Hatena::ブログ(Diary)

原発いらない全国の女たちアクション RSSフィード Twitter

2011-10-13

“This Is About How We Live…” MUTO Ruiko’s Speech


“This Is About How We Live…”

MUTO Ruiko’s Speech
Anti-Nuclear Demonstration by 60,000 Citizens

Tokyo, Japan
19 September 2011


Hello, I am from Fukushima.
I came here with busloads of my peers from Fukushima and from shelters in other places.

For many people this is the first time to join this kind of rally or demonstration. But we encouraged each other saying that WE must tell stories of the bitter experiences caused by the Fukushima nuclear disaster, WE must raise our voices against nuclear power. First of all, I want to say that I deeply respect each one of you who is fighting and doing things to protect lives while enduring all the hardships since March 11th.

Also, I want to thank all of you who reach out your hands to Fukushima people and support us in every way you can. And I’d like to apologize to the children and young people who I am burdening with the huge baggage brought about by this disaster. As a member of the generation who created this reality, I am very sorry.

Everyone, Fukushima is a very beautiful place. Hamadori is hugged by the deep blue Pacific Ocean to the east. Nakadori is a treasure box of fruits -- peaches, pears, apples. The Aizu plain abounds with golden rice ears hanging low. Lake Inawashiro and Mt. Bandai are surrounded by more deep mountains. The mountains are green. The water is pure. This is our home country.

Since 311, unseen radiation has been raining down on this landscape and we have all become “hibakusha” (radiation victims). In the middle this confusion all kinds of things have been happening to us. Bonds between people have been torn apart by the swift “safety” campaigns and by anxiety. So many have been suffering and lamenting in their communities, at work, in school and at home.

Like it or not, we have been pressed to make decisions. To go or stay, to eat or avoid, to hang our laundry outside or inside, to make our child wear a mask or not, to plow our fields or not, to raise our voices or keep our mouths shut.
Anguished decisions.
And now, over the last 6 months, gradually things have become clearer to us……

  •  Truths are covered up.
  •  The government does not protect its citizens.
  •  The catastrophe has not ended.
  •  People of Fukushima have become the subjects of a nuclear experiment.
  •  Vast amounts of radioactive waste will remain.
  •  In spite of the huge sacrifice, the clout of the proponents of nuclear power prevails.

We have been abandoned.
We sigh deeply because of fatigue and heartbreak.
But we can’t help but to say, “ Don’t treat us like fools” and “Don’t take our lives away”. People of Fukushima, in their anger and sadness are quietly taking a stand....
To protect the children, mothers, fathers, grandmothers, grandfathers are speaking out, and younger generations, too, are trying to save their futures. And laborers are trying to save nuclear workers being exposed to massive radiation as they struggle to contain the disaster…. And farmers are in despair over their contaminated land. And disabled people are trying to avoid new discrimination due to radiation exposure…

And one by one, we citizens are questioning the responsibility of the government and Tokyo Electric Company, saying we don’t want nuclear power. We are “ogres of the northeast” quietly burning flames of wrath. We, the people of Fukushima, who stay or leave, will continue to support each other sharing our bitterness, commitment and hope.

Please join us.

And please pay attention to our various actions. Negotiations with governments, lawsuits to seek evacuation, relocation, recuperation, decontamination, measurement, learning about nuclear power and radiation. We will go anywhere to talk about Fukushima. One of us is talking in New York today. We are doing everything we can think of. Help us. Do not forget us.

I’d like to say one more thing. This is about how we live. We need to imagine the world existing on the other side of the outlet that we casually insert our plug into. Think about how our convenience and prosperity are built on discrimination and sacrifice. Nuclear power plants exist on the other side. Humans are just one species. Is there any other species that robs their own kind’s future? I want to live decently in harmony with this beautiful planet earth. While carefully conserving energy, I want to pursue a rich, creative life. How can we create a world completely different from one with nuclear power?

Nobody has a clear answer. What we must not do is follow somebody else’s rules. Each of us should think for himself or herself, look around, decide what to do, and then do it. Remember we have that power. Everyone has the courage to change. Take back your confidence. Join with others. If the nuclear proponents are a vertical wall, we can go around it horizontally. That’s our strength. Gently hold the hand of the person next to you. Look at them. Listen to each other’s pain. Forgive anger and tears. Spread the warmth in your hand to others all over Japan, all over the world.
Even though our burden is heavy, no matter how hard the way is, let’s support one another and not turn away. Let’s carry on with light and cheerful hearts.

(Translated by Kazue Suzuki and Aileen Mioko Smith)



「9.19さようなら原発5万人集会」での、ハイロアクション福島・武藤類子さんのスピーチをご紹介します。
=====
 みなさんこんにちは。福島から参りました。
 今日は、福島県内から、また、避難先から何台ものバスを連ねて、たくさんの仲間と一緒に参りました。初めて集会やデモに参加する人もたくさんいます。福島で起きた原発事故の悲しみを伝えよう、私たちこそが原発いらないの声をあげようと、声をかけ合いさそい合ってこの集会にやってきました。
 はじめに申し上げたい事があります。
 3.11からの大変な毎日を、命を守るためにあらゆる事に取り組んできたみなさんひとりひとりを、深く尊敬いたします。
 それから、福島県民に温かい手を差し伸べ、つながり、様々な支援をしてくださった方々にお礼を申し上げます。ありがとうございます。
 そして、この事故によって、大きな荷物を背負わせることになってしまった子供たち、若い人々に、このような現実を作ってしまった世代として、心からあやまりたいと思います。本当にごめんなさい。

 皆さん、福島はとても美しいところです。東に紺碧の太平洋を臨む浜通り。桃・梨・りんごと、くだものの宝庫中通り猪苗代湖磐梯山のまわりには黄金色の稲穂が垂れる会津平野。そのむこうを深い山々がふちどっています。山は青く、水は清らかな私たちのふるさとです。
 3.11原発事故を境に、その風景に、目には見えない放射能が降りそそぎ、私たちはヒバクシャとなりました。
 大混乱の中で、私たちには様々なことが起こりました。
 すばやく張りめぐらされた安全キャンペーンと不安のはざまで、引き裂かれていく人と人とのつながり。地域で、職場で、学校で、家庭の中で、どれだけの人々が悩み悲しんだことでしょう。毎日、毎日、否応無くせまられる決断。逃げる、逃げない? 食べる、食べない? 洗濯物を外に干す、干さない? 子どもにマスクをさせる、させない? 畑をたがやす、たがやさない? なにかに物申す、だまる? 様々な苦渋の選択がありました。

 そして、今。半年という月日の中で、次第に鮮明になってきたことは、
・真実は隠されるのだ
・国は国民を守らないのだ
・事故はいまだに終わらないのだ
福島県民は核の実験材料にされるのだ
・ばくだいな放射性のゴミは残るのだ
・大きな犠牲の上になお、原発を推進しようとする勢力があるのだ
・私たちは棄てられたのだ
 私たちは疲れとやりきれない悲しみに深いため息をつきます。
 でも口をついて出てくる言葉は、「私たちをばかにするな」「私たちの命を奪うな」です。

 福島県民は今、怒りと悲しみの中から静かに立ち上がっています。
子どもたちを守ろうと、母親が父親が、おばあちゃんがおじいちゃんが…
・自分たちの未来を奪われまいと若い世代が…
・大量の被曝にさらされながら、事故処理にたずさわる原発従事者を助けようと、労働者たちが…
・土を汚された絶望の中から農民たちが…
・放射能によるあらたな差別と分断を生むまいと、障がいを持った人々が・・・
・ひとりひとりの市民が… 国と東電の責任を問い続けています。そして、原発はもういらないと声をあげています。
 私たちは今、静かに怒りを燃やす東北の鬼です。

 私たち福島県民は、故郷を離れる者も、福島の地にとどまり生きる者も、苦悩と責任と希望を分かち合い、支えあって生きていこうと思っています。私たちとつながってください。私たちが起こしているアクションに注目してください。政府交渉、疎開裁判避難、保養、除染、測定、原発・放射能についての学び。そして、どこにでも出かけ、福島を語ります。今日は遠くニューヨークスピーチをしている仲間もいます。思いつく限りのあらゆることに取り組んでいます。私たちを助けてください。どうか福島を忘れないでください。

 もうひとつ、お話したいことがあります。
 それは私たち自身の生き方・暮らし方です。
 私たちは、なにげなく差し込むコンセントのむこう側の世界を、想像しなければなりません。便利さや発展が、差別と犠牲の上に成り立っている事に思いをはせなければなりません。原発はその向こうにあるのです。
 人類は、地球に生きるただ一種類の生き物にすぎません。自らの種族の未来を奪う生き物がほかにいるでしょうか。
 私はこの地球という美しい星と調和したまっとうな生き物として生きたいです。ささやかでも、エネルギーを大事に使い、工夫に満ちた、豊かで創造的な暮らしを紡いでいきたいです。
 どうしたら原発と対極にある新しい世界を作っていけるのか。誰にも明確な答えはわかりません。できうることは、誰かが決めた事に従うのではなく、ひとりひとりが、本当に本当に本気で、自分の頭で考え、確かに目を見開き、自分ができることを決断し、行動することだと思うのです。ひとりひとりにその力があることを思いだしましょう。

 私たちは誰でも変わる勇気を持っています。奪われてきた自信を取り戻しましょう。そして、つながること。原発をなお進めようとする力が、垂直にそびえる壁ならば、限りなく横にひろがり、つながり続けていくことが、私たちの力です。

 たったいま、隣にいる人と、そっと手をつないでみてください。見つめあい、互いのつらさを聞きあいましょう。怒りと涙を許しあいましょう。今つないでいるその手のぬくもりを、日本中に、世界中に広げていきましょう。
 私たちひとりひとりの、背負っていかなくてはならない荷物が途方もなく重く、道のりがどんなに過酷であっても、目をそらさずに支えあい、軽やかにほがらかに生き延びていきましょう。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/onna_suwarikomi/20111013/1318475106