Hatena::ブログ(Diary)

相撲と北海道とIT系の覚え書き このページをアンテナに追加 RSSフィード

アンテナ | ■ カテゴリー選択: 相撲 | 北海道 | IT系 | その他 | 全部
本・CD・DVDなど
  • クッキングパパ(99) (モーニング KC)
  • PEAKS(ピークス) 2016年 02 月号 [雑誌]
  • Rikishi
  • もやしもん(1) (イブニングKC)
  • もやしもん(2) (イブニングKC)
  • 修羅の刻(15) (講談社コミックス月刊マガジン)
  • 雷電為右衛門 (SPコミックス)
  • 仕掛人藤枝梅安 4 (SPコミックス)
  • 桃色の若き巨人たち―大相撲昭和55年度初土俵組
  • 待ったなし人生―旭道山和泰自伝

2008-03-29 木村庄之助

朝青龍から木村庄之助へ花束

木村庄之助の引退場所

1週間ほど遅くなりましたが、大阪場所に行って来ましたので、ご報告。

大阪場所は、第34代木村庄之助(=第37代式守伊之助=第11代式守与太夫本名伊藤勝治)さんの定年場所です。4月21日に定年の65歳を迎えるということなので本場所の土俵は最後になります。しかも千秋楽横綱同士の相星決戦ということもあり、優勝決定戦の可能性も無くなっておりました。

千秋楽結びの一番は、攻め急いだ白鵬の左下手を、朝青龍が小手に巻いて大きく振って土俵下に投げ落としました。なんとなくあっさりとした印象を受けましたが、先輩横綱の意地が垣間見えた一番でした。

「万が一、難しい一番になって刺し違えでもしたらどうしよう、と思って見ていた」とは、伊勢ノ海親方。千秋楽パーティーのご挨拶の中で述べていました。今は竹光とはいえ、短刀を腰に差して土俵に上っていますし、進退伺いもきちんと準備しているそうなので、その心配も当然のことなのかもしれません。「はっきり勝負の分かる相撲だったので、ほっとした」と言われ、一同納得。

さて、ほとんど報道されていないようですが、優勝した横綱朝青龍より木村庄之助親方*1に対して花束と懸賞金が贈られておりました。31代(でしたかねぇ?)木村庄之助の定年場所の時には、千秋楽結びの一番後に、花道の奥で懸賞金の束から何枚か抜き出した朝青龍が、その場で庄之助親方に手渡す場面がバッチリNHKの中継で放映されて話題になっていました。ただ、その後はあまり報道されていないようです。

f:id:omochikun:20080323190748j:image:right

というわけで、写真朝青龍から庄之助親方に贈られた花束と懸賞金です。ようやくほころび始めた桜の小枝でできた花束ですね。一年でこの時期だけしか見られないものなのかもしれません。

さて、お誕生日までまだ少し間がある庄之助さんですが、春巡業をどうされるのかが、若干気になるところ。人によって、場所後の巡業を担当された方もいれば、巡業から次の庄之助さんに譲ってしまった方もいらっしゃったようです。希望としては巡業でも庄之助を務めて、春の靖国神社の奉納相撲でも姿を見せて欲しいなぁと思っています。

行司装束

そういえば、木村庄之助さんが千秋楽結びの一番で身に着けていた装束は、式守伊之助襲名時に後援者から贈られたものでした(id:omochikun:20060603)。総紫の菊綴は立行司木村庄之助のしるし(id:omochikun:20080402)です。たくさん装束をお持ちとのことですが、木村庄之助さんは全てを後輩達に譲ってご自身のお手元には残しておかないそうです。というのは、装束というものは、しまっておいても文字通り「死蔵」するだけで、「生かす」ためには着て使ってもらわないといけない、とお考えになっているからだそうです。

何かを価値に変えるためにはどうすればいいか?という観点で、とても参考になる考え方です。

力士のぼり

今まで贈った力士幟:

id:omochikun:20060909:p1…36代伊之助さん江 電脳有志一同与利、

id:omochikun:20070916:p1…34代庄之助さん江 東京伊勢ノ海部屋後援会与利

*1木村庄之助式守伊之助に対しては「親方」という敬称を付けるのが正式なのです。

Connection: close