Hatena::ブログ(Diary)

かぎしっぽ通信

2017-11-08(Wed)

妹まんが、でもないようなもの

妹(埼玉の実家在住)に久しぶりに、会ったはなし

盛大なオチはない。

下書きもせず、あてもなく

描きなぐった漫画


なんか遠征したお土産くれるってんで連絡もらってたけど

私がもにょもにょしてて実家帰れなかったもんで

妹が東京行く機会あるから渡すよって連絡くれて

ちょうど空いてたので、こないだの土曜日の朝9時40分に飯田橋駅に行った。。。



「妹にちょっと会ったはなし」

f:id:onecoil:20171107234612j:image:w640


f:id:onecoil:20171107235017j:image:w640


f:id:onecoil:20171107235454j:image:w640


f:id:onecoil:20171107235532j:image:w640


f:id:onecoil:20171107235857j:image:w640



久しぶりだから、ちょっとお茶でもごはんでも一緒にして

話したり、たまにだから姉貴っぽく、ごちそしちゃろ♪っとか

とか思ってたのに、

会社の研修で東京出てきただけだったもんで

ちゅーか、先にそういうこと言ってて欲しかったけど

私が方向音痴で待ち合わせの場所にたどり着けずに右往左往したため

面会時間ほんのちょっとだった、っつう…

ごめん…、ごめん、妹よ。

尾根、じゃない、姉、頼りなくてごめん…

お土産、みんな、めちゃうまだった…

他のものも嬉しかった。

ありがとう。

またね。

2017-09-19(Tue)

明日は、心もとなくナイト

こんばんは。尾根恋イルです。おねこいるです。


ぱんきんが今年新しく立ち上げたイベント企画チーム

Main actor is U!!」によるイベント

「心もとなくナイト」のvol.4を開催します。

「心もとナイト」の、心もとなくない版。



「心もとなくナイト vol.4」@荻窪Club Doctor

Main actor is U!! Presents

1,500円+D

open 19:00 / start 19:30

【出演】

NA/DA

papalion

J.P.NAYUTA

安田太と遊牧民

DJ:M&Nミキ



9/20(水)「心もとなくナイトvol.4」出演バンドをチェック!



この中でライブを見たことないのは、実は

安田太と遊牧民

安田くんの弾き語りは何回か見てるし、

(「心もとナイト」の方にも弾き語りで出てもらってるし)

ライブハウスでちょくちょく会ったり

SNS上でもやりとりしてたりするのだけど。


興味がある人の活動はいろいろ見に行きたいが

そうもいかんので、意外とそういうことがあるのである。


知ってる人の知らないところが見られる

私にとっての初めてが、毎度あるので

「心もとナイト」も、「心もとなくナイト」も

俺得イベントだなあ。

主催者のひとりながら、いつも存分に楽しんでいます。



フライヤーのはなしをしたい。

f:id:onecoil:20170915004858j:image:w480

夏の終わり感を出してみた。

というのは後付けだ。


「心もとなくナイト」なので、

心もとなくない感じを出したかったのだが

逆になってしまったようだ。


3Dもっとんが、ひとりで縁側でプリンスさんの真似をしている。

LOVE SEXY


前回の「心もとなくナイト」が

6月7日でプリンスさんの誕生日だったから。

f:id:onecoil:20170511000321j:image:w300


↑の時に撮影した写真を今回も使用。

使い回しっていうなあ!使い回しだもん


背景の写真は、母の実家で撮影したもの。

埼玉県某所。

縁側いいよなあ。いいとこなんだよ。



「これ(フライヤー)作ってた時、予定ばつばつだし

気持ちはどん底だしで、まあ病んでてさあwww」

と、ぱんきんに最近もらしたら

「ああ、病んでるなって思ったよ。」と言われました。

ばれてーら。そうですか。そうですね。



でも、いいでしょ。



午前4時すぎに「うあああー!」と叫ぶ自分の声で起きるような

そんな時を越え。



暗黒の誕生日を闇の中でやりすごし。



そんなこんなで、明日は「心もとなくナイト」です。

予約なしでもオッケーです。

よろしくお願いします。

ワタシタノシミマス

2017-09-06(Wed)

こうして曲は生まれるのかもしれない

眠れない。

うまく眠れない。

8月のある日から、続いている。



その日とその次の日をまたいで、

深夜に夢遊病のように歩き回った。


あてもなく、ただ歩いて。歩いた。

泣いてみようとも思ったが

これもうまくいかなかった。


諦めて、諦めてなくて、今も諦められない。

ずっと前に、もう諦めていた。

諦めようと思っている。どうかな。



誕生日の数日前の朝

うわあぁー!と叫んで目が覚めて

自分でびっくりしたり

そこにいない影を見たり


わかりやすく結構おかしい感じである。



普段、とてもにぶいので

にぶいゆえに、引き起こしたこと

かもしれない。

いや、にぶいというと、甘えかな。

常に甘えてる自覚はある。

逃げている。逃げ続けている。


逃げないでほしいとも思う。



自分が、にぶいということについて、だった。


自分の気持ちもちゃんとわかっていないし

現していないせいか

人の気持ちの動きが読めない

推測する力が弱いのかもしれない

あとは、状況把握とか関係性に対しての順応性?



むつかしいことは考えられないので

とりあえずのまとめに入ってみると



周りの人は多分、自分より、もっといろいろ感じて

汲んで、対応していて、つらいのだろうなあ

ということを思う。


同じように、幸せについても

自ら作ったり、周りからのことも細やかに

感じて受け止めているのだろうなあ。

そして、うまく伝えたり表現するなりかたちにして

日々整理整頓して、進んで行っているような

そんな風に見える。




今の私にはできない。

できるようになりたい。

自分なりに。




曲を作ったことはないけど

こうして曲は生まれるのかもしれない。



そんなことを思った。

2017-09-05(Tue)

わたしの夏は2回くる

わたしの夏は2回くる。

ということになっている。

8月26日を境に。

1つの歳に2回の夏が与えられる。


だから今は1回目の夏が始まったところ。



オーシーツクツクは最後にファイヤー!

と鳴く。



f:id:onecoil:20170905234040j:image:w360

2017-08-31(Thu)

はちがつのわたし

さて8月31日。8月最終日。

夏休みは終わりだ(ニーネ)!


8月は誕生日月ということもあり

なにかと8月にまつわる曲を聴いたり思い出したりした。

つらつら書いてみることにする。



8月2日に新宿JAMで久しぶりにmeril(メリル)を見た。

f:id:onecoil:20170802211739j:image:w360

ライブ中にkubobonにビールを供給した


f:id:onecoil:20170802210722j:image:w360

ドラムのピノコちゃんにも久しぶりに会えて嬉しかった


f:id:onecoil:20170802211939j:image:w360

この日はたまたまメリルだった最近よく会うミキさん


「空っぽの8月」も演っていた。

多分自分もメンバーだった時にできた曲だったと思う。

なつかしいやらなにやら、変わってないやら変わったやら。

やっぱり良い曲だな。と



ニーネの「8月のレシーバー」というアルバムが出たのは

2000年の8月11日だったようだ。

8月のレシーバー

8月のレシーバー

2001年に偶然ニーネに出会って、心を掴まれて

もうずっと聴いている。

夏じゃなくても聴いているが、夏はもっとぐっとしみてくる。


8月20日(日)の心もとナイトでDJ係だったので

ニーネもたくさん流した。

f:id:onecoil:20170808215407j:image:w300


「SUMMER MELODY」とか「うつぎみDXOK」とか

「夏休みは終わりだ」「海へ」「酔っぱらっている」などなど

ニーネをかけてるノリノリの私のとこに

コーラが寄ってきて

「ニーネかい?いいねえ」と声をかけてくれた。


いいよね。いいでしょ。いいんだよ。


これはその日の屋上

f:id:onecoil:20170820170615j:image:medium



8月27日(日)は

サニーデイ・サービス サマーライブ 2017> @東京 日比谷野外大音楽堂

に行った。

f:id:onecoil:20170827182119j:image:w640

曽我部さんの誕生日の翌日。

私の誕生日の翌日。


曽我部さんとは10年差で同じ誕生日。

だから、どうした。

だから、とても嬉しいだけ。



サニーデイのあの日のライブのことは

今も胸いっぱいで、まだよくわからない。

わからないままにしてある。



8月のはなしだった。


「八月の息子」も聴けて嬉しかった。

(いやもう全部嬉しかったのだけど)

冒頭の「♪うーいえー」で、もうとろけた。

タイムスリップにトリップに

ここがどこかなんて忘れてしまおう

だし

ここがどこなのかどうでもいいことさ

とか



君がいないことは 君がいることだな



とか



8月だった。