポケモン対戦について
※メモ等をとっていないため勝敗のみ

使用パーティは以下の通り。
f:id:okuramugi11:20140928145405p:plain

オフ開催日を知るのが遅かったことと9月の繁忙度との兼ね合いでパーティを考案・作成する時間がないと思い、有識者からレート用のパーティを借り、オフに臨みました。
借り物のため技、持ち物は今回記していませんが、レート用のため、ダブル有識者であればほとんど思いつく構成であるのかなあと思いました。

〜〜


対戦参加人数が56名なので、7人のグループを8人ずつで構成し、7人リーグ上位2名×8=16名が決勝進出という綺麗な形。

グループはポケモンにおけるタイプで分けられ、ぼくは「炎」タイプのグループに。メンバーはあいさん、さくらさん、ゆうぽんさん、とろとろさん、いもん!さん、それに主催のびちょさん(ハンドルネームとプレイヤーネームが混同しています)。

XY初期以降ほとんどポケモンという分野に触れていなかったので事前情報がほとんどなかったのですが、いもん!さんはWBCジュニアで好成績をおさめた強者だとか・・・。びちょさんは主催且つポケモンをやっていなかった間のぼくでも認識できるほど結果を残されている強者。他の4名は初めてお会いしたのですが、つよそう。

果たしてローテに続いて疎いダブルバトルでどこまで勝利できるのか。というか1勝できるのか。不安を抱きながら、対戦開始。


(以下、敬称略)

1試合目:vs.いもん!
対世界レベルジュニア。自己紹介では全敗して帰ります(要約)、的なことを言われていたので(冗談はよしてくれ)なんて思いつつ、対峙し、ボコボコにされるんだろうなあなんて考えながら臨みました。
が、結果は4−0で勝利

2試合目:vs.ゆうぽん
思考ミスで勝ちを逃した試合。それ以外は特に悪くは無かったと思います。0−1で敗北

3試合目:vs.びちょ
ダメです(確信)。初手から最後までダブルの考えの無さを露呈した試合でした。0−3で敗北

4試合目:vs.さくら
序盤勝ったでしょと思い進めていたら、ふつうに負けたバトル。小学生の女の子でした。つらい。0−1(?)で敗北

5試合目:vs.あい
1戦目以来の気持ちよく詰めていけた試合でした。2−0(?)で勝利

6試合目:vs.とろとろ
予選突破が無理と確定したので、ぼくにとっては単純消化試合となりました。ひるみや急所の被弾が連発し、相手方が申し訳なさそうにしていましたが、それが無くても完璧に負けていた試合でした。3−0(?)で敗北



以上6試合を終え、結果は2勝4敗。ですが負けた分=知らなかったこと・考えが及ばなかったこと、があることに気づき、オメガルビーアルファサファイヤの発売を前にして、大きな収穫をすることができたと感じました。

また、あとに知ったのですが、サイマルさんという方が自称「デブパーティ」という特性あついしぼう」で構成されたパーティを使いベスト16まで勝ち進んでおられ、モチベーションが上がったように感じました。


〜〜〜〜

サイドイベント:大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS大会について

オフ前日の9月13日が「大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS」の発売日だったということもあり、この日オフ会場ないでは余った時間にスマブラをプレイする人が多く見られました。

開会式のずんださんの言葉にあった「スマブラの大会」というものは、昼過ぎ、予選が消化されたあたりから、サイドイベントとして計画・開催されました。



〜〜

参加人数は以下の16名(以下、HN敬称略)。ポケモンカードゲームエネルギーカードを裏向きに引いて、グループ分けがなされました。


トゥー
二ッツ
タカ
ドミナ


くろかみ
すたみ
サイマル
地紋


逆毛
シュガー
レイ
こばっち


沼端
あい
おくら
るりと


昼休みの時点で何人かと遊んでいたのですが、こばっちさんはスマブラXの経験者であると、対峙して判りました。またドミナさんはむらびとの扱いが巧いということを前夜から知っていました。

その2人と同じグループでないので、予選は勝ち進めるだろうと考えました。

使用キャラは「リトル・マック」。12日の22時ダウンロード時から14日の14時頃大会開始までに8時間ほど使用したキャラです(一番多く使ったのはマリオで10時間ほど)。

ルールは第1・2予選は

・4人乱闘
・タイム制(2分間)
・アイテムあり
・ステージランダム(終点化なし)

です。ゲーム内の言葉を借りれば「エンジョイ部屋」ルールです。この予選の各乱闘の上位2名が進出していく、という仕組みでした。


第1予選は、上手くアイテムとステージギミックを使い堂々の1位抜け。この第1予選で16人⇒8人に。

第2予選グループ1
鋼1位 ドミナ
木2位 地紋
炎1位 こばっち
闘2位 沼端

第2予選グループ2
鋼2位 トゥー
木1位 サイマル
炎2位 逆毛
闘1位 おくら



第2予選は、負けたと感じたのですが2位と1ストック差をつけ1位抜け。負けたと思い天を仰いだのですが、結果に驚いていたところに、他の3名から動きが違ったとの言葉が。夢中になっていて大戦中の撃墜数の和差を忘れていたようです。これにより8人⇒4人。


こうして決勝に上がってきたのが、

ドミナ
サイマル
地紋
おくら

の4人です。

やっぱり上がってきたなドミナめ、と思いました。


〜〜

決勝の使用キャラは

ドミナ:ゲッコウガ
サイマル:ネス
地紋:アイク
おくら:リトル・マック

ルールは

・4人乱闘
・ストック制(2スト)
・アイテムなし
・ステージランダム(終点化あり)

という、ゲーム内のルールで言えば「ガチ大乱闘」。




この決勝戦の模様は3DS偽トロキャプチャとホームシアタを使用し、会場内で大々に放送されるということで、ぼくはムダな緊張を除くため、イヤホンをしガムを噛みながらやることに(はたから見たら態度わる杉内)。




対戦はサイマルさんのネスのPKサンダーと、ドミナさんのゲッコウガの水手裏剣と、地紋さんのアイクの重い攻撃が飛び交う中を駆けるというもの凄い状況。

細かいことは覚えていないのですが、サイマルさんのネスはドミナさんのゲッコウガで、地紋さんのアイクはぼくのリトル・マック撃墜していたような気がします。

そしてラスト、ストック1対1で残ったゲッコウガリトル・マックで対峙します。

2人になってから十数秒後にK.O.ゲージが溜まったことを確認したため、ゲッコウガヒットポイントが30%をオーバーしていることとを確認し、ゲッコウガの空中攻撃の出がリトル・マックの弱Aより遅いことを知ったうえで、弱A⇒NBのヒット。

見事ヒットしたKOの一撃は、格ゲーの必殺技のように1秒程度のスローがあるので、勝ちを確信したぼくは3DSを放りました(はたから見れば態度ry)。



新キャラで勝てたのが嬉しかったのか、一応の優勝という名前が嬉しかったのか、勝者コメントを考える暇なくぼくはるりとさんにマイクを向けられ「ヨッシャ!(迫真)」としか言うことができませんでした(クソはずかしかった)。

決勝開始前にひとこと言う場面で「ポケモンで勝てなかったのでスマブラで勝ちたいです」と言ったのことを実行できたこともうれしかったです。


〜〜〜〜


その他雑感

その他雑感を箇条書きにしております。

・ずんだちゃんがイケメン
・序盤すたみさんとしゃべる(すたみさんとしかしゃべってない)
・3位決定戦のふうこさん(女子中学生?)がぼくの理想のバトルスタイルで感動
・決勝のバグ率に会場どよめく
スマブラ優勝で景品をもらってしまう
・オフ終了後ぼっちでスマブラしていたらに小学生1人と憧れのふうこちゃんにスマブラ挑まれる
リトルマックを使うもボコボコはやめようと穏便にプレイしていたらマスターボールのみバトルだった
・2連敗
・昔弟とスマブラポケモンバトルしてたことを思い出してノスタルジー
・小学生の子とふうこちゃん対戦後も礼儀正しい。また会おう

・二次会は27人参加で飲み放題
・序盤すたみさんゆうぽんさんあたりとゆったり飲む
・中盤青ペンさんやもみんさん、もぴーさん、るりとさん、ずんだちゃんあたりと無駄に絡む
・こばっちさんごめん酔ってスマブラできませんでした
・ずんだちゃんイケメン
・○○さんと××さんが熱いキス(10回くらいやってた)
北陸勢はホモ(確信)
・おくら、終盤無駄にいろんな人に声かける(すみませんでした)
・今年度一番たのしいお酒でした
・帰り際トゥーさんの肩のせピカチュウに突っ込む
・逃げられる
・つかもちさんと一緒にびちょさん家に泊まりにいく
・びちょびちょにはされませんでした

〜〜〜〜

総括

主であるポケモンバトルの記録は悪いモノでしたが、そこから得られたものはかなり大きく、今後ダブルバトルをやる上で大きな糧となるだろうと感じました。

また、スマブラのサイドイベントで優勝できたことは記憶に残ると思いました。

二次会もとても楽しく過ごすことができ、企画していただいた主催のずんだちゃん、びちょさんには感謝しかありません。



今年度の「オフでたくさんの人としゃべってサインをもらう」という目標は全く達成できませんでしたが、二次会で多くの方々と知り合うことができて、結果オーライなんじゃないかなあと自負しております。



〜〜

「第5回北陸オフレポート」は以上です。関わっていただいた方々、ありがとうございました。またどこかのオフ会でお会いできることを楽しみにしております。

*1:横田トンネル自転車道と称されるタイプのトンネル

Connection: close