Hatena::ブログ(Diary)

【おくさわ治療院】症例ブログ

2016-10-17 不眠症、アトピー性皮膚炎 30代|女性

初診2016/8/17 不眠症アトピー性皮膚炎で来院。

不眠症のため、セロトニン薬を服用、アトピー性皮膚炎のため、抗ヒスタミン薬を服用。

歯ぎしり、噛み締め、いびき喉頭炎、咽頭炎も診られました。

眼圧が抗進、甲状腺抗進、リンパのとどこうりがみられ、浮腫みが診られました。

抗ヒスタミン薬を服用されていたので、ヒスタミンを産生する食べ物を特定。

すると、毎日、チーズとパンを食べていたことが、判明した。

アレルゲンはチーズとパン酵母菌とグルテンで、甲状腺が抗進し、不眠につながったと思われます。

サンプルのバイルでは、下着のゴム、D型肝炎、IgE、ヒスタミン、GAS、黄色ブドウ球菌の毒素、ヘモリジンに陽性反応。

下着のゴム(ラッテクス)のアレルギーは深刻で血流を悪くするので、便秘や生理不順を起こし、腎不全膀胱炎、腰痛を引き起こします。

40代、50代女性では、ぽっこりお腹や浮腫み、膝の痛みを発症しております。また、血液循環が悪くなるので、血圧が高くなり、物忘れが多くなって

きますので、お気をつけください。

男性ではゴムのアレルギーがあると、腰痛、椎間板ヘルニア避妊コンドームを装着すると、勃起不全になるのはこのためです。

Connection: close