福祉住環境コーディネーター試験は絶対に合格できる

2010-07-27

福祉住環境コーディネーター試験の勉強方法 テキストでの勉強3割、過去問7割の配分で

| 11:14

今日も福祉住環境コーディネーター試験の勉強法について、簡単に紹介します。

今日は、「テキストでの勉強3割、過去問7割の配分で勉強しよう」という話です。

どの資格試験にも言えることですが、過去問の勉強は大切です。

もちろん、次の試験で過去問と同じ問題が出るということはありませんが、試験問題を作成する試験委員も、過去問を参考にしながら、新しい問題を作っています。

例えば、過去問に関連のある論点を次の試験で出すというのが、一般的な出題方法です。

数年分の過去問を見比べてみれば、同じ論点が繰り返し出題されていることに気づくと思います。

予備校などでは、過去の過去問を比較して、繰り返し出題されていることを中心に、テキストを作成したり、講座を開講したりしているわけです。

資格試験の勉強を始める時は、まず、テキストを読んだり、講座を利用すると思いますが、テキストを読んだり、講座を受けただけで合格できるようになるわけではありません。

テキストや講座は、試験を受けるために必要な知識をインプットするために利用するものです。

テキストを読んだり、講座を受ければ、知識は、身につきます。

しかし、それだけでは、試験に合格できません。

その知識を生かして、過去問を解いていくという練習をやらなければならないからです。

過去問の勉強で重要なことは、単に過去問を解いていくというだけではなくて



続きを読む

Connection: close