Hatena::ブログ(Diary)

感性の衰えた大人

2012-11-21

まだ感想書いていないゲームの簡単な感想シリーズ1

| 22:02

ご無沙汰です。今年はほとんど更新できませんでしたけれど、せめて私のGOTYくらいはやろうかなと思っています。ということで今後の更新で簡単な感想を書ければいいかなと。

PS3 キャサリン

キャサリン(特典なし) - PS3

twitterでも過去にちょこちょこ感想は書いていたのだけれど、このゲームは非常に私に合ったゲームだった。アクションパートのパズルが本当に楽しい。ルール自体はシンプルに上に上がっていくゲームでどのブロックを動かして上がっていくか考えるところがはまった。特に良い評価を得るためには一定時間のうちに上の段に上がっていかなければならないので、いかに2手3手先の動きも死にながら少しずつ覚える。だからクリアしたときめちゃくちゃ気持ちいいな。自然とガッツポーズ出るもの(笑)

難易度は評判通り難しめだと思った。一度プレイしてルールを一通り理解してからNORMALに挑戦くらいでちょうどいい難易度かな。最初の難易度選択に記述されている通り、EASYまたはアップデートで追加されたさらに簡単なモードでまずルールを覚えることをお勧めする。

ストーリーも浮気が話題となったゲーム自体ほぼプレイしたことがなかったのもあって新鮮で楽しめた。話の結末は非現実的ではあるけれどこういうのもいいね。

またBGMも概ねゲームの雰囲気に合っていて良かった(ただしバベルは除く)。特にアクションパートはクラシック曲のアレンジなんだけど、すごくフィットしててプレイしていた当時は良く口ずさんでいたよ。(ただしバベルを除く)

一つ一つのロード時間の長さは気になったが、このゲームはいいね!アトラスのゲームを初めてプレイしたけど、いい印象。以降のタイトルも注目してみようと思う。

PSP 街

SEGA THE BEST 街 ~運命の交差点~ 特別篇 - PSP

街といって印象に残っていることといえば、ファミ通で随分とプッシュされてた作品だということ。当時は縁がなかったけれど428でこういったゲームもいいなと思えたし、上記の印象があったので試してみることにした。

内容としては428と同様実写を使った選択肢ありのテキストアドベンチャー。ただ元が15年前のゲームなので登場人物達がとても時代を感じる格好で気になってしょうがない(苦笑)。当時プレイした人なら思い出補正でそこそこいけるかなとは思ったが、未プレイの私にとっては意外とプレイするのに抵抗を感じた。428もあと5年くらいすると時代からズレた感が出てくるだろうから、気になる人は早いうちにプレイしたほうがいいと思うよ!

システム面でいえばほぼ428と同じ感覚でプレイでき、すでにこの時代に完成されていたのだなと思った。欲をいえば既読だけでも早送りできればなとは思ったが、10分間隔でシーンジャンプ機能があるのでシステム面でストレスを感じることはあまりなかった。

ストーリーで印象に残ったのは七曜会。人の弱みをばらすぞといって脅すストーリーなんだけど、なんかあんまりドロドロとした雰囲気でもない妙な感覚が面白かった。

今の時代にプレイすることをお勧めできるかは上記の時代遅れ感に抵抗がなければというところかな。428を楽しめた人ならば楽しめるとは思う。

最後にプレイしている途中でVitaを購入したのでせめてVitaの互換機能でちょっと綺麗に補正してくれるかなと期待したのだが、Vitaでの互換プレイは公式にはサポートされていなかった*1。私は一通りプレイして満足したが、今後プレイされる人のためにも早く対応していただけることを期待したいね。

*1:現在でもサポートされていない模様

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/oldsence/20121121/1353502942