Hatena::ブログ(Diary)

感性の衰えた大人

2013-12-27

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/oldsence/20131227

2012-12-31

今年一年ありがとうございました

| 18:19

今年も残すところあとわずかになりました。しかし冬はやはり寒いものですね。

今年は第二子誕生、転職を含めいろんなことに動き回る一年でした。おかげでゲーム生活としては満足にできなかったのが残念ですね。しかしこんな状況で半年間の忙しい時期を超えたらまたゲーム三昧だ!となぜ一年前の私は考えていたのでしょうか。来年以降もゲーム三昧なんてできるわけがない(笑)より時間の使い方をきっちりしなければなりませんね。

さて今後のブログ運営の件、一旦更新停止後もゲリラ更新ということでたまに更新していましたが、きっちり年末企画で締めることができましたし今回のエントリーを持ってoldsenceとしての活動を終わらせようと思います。すでにtwitterは退会しました。このブログ自体を残しておくか消滅させるかは少し考えようと思います。

ブログを始めたきっかけは一旦ゲームから離れていた(昔は良かった状態になっていた)私がなんとなく勢いでPS3FF13を購入したことでした。FF13だけじゃ元が取れないしせっかくだから今のゲームってどんなものがあるんだろうと情報を探し始めたついでにブログを立ち上げました。時代についていけてないおっさんがこんなゲームもあるんだなと書いていくのがコンセプトです。その効果もありまして徐々に昔プレイしたシリーズの続編、昔プレイしたリメイク作品だけでなく今までプレイしたことのないタイトルやシリーズを楽しもう!という気持ちが強くなりました。今年の「私のGOTY」のノミネートタイトルはまさにそういう気持ちの現れですね。そういった意味でもブログの目標は達成できたかなと。今後ももっといろんなタイトルをプレイしてみたいですね!

更新停止後にも一定のアクセスがありました。更新停止時にもお礼をしましたが閲覧していただいた方ありがとうございました。そして相互リンクに応じていただいたブロガーの方々ありがとうございました。今回の挨拶をもって当ブログは終了といたします。

もっさんもっさん 2013/01/03 02:05 んむむ。
残念ですが、また戻ってきてくれることを期待しています。
短い間でしたが、ありがとうございました!
みっくみく!

oldsenceoldsence 2013/01/05 19:42 もっさんさんありがとうございます!
たんぶろはブログを始めようかなと思うきっかけを作ってくれたブログの一つでした。相互リンクうれしかったです。
また時間の確保と更新意欲が高まったときにはよろしくお願いいたします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/oldsence/20121231

2012-12-30

私のGOTY-2012-

| 18:11

並行してプレイしていたソフト3本くらい終盤まで来てるんだけど年末に間に合わなかった・・・てなわけで年末の企画「私のGOTY」を始めよう。例年は数回に分けて行っていたが、今年は1回で済ませる。

今回のノミネートは

今年はゲームをプレイできる時間自体が少ない中、できるだけ今までプレイしたことのないタイトル・シリーズを試してみた一年だった。そのせいか好きなジャンルであるRPGのノミネートが0という事態に。

では部門賞を

グラフィック賞
    • 風ノ旅ビト
    • 初音ミク プロジェクトディーヴァ エフ

風ノ旅ビトは砂を滑り降りるときに太陽が照り付けるあの場面で決めたようなもの。DIVAfは正統進化という文字がまさにぴったりのパワーアップしたグラフィックが印象に残った。

サウンドトラック賞
    • キャサリン

印象に残った楽曲がほぼクラシックのアレンジなので受賞すべきか迷ったのだけれども(笑)

ストーリー賞
    • キャサリン

ゲームで結婚を迫られているときに浮気?なシナリオがとても新鮮だった。

新規オリジナルタイトル賞
    • キャサリン
    • ロックスミス

どちらも今まで味わったことのない要素に対してポジティブな印象を持った。

システム賞
    • ロックスミス

エレキギターをケーブルで本体につなげてそのままゲームが遊べる。見やすい譜面。そしてギターを弾くための技術のレクチャーが親切。今年これ以上システムに対してポジティブに感じたタイトルはなかった。

バトル賞
    • グラビティデイズ

今年はバトル賞にふさわしいタイトルこれしかプレイしていないような(笑)

オンライン賞
    • みんなといっしょ

Vitaを購入してから一気にフレンドが増えた。増やす動機付けができるような活用方法を提供できたのは素晴らしいこと。

ロングラン
    • みんなといっしょ
    • トレジャーパーク

基本無料ゲームのパワーすごいね。ダラダラ続けちゃうんだよ、これがな。ノミネート外も含むとMHP3HDが一番長いけど(笑)

Game of the year

初音ミク -Project DIVA- f

  1. 初音ミク プロジェクトディーヴァ エフ
  2. キャサリン
  3. ロックスミス

今年のGOTYは初音ミクDIVAf。各部門で突出するような驚きは見た目くらいだったけど、ゲームの内容自体もPSP時代よりよくなっていて今年一番楽しめた。キャサリンロックスミスもともに繰り返しチャレンジしたくなるゲーム性で随分熱中させてもらった(ロックスミスは現在進行形)。ロックスミスの不具合さえなければ2,3位は入れ替わっていたかな。

以上、私のGOTY-2012-をお送りしました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/oldsence/20121230

2012-12-24

PS3 ロックスミス

| 18:51

ロックスミス(リアルトーンケーブル同梱)

倉庫にエレキギターが眠っているそこのあなた!久しぶりにギターを外に出してみないか?

エレキギターがそのままゲームのコントローラーになる。初報を聞いた時点で興味を持った本作。ある程度プレイして感想も固まってきたところなので書こうと思う。ちなみに私は過去にバンド経験はあるもののギターやベース担当ではライブ経験なしの人間(できるレベルじゃなかった)なので、その視点での感想になる。

本作の最大の特徴といえば上記の通り本物のギターをPS3(XBOX360やPCでも)とソフトに同梱されたケーブルでつないで用意された楽曲を弾いて楽しむゲームだ。楽器関連で最低限必要なものはエレキギターとギターの弦とピックのみ。*1また海外ではダウンロードコンテンツとして配信されたベースモードも日本では最初から収録されているのでエレキベースでも楽しむことができる。*2。収録楽曲は60年代のローリングストーンズから最近芸人の鉄拳さんのパラパラマンガをPVに採用したことで話題になっているMUSEまで幅広い年代の楽曲約50曲。

D

ゲームの内容としては上の動画のように奥から手前に迫ってくる譜面に対して対応する弦とフレットを押さえてタイミング良く弾くといったもの。プレイして思ったが予想していたよりわかりやすい。特にシングルノート(単音で弾くもの)が。*3迫ってきた譜面に対してタイミングよく弾くっていうのが音ゲーらしくていいね。また曲を弾いている間にちゃんと弾けていれば難易度が上がって弾く箇所が増え、失敗ばかりしていると難易度が下がり弾く箇所が減るというのは素晴らしいアイディアだと思った。そしてギターのテクニックに関しての解説もちゃんと日本語のナレーション付きでとにかく丁寧。ギターテクニックを利用した楽曲を弾く以外のミニゲームも準備されて気分転換に非常によろしい。

残念な点は一つ一つのロードが長いこと。データインストールに対応していないのでディスクからひたすら読み込んでいるのだが、最近必死にディスクが読み込んでいる音聞いたゲームをプレイしてなかったからちょっと心配になるよ(苦笑)。また弾き終わった後の曲のリトライ時にもロードが発生するのも残念。パッチで対応してもらえると助かるな。あともう一点はフリーズが多いこと。リトライ時やミニゲーム終了時に遭遇することが多くてやる気が殺がれる。こちらはできるだけ早くパッチ対応してほしい。

また海外のゲームなので現時点ではプレイできる楽曲がパッケージ版とダウンロードコンテンツを含め洋楽のみなところも惜しい。もっとたくさんの人に触れてほしいと思うので、邦楽のダウンロードコンテンツ・・・できればパッケージ版も出してほしいね。

最後に本作は特に初心者がギターを弾くのに向いているゲームだと思う。文字通りギターの練習をゲーム感覚で楽しめるソフト。私(初心者)がコピー曲を弾くうえで経験上挫折してしまった原因といえば、どの音を弾けばいいかわからなくて音を探しているうちに何を弾いているのかがわからなくなることや曲に合わせて弾こうとすると早すぎてついていけないことが多かった。その点曲を流しながらこの場所を押さえればいいんだよと教えてくれる本作はとても親切。*4家にギターはあるけれど、良くてインテリアと化している方には是非ともプレイしていただきたい作品。ノルマ達成へのモチベーション維持といった観点においてトロフィーシステムとも相性がいいしね。

*1チューナーは曲を弾く前に必ず出てくるので無くても構わない

*2:ベースモードはギターでエミュレーションすることができるのでギターでもプレイ可

*3:逆に弾き語りでよく使われる複数の弦を押さえるコードの類は一気に押さえる場所が迫ってくるので慣れが必要

*4:上手な人は本作なくてもふつうに弾けるしね(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/oldsence/20121224

2012-12-16

Vita グラビティデイズ

| 17:52

GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動

Vitaならではの機能に良い点と悪い点

Vitaのタイトルの中でも各所から絶賛されている本作。せっかくVitaを購入したのだし、Vitaならではのタイトルをプレイしたいなと思ったので私も購入することにした。

ストーリーはゲーム中で重力姫と呼ばれるキトゥンと重力制御の力を持った猫のダスティが、人助けを行っていくオープンワールドアクションゲームだ。私がプレイした中だとインファマスのような感じ。そしてミッション制でストーリーを進めていくメインミッションとタイムアタックのようなミニゲームができるチャレンジミッションで構成されている。

特徴といえばタイトルにもある通り重力制御。TPSによくあるターゲットサイトを動かして目標を決めると決めた方向が地表となり落ちていく。パッケージの表紙にもあるが、家の壁に向かってターゲットを定めると壁が地面になるというしくみ。空に向かって重力制御すると飛んでいるように見えるけど(笑)。でもいいアイディアだよね。こういった体験は他のゲームではなかなかお目にかかれない。

またVitaならではの機能で特に好感を持ったのは、重力制御を行うとき右スティックだけでなくジャイロ機能によりVita本体を傾けることでターゲットサイトを動かすことができること。想像していたより直感的に操作できるので結構多用する機能となった。回避アクションはレベル上げて回避連発しているとずっと無敵状態*1だと気付くのがもう少し早ければもっと有効活用できていたのに(苦笑)。とまあ現時点でもVitaならではの機能を使ったゲームといえば本タイトルが真っ先に出てくるのではないかな。

ただそのVitaならではの機能が私にとって仇となった。先ほど絶賛したジャイロ機能、画面に集中して見ているところで画面を動かすのだから目がものすごく疲れる。極力使わないようにしようとするにも機能自体はすごく便利なので切羽詰ると封印するのは無理。目の疲れから2、30分で集中力が切れるので結局1日1ミッションクリアで終了といった感じになってしまった。

あと不満点でいえばチャレンジミッションでのロード時間。リトライするときが長いのは残念だった。そしてチャレンジ中にリトライできないこと。コースアウトなどをした時点でミッションの最初からやり直すことができない。先の目が疲れやすいのとこの二点でチャレンジミッションのコンプリートはあきらめた。これが出来ればプラチナトロフィーだったんだけどね。この辺は続編が出るというならばぜひとも改善してほしいところ。

とまあ不満点はあるものの(目の疲れに関してはもうどうしようもないけれど)Vitaならではのゲームをプレイしたいという思いを持っている人には試してみる価値あるんじゃないかと思わせる作品だった。オープンワールドのアクションゲームといえば海外のゲームばっかり名前が浮かんでくるのだけど、日本のゲーム会社からこういったタイトルが出てきたのはとても良いことだ。私のように目の疲れを気にする人にはちょっと厳しいかもしれないが、そこのところが問題ない方は是非。

*1:空に浮かんでいても使える

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/oldsence/20121216