二乗千年

 

2017-04-27

そこら中花柄に凧々あがれ

千切った紙の断面の無数の爪を剥がす

裸足でいるのが怖い黒いゼラチンの昼

ガラスの破片は薄く大樹を押し来る音

鈍痛のラッパから棘のあるホース

膣然と熟女満たせば皆丸刈り

疾風が運んだスペアキーだが手袋だけでは

五感に時雨が撥ね図形の辺さえ過ぎゆく

魚類の断面色失い港を装う

塩レンガ区に消息あり積んでは戻し

バレーの滞空香る首都に陥落の危機

第五斜線に笑顔錆びて通じる電話

肉を埋めればコロッケみたいだよ草原

押し黙る一度を縫うとは鳥の末路

朱塗りの和をザリガニが食う驕り久しく

おとめ座銀河団型脳漿澄み渡る

砂塵と川一縷に貴族の目紫

行き止まりに朽ち果て無地の屏風残す

食用蛙に鉛筆当て鳴き真似の類い

ノートを野と音に分け象の鼻は長い

指紋で嬲るガラスのカレンダーの翌月

水を吸う高齢者の背丈を這う皺

日々と木々がすり替わる虎の威に毒され

橋をくぐり迸るコバルトポルノ

大麻畑の静かな晩餐日誌焼く

狐の業が降る溝へ凄まじく住む

爆風の幽霊磨く輪廻の溝

刑区の賽の目を凝らし夜霧のラミアへ

穴のない嗅覚コラム切り抜いても

雪渓に面反射する渡し守

二日後に柚子切り落とす印は菱形

見覚えが浮き輪を洗う焦土へと

生爪を茶渋で濁す鶴の媚態

高麗人参束ねる腕時計はデジタル

パンカレーの待つ小屋墓を毟りつつ

鈴の音鈴自体を吊り分厚い噴煙に戸

園とろけて豚という推測が立つ

白紙に一滴コーヒー染みて届く胎教

舌の根まで青き観光絵図繚乱

灼熱を断つフクロウの心わずか

光よ光この世の椰子柔らかく無害

芯の一部遠ざかり練る銀の河

シンナー擬態する黴・音符・黴

岬で木馬揺れているさよならの代わりに

フラスコの銀ひやひやと爪を伸ばす

首のない犬に吠えたくなる湿地

らくがき帳を悪鬼はみ出す難燃性

蝶の位相代わる代わる割腹を乱す

罵声幽か空雲山大地どん底

青褪せてくっきり人さらいに揺られていた

どの街路樹も稲妻のコピー石化せよ

星の肌蹴り破る光より速く

概して花は咲くのだろうぐしゃぐしゃの告知

傍受息苦しく盲点華々しく飾られ

肥えて髭もじゃの金歯にニンフうつし世の果て

村雨に箸を止めシート式出棺

爆殺が金環結ぶ庵の責

コーヒーこぼした黒い腕力だ盆地へ国へ

さも息づくように見せかけ巨石のフーガ

櫛で揃う身寄りも日和もない白髪

空き家繋ぐモールス信号聞くために

死後もなお十年毎に工具類

御大のっしと陸に売春して息む

雌の自覚魚捌くとき目玉残す

茎若く祭司の思春期先走る

鉄と鉄分交換し鉄橋に海

遠巻きにリボン捩れて左利き

帝亡き砂漠を噛むオフィスチェアのキャスター

白々と若いトマトに教会建つ

湿る目が和紙を見ている蛹の中

苦み合う四つ葉に綺麗な火の手回す

肉を貸す黒毛の一族とは知らず

ガラス詰めたバケツ置く名はエレベーター

サロン潔癖ぶつほど濁る唾額装され

田明かりへ空気を発語する蛙

膨張する星の地平に霧幾何学

思念大暴れに無層演じ樹上の枝垂れ蛸

掘っても地は逃れ得ず門の一部ということ

絵を書き窓を打つ同じだ毎日が印刷

絶唱終えて夜会服脱ぐ三半規管

鳥の破裂前線北上カフェ閉ざされ

行く手阻むざらざらは祖父だ布団があるから

徹底的に晩節汚す蜂のヘドロ

人形飛躍する落差の空酢に漬け込む

海の色はなんですかニコリともせずナジャ

建てられた素焼きの丸い腹ぶらり

鹿逆走畏れ多くも人生を

フッ素吐きトントンツー鬱病です鬱病です

広場にただひとつ長細くあれベンチ

皮膚の皺に舞いの痕跡杖奪う

祖霊迷うサッカー放送する山奥

自我だったら流れるだろう嘆く形の岩

酸育む緑豊かな湖水地方

押しピンで支流つねる全妊娠者

人間十八十九の頃黒ずくめで失脚

焼けば掛け軸太政大臣の鼻くすぐる

老衰とは天衣無縫ゲラゲラその他

生きながら血垂れ帯抜く覚めない夢

優しいビルの空に鞠弾み図画も病むのね

美人は虚の壺に角があるとき生える

2016-12-30

不断の旅行いつ生け花の気は済むのか

斧を頭へ夜明けのビームのパーティーだ

漆黒無限言行不一致里帰り

宇宙・空中の語弊にロミオという装置

眼も裸に葡萄の実と艶めき合う俘虜

明滅する欠片の数億倍の理系

拡大されたメビウス一家無心の脈

脳にきらきらした髪そこ右に曲がって

巣へ砂を運ぶ蜂まざまざと生きて

誰かがわたしの背中を崖からはピアノ

獄外に金文字孕む食人

リヴァイアサン剥くと椋鳥にまさか群れか

日溜まりに笊なき他流試合の甥

男神宿る糠ぶちまけ借家の時報

水だけではプールとは呼べぬ鉋の中

骨も外も白いはず車輪付きパンダ

世にも軽やかな音して広く問うトースト

殿は池を渡るクレヨンで描かれつつ

買うと増える靴べら近くするために

異端の呼吸浅く除名されトカゲとしても

人間根絶した行列移ろう玉虫

肉の会幾重に開く派手な種

愛ぬるく無言無釈迦の麺飛び散る

作務衣南北に引く耕運機畦に裸体

夕冷めた街を握れば沼に脈

薄い頬に長い舌透けて子種の皿

老婆の皮雪原においたわしやと震える

銅の光先生もおかわりなく殴る

夭折その響きで押す暗がりの振り子

行き来自由頭文字は絵だ真っ赤な壁だ

熱の揺らぐ椅子の断絶期にグッピー

海却下して踊る屹立の寮母

軋み風の寒暖をどこまでも毛艶

絵付け師筆引き攣らせ友にならず歯を見せ

離れから合図の髭が伸びている

鏡の舞台に天命ジグザグ兜を脱ぐ

声がする木暗さしかと立方体

袋ふたつ中身は無人平方根

熱でぬいぐるみ弾けバス傾く陰の発語

下流全域人影一欠字十七

温床に多脚の鳩湧き森癒す

着衣破く部族の鍋は未知の鉄

街は怪獣の抜け殻常に壊れている

救いの気球に吊り下げろという無言の肺

巨蝶射す生首にも宴の帳

祖霊を待つ農奴見知らぬ藍連れて

焼いた筆で描く濁る書庫の足りている罅

首をさする電車我がドラキュラの滅び

花群れるごとくぼんやり太る鳩

剥き身の包丁近所に真っ平らに突っ立つ

緻密な昆虫とは計画午後六時二分

また孕むか割り箸割る音吸う袋

街宣車シュレディンガーの猫も無言

一夜は下衆のために証として歌留多

虹炙る野火にゲラゲラ笑いの燕

地割れが噴く紙二重の色した宇宙

日溜まりの器物損壊して奏でる

眼差しは果汁次から次へ皿

泥絵の奥塩貯めて樽の天横這い

人体真紅の出来映えビニールハウス無毛

イルカ斜視に紛れて刺身となる匂い

蟹を焼くいつか巨人が倒れるまで

暴れる男の肉体に星空の気配

白く時化よと警棒で打つミシンの春

十字蝋にあやつら操られて褥

想像上の脳も思う中間地点

焼き畑に家老の分厚い裸騒ぐ

出任せに黄昏よりも昏い児童

松そこへ武術究めて二色刷り

麓百回捏ねてその都度不敵な粘山

リンリン縛る泉の緑の炎の林

太陽系回転を忌む異境の馬群

病臥膨らみモマ飛ぶ虚空へおもちゃのチャチャチャ

往復ビンタで問う川面に否、否と化身

宝刀芯を抜かれ金銀の空模様

波は塵として似つかわしく墓の流線

砂糖よ顎を撫ぜも爆ぜもせよ狐に代え

他人であり歯型を持つ風前の自我

六畳一間恥部は完全なる球体

自転車自転車ぼく自転車おいしいガム噛む

うお座の暴力には乳白の真心あり

縄跳び垂れる鏡に硬直した供養

墓の母と呼ばれてスーツ干せば棒立ち

頭蓋裏の署名にて月読を恋う

お襞様しゃなりしゃなり癌撒き散らす

クジラ暮らすパラオの東に砂明かり

胸ひらく舌禍に古代都市を見て

春の山へ行く同語反復しながら

ボールのどこが裏かただあり従フと

鬼婆も傘を差す砂利過多なる世

ゴミ歌留多鉄粉でまた来ましたと霊が

欠損主義手探りに街のハイバネーション

雨中没するまでフラメンコレコード回る

紐状遊具谺せず山にもう一台

首長族の夜這いに揺れ果樹らも慟哭

窒息ブロックまたの名を段差果てしなく

こけしで突く天体どちらもぼくの手を離れ

窓の外へ巨乳図画貼る宿の水

桃を削り狂うべき鷲の追いよう海に

歯牙ねぶる串刺公の滅びた舌

2016-11-30

固く結んだ紐で妃を塗るだろう

神経切れて数珠飛び散る木を抜けても国

童話の泥に赤青犇めくのか菱めくのか

狐を売り無傷の玉をバザーで買う

さもありなん粘液忍ぶ西部劇

カトマンズの空に柳のずれてある

里思う筒に備えの蝋流す

海苔お盆に家族ならばと敷き詰める

この世の石一度に見る死後は雷

血縁の境にシート状の霊

初夏の恨み半分ほどは金魚泳ぐ

光とげとげに書いてにやにやと迫る店長

センターから濁音解さぬ監視蝶

ランタン崖に投げゆっくりおやすみと言う

霧にロシアの文豪塗れてナタ百本

心深く主人の違う暖炉の奥

何がおかしいじゃれてダメにした藁人形

マンションからレシート点線を残して

肉の匂いがしてただそれきり包まれる家

刑の執行あり傘に噎せ返る廊下

家も電柱もみんな突き出る影としての迫り

風冴えて死んだカラスをつけ回す

村光る虎の胃に虎児閃かせ

筏は空虚の広さをしている漂わず

絵皿にスカンク震えて少しずつ馴染む

花わずらい土剥き出しに笑う膝

藪に語弊ありひっそりと途絶えた肉

泡消えろ消えろと打つ鬱血した足

和紙光るが天ではない森深く白髪

書き写すノイズ平行四辺形

だんだん叩く音短冊を焼く鳥だよ

新聞開く輪をくぐるクラクフにいる

床に散った水滴にチップ埋め込む宇宙

予報受けて押さえる頬も流れよ雲

夏二度来て泉に沈むアルマジロ

湾揺する嘆きが風の実を目指す

集めて炊く蛙の微塵と思う微塵

息ひと筋窓はほのぼの外を呑む

砂に浸かるシルクハットへしなる夜道

肖像画の陰に花びらを散らす切っ先

遠縁吐瀉宿すべき赤みのみめり込む

粉の治世常にすえ充満する空位

液覆う静電気なお凍てつく春

肋骨擦れているような古書引き抜くとき

浴槽に靴を預かる四面楚歌

無辺なる狐が在り方だった去ね

留め具なしの打診見ている来るべき窓

漫ろに本撮って薄くしかさばる風

触れゆく気の地層と見えてバス停まる

藻屑踊るあわれ人には戻れぬほど

柱にわたしの指が揃う日レンジは開く

手袋轢かれて轢かれて山の緑の谺

山肌千々に窪み湯気悶え清水に歯列

折れば三角になる紙ぼくも星座に学ぼう

撃沈を雲にして聞く深い椅子

逆再生の湖に花開く吠えて

休みなく低いビル群の影は殴りに

指紋照らす画面空気吸うシーンで停止

いつ絡みいつ眠る蔦睫毛と消え

床に弾む米次は耳たぶの群れ

匙型の島で掬えぬ車掌の胸

プラスチックの断面を置く定時まで

閉じたドアに螺旋を探しているという手話

売人花を摘む前途に土削る舟

黙祷研ぎ澄ませば遥かにヒヒの共食い

慕情砕く滝に剥離紙継ぎ足して

ひとりひとり背筋を伝う時計台

川囁く寺院からの絶え間ない叫び

素焼きの枝接ぎ故郷より遠くマグ

墓も素朴もただ突起しているクリーム

白日に楕円と見え繊維質の怠り

首長来て寝袋に詰まる精肉店

犬の背の乱れよう僻む老蛇の中

しばらくのひと耐えがたく佇む地理

氷解けて無の上下にパースを設ける

星よりも鳥たち鳥同士の衝突

宮殿継ぎ目なく積む時間を滅ぼすため

縁側に人喰いチャクラ閉じている

ブランコ漕ぐ宵へ小石を吸う国へ

なくてもいい鉢に竿笑みそびれている

手と家の距離うちそとの区別なく

逃げ場のない模擬の過密に花が見える

後光に倦む雲の中からヘリの音

毛の束を飲みなお崖はカルバドス

ひとの唇絞る緑のスライム詰め

ポケットの月を叩くんじゃなかったビスケット食う

くすみたい遠く静かな凧揚げ

仮面を零れぬよう凝固した者よ踊れ

庭で過ごす拡声された死後のミサ

光にへつらうとき終焉の象現る

署名のペンかたや吹き飛ばす工場の扉

穢れ木立と互いに見透かす踵に泥

ブザー弱々しく紀元前おもう

あらかじめ産毛に満ちているドレス

音色して悪しき野に駆る死出の柿

蛾の轟く眠りに卑劣な旗ひらひら

いずれくべる薪を娘の名に落とす

朱飛び交う仏滅今は花盛り

川面に断つ人を殺して乾く脛

渦巻かなければ通れるのに意のままの笛も

2016-08-24

小屋クレヨンに恥じらい示す老朽化

テープ引きずり出す手パナマの路地から握られ

日陰強く束子が布団を抉る病

油絵の内外に痛ましく甲冑

器物よ我ここに降る古銭の在り方

閉じた片目の方から声マンホールに舌

香り野いちご摘むかも橋の設計

犬の汚れた歯の色は移ろう悪意

薪しなり頃合い清らかに腕押す

永眠のガラスを本に挟む駅

猿が牛をまさぐるカーブに灰さす形状

崖かもしれない親はヨーグルトに子は朗らかに

日をまたぐ延ばした壁画の青に蒸れ

文字を入れる袋を孕むがごとく持つ

ガス吸った四角い目で燃えるドアノブ

花散るも骨折るも音ひとつの庭

行く先も知らぬ刀の背に時雨

星空の下は体内数万の液

崖を削りミキサーで砕く抱くために

風船は虚ろと虚ろが引き合い飛ぶ

休耕地に猿の肉撒き豆の春

笑う愚図の背丈に隠し切れぬ木棺

企画さけてヒヤリとする沢へと蟻たち

世界中のひとに糸を改めて雨

冷えたシャドー介在し雨に乳を晒す

霊感消える日に日に星の名を覚えて

食用蛙の皮膚引き剥がす大きな木

門出寒く掘り炬燵から米が湧く

閉じたビニール傘に黒々略された字

星までの空を固めてラッパで吹く

笑う軍人の歯は透明書き殴りたい

夢に見た道という嘘進んでみる

狂牛分断貴族の机の脚も四ツ

婦人の指は十本獄中ひしゃげまた輝き

豚と猿の木に僻地からせせら笑い

ありとあらゆる死別の屋根に梯子渡す

もらい蛾肌に沈み紺色好みの痕

身悶え楽しくなるおまじないにこりともせず

口をつけば真珠の首不意に縛るハム

人形の箱と間違えて墓を汚す

目玉プカプカポタージュ通りと名付けられ

障子戸で小雨と分かつ先天性

「猿が」とのみある手紙に枝らしき異物

箔の舟塵の旅客互いに相槌

アワビ捕りに行く男ら自転車の限り

袖あまり宙返りする首を絞める

老い先短く鋭くこの世の芝を刈る

野菜室に笑いかけたまま凍る肉

舌に残る辛さから双眼鏡抜く

青濁る変遷に土いたぶる牛

檻の事件直線だけ走り書きする

受話器があるやがて孤独と知る歓喜

夜毎回覧する本当に知らない缶

時計の死角にねじる海苔過去の蛾に生まれる

むせび泣く余生にボール転がり来る

祖父の腕を振る隣国で粉となり

訳せば惑う星となりラジオの口真似

肘と膝を寄せる電気で光る部屋

溶けた舌の流れて野菜を蒸す蒸気

彼との距離が均等にこの世は球なのか

廃ビルへまっすぐ振り下ろされ着いた

呑まれかけた少女の脚その巨大を連れゆく

影のめりに類推の札乱れを漉く

息見えて溺れ月夜だまだ落ちる

愚かと正しい茶が沸けば地下の喉無限

数多引く手の忌むべき根はひとりの眠り手

電極から逃げおおせたやな虫の味

意識に実際より滑る川面その世こそ生きろ

持ち主と血走る箱妄りに受胎す

老人から入れ歯を抜く命の代わりに

おのれおのれと消印を嗅ぐ箸の作法

お冷置く濡れ手に梅突き破ってくる

吊り橋切れて風まかせにまた十時が来た

橋の真下に堆く真緑の母体

手段を感染にとる躊躇い蛸の触手に

筆に牛乳漬けて冷蔵庫形の煙

朝昼晩の六音書き付け空き家の怪

仮縫いの千年先の鍾乳洞

山くすみ金魚は岩を見つめていた

一矢の穴に集う呪文箇条書きの円

遺児とモスク境目なく塗り固める雨

花も乱れてこの春陵辱されシーツ

費用の縁輝き鉄の如き老ける如き

微睡みも交差で生じた暗い壁

魔界クワガタしとどに濡れ手紙という舌

曲無限に古い木靴を押し流す

感情数え終わり潮騒が近くなる

金の矢銀の矢降るともなく墓石を壊した

過去のまだ見つからない星の光を浴びたんぽぽ

数多の椅子の脚数珠つなぎに身を引く陣

懐炉・隠れ家ともに薄く食パンで磨く

卵は他人の家にも割れこけしの疼き

蛇飼いのカルテに月の霜が降る

またねと振る手が沸点を超えて咲く

優美に潤んだ目も星同じ空をキリン

軒端此方宇宙を養育する長毛

一日と幾日は一字違いの猶予

口に綿を詰めて隔たる眩しい季節

声枯れてもヒリヒリするほど従う灰

室内の橋を聞くべき亀裂へ渡る

2016-07-09

バトン転がりやすく冷酷なる港へ

他人が卒園する音で寝る乳児の熱

梅抉り深夜に辿り着く義足

岩が鱗を纏い漠然と猫撫でる

(ここから2013年)

人体に同じ目玉喜びを助けてくれ

火花散る落馬もある法師の甘い罠

未明の雪静かに駆逐艦彷徨う

ナイター延長万年筆から鳥の死骸

神社の柱を紙袋に除け立つ厳かに

ウズミズタマと書けば総毛立つ渦と水玉

心電図を隠す大王の椅子きれい

柔らかな天井過不足ないぼくになろう

早熟なる頸動脈霊験あらたか

地球の地平に肉食極まる月面都市

樹形にカラフルに後頭部に侵略響く

水枯れて教区に茨の灰を撒く

過ぎた季節を歯で擦る子音ばかりが・かりが

この世に紙とペンがあれば正しい図形を書く

夜空にぽっかり足開く馬の記憶の扇

噴煙盛ん靴がここからなくなっている

水滴は孵化の確証生い茂る

魚殺す食うために母国見るために

花売りの籠は戦略的悲鳴

島を島たらしめる水あるいは曲

鉄管の内に貼り付く皮膚の老い

不審火を追って野原に身を焦がす

林檎熟せよただ偉人去るこころ澄んで

脱穀香り黒くまつわる近隣

海嘯へ神輿が見えないほど鈴付け

画鋲ケースの分遠回りして岬へ

青春ざくろみたく口閉じ朽ちるも初雪

黒板に字を書く沈むより早く

目を押すとピアノが鳴りただ恥じている

凍る辞書のページを示す大星雲

轟きながら死ぬ老人を巣にする蜂

鳥も吠えることがある山林の煙

チョークで囲むと塗りたくなる遺品のピアノ

地の果てに砂糖狂いの女裂けて

仏頂面を見に来た間男五体に足りず

点線で死罪の弥生人を示す

穏やかな風にけん玉を捨てていく

鏡のない都市に腹違いがうようよ

車輪が動くひとりでに我らも働く

回想の鈴に触れ光と呼ばれた裸婦

万力みたいな夜すり抜けてパン買いに

コウモリの腹を裂き同意もなく潮騒

吊り橋の裏は甘い来世は翼を

スプーンは冷たい海の白い舟

完全な輪を持ち助けに来る老婆

放送設備にチーズ染み込むピアノ弾く

柔肌と肉結びつく水琴窟

外された首輪に少しめり込む地球

酢の置き場所定まりなく彷徨う根を呼ぶ

白鳥の帰りを待つ快楽主義者

海で口を洗うどこへもきれいな口で行く

ぼくをシャベルにしてくれという遺書も吊るす

片手鍋に指を見せている昼は明るい

雑居ビルに衝突して梅ばかり描く

張り裂ける網を漆の舌で舐める

まな板につがいの春は吹き寄せる

登場の杭の中には涙の日

煮えて或る形相に波打てば旗

孤島浮く砂に時計があるように

幻に花を賄うべき猶予

夕方は張り付いている凍えて

陸上生活二日目旅行しないルーペ

死に際に光る金魚を飯に盛る

焼け出され街の灯りが石つぶて

幾度も塀を緑に染める雨

池に水を足す首は椰子の木に似ている

ヘリ墜落断層鮮やかなる雨乞い

火の円を数珠にし菱型障子の水辺

バッタ放つ身体は風に脆く詩型

記憶の曜日に補助輪千対あり動かず

磁気テープの発音だけで満ちる踊り

密室が別室になる花瓶のドア

手紙で届く涙ロンドンには唾液

蜜柑しゃぶれば骨が見える家族なんだね

百年かけて閉廷しているその度夕日

本棚に本一冊石臼の音

不随ではない半身も告げている

触媒と森を隔てる湿気た帯

鬼蹴散らす土中の笛は地下洞窟

得手も嗜虐に花セメントを掻く動作

泥長の靴ニイハオと鳴くぞ潜る

菊に雲の黄色槍の赤知れ渡る

門下漏れば枕に首なめる徒弟ら

目眩ましに手を引く重い球の自我

フィルムに無名の母子ビルからは鮮やかな毛

猿は絶滅してわさびで舌を馴染ます

葉も翳りに通夜をかすめて蟻だんご

水は水のままちくわをわたしは暮らしを

子供の夢ははぐれて落ちるフラフープ

食べる前に触れる優しい多毛な叔母

蓮を結び坊主の聾を漂う茎

北端の岬にマスク女の目玉

泥塞ぐ恐竜さんクッキーの箱

土管で受け取る花束から昆布の味わい

波紋で作る大きな目は病にうなされ

すり身光る青く歩行者たち避けて

 

二乗千年はoldsoupことkkshowこと黒川ロカ(昔から)書いている川柳です。