Hatena::ブログ(Diary)

八王子おんぶ育児の会

9999-10-28 八王子おんぶ育児の会について

f:id:onbu8:20161028213048p:image
新しくwebページを公開しました!
http://onbu8.com

f:id:onbu8:20161024025754j:image
一枚布おんぶに代表される昔ながらの子育ての知恵を伝え合う場所作りをしています。
子育ての悩みは、些細なことでも気になってしまうもの。
たくさんある子育て方法や、グッズの中から一番良いものを選びたい!と検索し始めると情報に振り回されてグッタリ。なんて経験のある方も多いと思います。おんぶの会では、地域のお母さんにおんぶを教わったり、子育ての知恵をシェアする時間を持ちます。顔が見えて体温を感じる子育てができたら、大変な子育ての合間にほっとする時間ができるかもしれません。また、災害時に、もし何も持ち出せなくても、一度覚えた知恵は使えます。
試しに、体験してみてください。

月に一度のおんぶ講座や、支援センターでのおんぶ体験をしています。たまに、おんぶに利用するさらしを染める会の企画をしています。すべて、講師料はいただいておりませんので気軽におでかけくださいね。

問い合わせ先
onbuikuji8⭐gmail.com (⭐を@に変えてください)
八王子おんぶ育児の会

2017-07-27

「だっことおんぶの大勉強会」に参加してきました

5月末の出来事なので、もう2ヶ月前の話なのですが、「子育て支援者のためのだっことおんぶの大勉強会」に参加してきました。

私が参加したのは初めてでしたが、今回3回目となる会で、受付開始から3日間で満席になったとのこと!
お昼をはさんでの1日の勉強会だったので、長いかな〜と思っていたけど、参加してみると興味深い話が盛りだくさんで、出展企業のだっこ紐紹介や体験もあり、あっという間でした。

だっことおんぶの研究所理事長 園田正世さん、産婦人科医の村上麻里さん、理学療法士の谷口美土里さん、それぞれの立場からだっことおんぶについての歴史や母子関係の構築、発達への効果などのお話を聞くことができたのですが、特に印象に残ったところは、だっことおんぶのベネフィット
 1.身体を育てる…しがみつく、バランス感覚を養う、相手のからだを通じて情報を得る
 2.「見る」ことで「真似」られる…真似ないと相手の意図を理解できない。
 3.母子のコミュニケーション
特に、高い位置でのおんぶは、二人が一つの対象を共に眺めることができるので、低い位置でのおんぶとは、背中にいるという同じ状態でも時間の使い方が違う、ということ。
あと、人に触れるとオキシトシンが出て安定すると言われているけど、人の次に布がそういう効果があると言われているということ。

だっことおんぶの母子の姿勢のことも注意点などいろいろ話がありましたが、姿勢がわからなくなったら、自分だったらどうかということで考えてみる。首が後ろに行ってたら辛いし、あんまり前でも苦しい…。でも、決まった答えはない、子供の様子を見ながら、というのも印象的でした。

一枚布でだっことおんぶができるのって、便利で楽!だけど、それだけじゃないんだなということを改めて感じた勉強会でした。

YOKO

2017-07-22

【開催報告】くりちゃん講座を終えて

f:id:onbu8:20170722044204j:image

7月20日(木)10:00-11:30
親子ふれあいの広場、くりちゃん広場主催のおんぶ講座をおこないました。
10名の定員枠に対して多数の応募をいただき、ありがとうございました。

くりちゃん講座以外でもおんぶの練習会をおこなっておりますので
いつでもご参加ください。

今回は、ばんごはんのときにぐずって家事ができないのでおんぶがしたい。また、
手持ちのおんぶ抱っこ紐だとどうしても隙間ができて不安定。などのお声があり
実際にやってみると、
すごく楽におんぶできて嬉しい!の声が多く聞かれました。

1日中機嫌がよくてあそんでいる子でも夕方だけ、ぐずぐずえーん!なんてこともあります。
またこの時期、晩御飯を早く作っておくと悪くなってしまいそうなので
どうしても夕方のぐずぐずと、家事が同じ時間になってしまう。なんてこともあります。

さまざま工夫しながら、今日は良くやった!なんて思う日でも、ご家族に
1日家にいて、これだけしかできてないの?など思われるのでは?もしくは
もう一人の自分がそう囁いたりするのも、お子さんが小さい今の時期の悩み。

私も、いまだに
今日は、これだけのことしかできていないのか・・と愕然とすることがあります。
洗濯機まわしたのに、干せてない。とか・・泣

もう、ぜーんぶ知らん。と、子どもと昼寝をするときもありますし(結局、寝てる・・笑
これは、やらんとあかん!のときに、おんぶをすることもあります。

家の中に、一緒に子育てをする大人が複数いるならばたいした悩みではないと思いますが
核家族で、自分以外の大人の家族が遅くまで働いている場合などは
1つ1つが切羽詰まった悩みなのだと感じます。

さらしでおんぶができても、眠たすぎると背中で暴れて困ることもあります。
これで、すべての解決!には、なりません。

それでも、
子どもを自分の方にぐっと引きつけて、肌を寄せ合うおんぶ。
これに、何度助けられたかわかりません。

二番目の子が生まれたときには
2本の腕ではすべてが足りず、おんぶがあって、やっと成立するような毎日でした。

いまでは、その子もぬいぐるみをおんぶしてお世話ごっこを楽しむ姿を見せてくれ
おもしろいなーと思います。

くりちゃん講座として開催するおんぶの会では、見守ってくださる子ども劇場のスタッフさんがいてくださるので、
とても和やかに開催をすることができました。
本当にありがとうございました。

次回のおんぶの会は、
9月21日(木)浅川市民センターにて
整体川崎智子先生による性のお話会を開催します。
ご夫婦や、産後の性のことや、お子さんの性について、多岐にわたるおはなしを
整体観点からみつめます。
今回は、講師の先生に入っていただくため参加費1000円(予定)となりますが
じゅうじつのお話会になること間違いなしです。
改めて、詳細をアップしますのですこしお待ち下さいませー。

さとうみほ

2017-07-04 鶴川でおんぶの出張講座をしました


f:id:onbu8:20170703102817j:image


蝉の声が聞こえてきましたね。

7月3日に鶴川市民センターでおんぶの出張講座を開催しました。
町田市に住むお母さんから講座の問い合わせをいただいたのがきっかけで、お友達を誘ってくださり参加者6名での講座になりました。

ハイハイ前に可愛いお子さんたち。
さらしでの密着感が心地よいのか、そのままねんねするお子さんもいました。

旦那さんもさらしに興味があるので、練習して一緒に使いこなしたいです!という嬉しいお声もいただきました。
1枚布というサイズフリーのさらしだと、体型の差やお子さんの成長にも対応できるのがいいところです。

出張講座は講師料はいただいていませんが、公共機関での交通費の負担をお願いしています。
お子さんを連れての外出にまだ自信のないお母さんや、八王子に行くにはちょっと遠いというお母さんにもおんぶを伝える1つの手段かなと思います。
ご興味のある方はお友達を誘って、問い合わせしてくださいね。

ともえ

2017-07-03

5月のおんぶの会ご報告

気づいたら、7月になっておりました。
おんぶの佐藤です。
 
5月はいつものおんぶと、なおみちゃんのカラーセラピーワークを開催!
撮った写真がどこへいったか探していたら一ヶ月が経っていました・・(−_−;)

f:id:onbu8:20170522111408j:image
この日は私も入れて、8名でのおんぶの会。
赤ちゃんのママと、おばあちゃんと3人でおいでになった方がおられて
うらやましく見ておりました。
いいですよね・・
 
非常時には、さらしじゃなくてもおんぶができるよ!なども
興味しんしんで、基本のさらしおんぶをマスターすれば幅広く応用がきくことを
感じていただけたのでは・・!と感じます。

そして肝心のカラーセラピー
私はいつもと違う青を選んでみました。今日は、これだ!と思ったんです。
そうしたら、許すというキーワード
思い当たる節がめっちゃある・・!
いつもと違う色を選択したことにも意味があるんだなーと感じましたよ。

食べ物でも、なにか栄養素が足りていないときに、ビタミンがないなー・・よりは
果物食べたいな!という欲求が出てきて自然と補えるっていうことがありますね。
そんな風に、色で補うことを無意識でもしているので
色を味方にして足りないもの、まさに、そういう気持ち!のものを、
色で持てると良いのかもしれません。

まーだまだ奥深い直美先生。
気になる方は、なおみちゃんのページものぞいてみてください♡

f:id:onbu8:20170522111353j:image
 
https://ameblo.jp/rukisara/
山本直美
TCマスターカラーセラピスト
MAYAカラー®セラピストとして活動中。
色彩検定2級取得
*読書好き
*猫好き(ミックスの女の子がいます)



さとうみほ