Hatena::ブログ(Diary)

相撲と北海道とIT系の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード

アンテナ | ■ カテゴリー選択: 相撲 | 北海道 | IT系 | その他 | 全部
本・CD・DVDなど
  • クッキングパパ(99) (モーニング KC)
  • PEAKS(ピークス) 2016年 02 月号 [雑誌]
  • Rikishi
  • もやしもん(1) (イブニングKC)
  • もやしもん(2) (イブニングKC)
  • 修羅の刻(15) (講談社コミックス月刊マガジン)
  • 雷電為右衛門 (SPコミックス)
  • 仕掛人藤枝梅安 4 (SPコミックス)
  • 桃色の若き巨人たち―大相撲昭和55年度初土俵組
  • 待ったなし人生―旭道山和泰自伝

2008-02-03

博多中洲ぢどり屋 野田阪神店

[相撲] 元幕下力士、瀧ノ音のぢどり屋さん

引退したのが2005年名古屋場所なので、もう2年半が過ぎたことになる。その後、長野東京料理屋さんで修行し、昨年9月、念願の大阪にお店を開くことができた。店には、顔ぶれ言上(中入りに立行司が翌日の取組みを紹介するアレ)で使われたと思われる力士名を書いたものが、これでもか!という感じで張り巡らされている。店内はカウンターが6−7席、奥にテーブル席が大小二つあり、それぞれ10名と4名程度が座れる。


f:id:omochikun:20071026204940j:image:w300,right

いわゆる「焼き鳥屋」とは違う「ぢどり屋」であり、串を刺していない鳥料理が自慢だ。特に「ゆびき」や「たたき」などの、「ぢどり」ならではの料理を味わってみたい。希望によっては、チャンコ料理にも応じてくれるそうなので、本物のちゃんこ鍋を食べてみたい方は、一度相談してみてはいかがであろうか。

まもなく始まる大阪場所では、近くの宿舎から伊勢ノ海部屋力士達が集まってくるだろうから、お店の中の雰囲気は相撲部屋な感じになるかもしれない。そんな独特な雰囲気の中で「ぢどり」を食べられる店は、この店の他には見当たらない。


◆瀧ノ音関連コンテンツ

 瀧ノ音引退…id:omochikun:20050724:p2向こうのページ

 長野修行中の瀧ノ音…id:omochikun:20051106:p1

◆博多中洲ぢどり屋 野田阪神店 携帯用ページ

 大阪市福島区大開1-15-24

 ※近くに、薩摩のぢどり屋があるので、間違えないように注意!