1SsDD このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008/11/29(Sat)

梨沙子のひつじ〜MADAYADEイベント〜

11/29 大田区民ホールアプリBerryz工房MADAYADE」発売記念イベント(1回目)


こっちのほうは投資してるものだからパスするわけにも行かず、

アメーバ℃-uteには行けない。緊急出演とかかんべんしてほしい。

最近℃-ute切れ。FOREVER LOVEは、聴きまくってますが。


席は10列目。


タイムマシン3号を迎えて、トーク開始。

「MADAYADE」がもともとは「MADAMADA」というタイトルだったという話、ヲタはだいぶ知ってるのに、肝心のメンバーが誰も知らなかったという。プロデューサーのブログなんて読まんのね。


メンバーが、他の子の数十年後の姿を想像して似顔絵を描くという企画

1回目は、キャプテンの想像する30代の雅、千奈美が想像する50代の茉麻


歌詞に出てくる「三十路」から、四十路(よそじ)、五十路(ごそじ)、六十路(むそじ)ときて、

「七十路」はどう読むかという質問で、りさこ「ひつじ」

久々のヒット。会心の一撃。まだまだDAWAあたりに大きな顔はさせないという気概を感じさせる。

正解は「ななそじ」。


外部から人を迎えても、あいかわらずのぬるーい雰囲気で、時間も短め。なんだかね。

こんなんでもヲタは大枚はたいてやってくるわけです。


一方、なかなかよかったのが、ミニライブ

とにかく音圧が強めなのがとても気持ちよかった。


セットリスト


「CLAP!」

「フラれパターン

「MADAYADE」


「フラれパターン」は、ライブ初演ですが、デカい音で聴くと印象がだいぶ変わります。

最初イントロを聞いたとき、何の曲だかわからなかったぐらい。

非常にかっこいい。熊井ちゃんも大推薦。新たな定番出現の予感。

シングルカップリングが出す曲、全部名曲だった初期を髣髴とさせる。

「MADAYADE」も、やっぱりライブで観てなんぼの曲。

なんだかここらへんの曲を核にして、Berryz工房の新たなスタイルが築き上げられていきそうな予感。

ツアーはどうなりますか。

ツアータイトルがまた妙なことになってるし…っていうことは期待していいのかな。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証