Hatena::ブログ(Diary)

【おくさわ治療院】口コミ体験談

2017-08-10 婦人科疾患の方は大豆アレルギーかも。?

病院では、婦人科疾患のある方は、女性ホルモンの分泌過剰なので、ホルモン剤のピルを処方されます。

ピルの作用はご存じのとおり、生理を抑制します。

また、大豆、特に納豆イソフラボンの効果により、女性ホルモンを促進しますので、婦人科疾患のあるかたは、納豆などの大豆アレルギーがある

かもしれません。アレルギー好き嫌いに関係ありません。食べ過ぎにご注意ください。

 一般的な判断は、便秘もしくは、下痢になります。特に、大便のなかに消化されていなければ、大豆アレルギーがあります。

 特に納豆納豆菌はカビです。カビのアレルギーのあるかたは、注意が必要です。カンジタ菌はイースト菌でカビの一種です。カンジタ症の方も

注意が必要だと思います。

また、納豆のネバネバはグルタミン酸ですが、山芋に多く含まれます。アレルギーのある方は、小さいころ、扁桃腺が腫れて、抗生剤ロキソニン

痛み止めの薬、抗ヒスタミンを服用されている方が多いです。

薬のせいで、腸内の粘膜を荒らしてしまっています。