Hatena::ブログ(Diary)

おくらあえ このページをアンテナに追加


おくらあえトップ画像

にこりんぱな

おくらあえとは
ラブライブ!を中心に、アニメ、ゲーム、聖地巡礼、イベントレポートなど
さまざまなことをおくらが綴っていきます。
twitterアカウントはこちら

同じ記事をシンプルにみやすくブログにしました。カテゴリを是非ご活用ください。
はてなブログ版『おくらあえ』はこちら



新着記事

2014-09-28

三澤紗千香3rdシングル「フェイス」ミュージックビデオロケ地探訪レポート

f:id:okuramugi11:20140928170125p:plain

9月19日に三澤紗千香さんの3rdシングル「フェイス」のミュージックビデオ(以下、MV)のロケ地を探索したレポートです。

〜〜〜〜
探訪理由
今回の探訪の理由は、単純で、2つあります。

1.翌日9月20日の東京ゲームショウに行くため関東に行くから
2.トンネルの探訪をやったことがなかったから


MVのDVD内に、そのメイキング映像があったのですが、そこで「横田トンネル」とバッチリ名称が映されていたので、これが探訪しようという決定打になりました。


〜〜〜〜

事前準備

事前にMVのカット画像のDBへのアップロードや印刷はもちろん、Google map、ストリートビューを用いての現地確認をおこないます。前回(下部リンク参照)の飯田里穂さんのロケ地探訪に比べると、事前情報があるあたり難易度は低いモノと思われました。

http://okuradyo.hatenablog.com/entry/2014/04/03/170435:embed

かなりきつかった。


しかし、下に示す2か所が中々見つけることができず、付近に住む知り合いにも聞きましたが分からないとのこと。

f:id:okuramugi11:20140928171248p:plain
f:id:okuramugi11:20140928171253p:plain

結局この2箇所だけ特定できないまま、実地に向かう日になりました。

〜〜〜〜
移動

移動の出発点は成田空港です。成田空港から武蔵村山市役所をめざし、そこから徒歩で移動となります。

横田トンネルは検索してもGoogle mapには表示されない(建物と認識されない)ため、横田トンネルで検索後、適当なウェブページを訪れ、そこから最寄りの建造物をGoogle mapに入力するのが最良です。

今回は交通の目印のひとつにもなっている、武蔵村山市役所をチョイスしました。

以下、今回通ったルートです。

成田空港日暮里駅立川駅立川駅前(バス)⇒武蔵村山市前(バス)


〜〜〜〜
到着と探索

まずは事前情報がある、横田トンネルに着きました。時間は12時ほぼちょうど。予定通りでした。






写真を撮っていきます(クリックで拡大)。

f:id:okuramugi11:20140919121457j:plain

中は上の森林の地面の水分が沁み、漏れ出し、常に壁にいろいろな模様を描いています。全く同じ場所を撮影することは非常に難しい環境です。

f:id:okuramugi11:20140919121423j:plain

100mほどあるトンネル何度も往復します。すこし似ている模様を見つけました。


f:id:okuramugi11:20140919121624j:plain

f:id:okuramugi11:20140919122414j:plain

壁の亀裂(写真右側)がよく似ています。トンネル中心付近はかなり涼しく、夕方や早朝は肌寒く、長く居ると風邪を引いてしまいそうです。


f:id:okuramugi11:20140919122734j:plain

さすがにここは一致します。スイッチのようなものはトンネル内の照明のON−OFFスイッチのようです。


f:id:okuramugi11:20140919120639j:plain

メイキング映像の1カットも撮ってみました。


f:id:okuramugi11:20140919120601j:plain

ぼくも楽しかったです。




以上で横田トンネル分の撮影は終了です。つづいて、事前に調べ、見つけ切れなかった箇所を探しに付近を散策します。

散策をおこなったのですが、付近に森林中の廃線、およびメイキング出発点の駐車場が見つけられず、また写真を撮っていなかったため、ムダな文字ばかりになってしまったので、ここでレポートを終わりたいと思います。


〜〜〜
感想
人生で初めてこのようなタイプのトンネルを歩いたのですが、中が思った以上に涼しく、驚きました。近場には住宅街があり、ここを自転車で通過する人は少なくはありませんでした(*1)。

森林中の廃線と駐車場が探せなかったことが心残りですが、ひさしぶりにロケ地を訪れ、目にした時の淡い感動を味わうことができ、楽しい探訪となりました。

MV映像およびメイキング映像は「©2012 Warner Bros. Entertainment Inc. 」に帰属します

*1:横田トンネル自転車道と称されるタイプのトンネル