小野マトペの業務日誌(アニメ制作してない篇)

introduction

俺こと小野マトペが、大学生活と折り合いをつけつつショートアニメを制作していく事に関する制作日誌でしたが、今はグダグダです。始まりは9/11から。旧HP(廃棄)

レビューライン.jp稼動中。
「平面男(完全版)」20041224  ■「平面男」20041018/20041020
■Javaアプレット: Conna-Gonna20050203/ 20050208
■はてなブックマーク改造用Greasemonkey集20061002
■はてなQuickClip(firefox用機能拡張)20060906

2009年01月04日 日曜日

[]ふぁぼったーの運営方針について 00:13 ふぁぼったーの運営方針についてを含むブックマーク ふぁぼったーの運営方針についてのブックマークコメント

ref:mirupreza


色々とご心配をお掛けしましたが、ふぁぼったーの運営方針として、主観による内容・モデレーター排除は原則として今後も行わない、という結論に至りました。

そもそもふぁぼったーは、i.評価インフラであることとii.面白いコンテンツであることが両立しているところに価値がある、と考えており、それに基づいて拡張などを行ってきました。


その上で、前者に関してはクロール拡張で機能を向上してきましたが、当然それは多様なfav利用形態を飲み込むことで、コンテンツとしての濃度を薄めることになっていきました。

管理人としては、サービス開始時点よりインフラ=コンテンツ間のバランスに腐心し、コンテンツ濃度を向上させる施策が取れずに悩んでいたという内情があります。そこでモデレーターの直接排除という過激な手段を議題に乗せました。


発言は自分想像していた以上に反響を呼び、mirupreza にまとめられた以外にも参考になる意見をいただき、方針決定の大きな助けになりました。


しかし、ふぁぼったーはあくまで各人の自由活動であるfavを集計するシステムであるという点に立ち戻れば、ii.はあくまでi.の結果に過ぎず、そこに管理人が気ままに手を加える事が諸々の問題をはらむのは自明です。

そもそも、システムとしての公平性・透明性を疎外することは、評価インフラとしては原則として避けるべきです。


よって、今後ともモデレーターの手動排除は原則として行わないことにしました。


また、一連の議論の中で、一部のユーザーに不自由を強いる様な表現を使ってしまい、申し訳ありません。


しきい値機能

直接操作よりも緩やかなコンテンツ濃度に対する施策として、ふぁぼったーの注目しきい値を操作する機能を実装しました。

f:id:ono_matope:20090105001126p:image

デフォルト注目しきい値の変更については以前から(特にクロール範囲を拡張する度に)あり、リニューアル時からいつでも変更できるようにはしていましたが、

しきい値3favsでは、2favsの面白いPOSTから抜け落ちる部分が大きく、物足りなくて実施していませんでした。今回、ユーザーがその時の気分で選択できる様な形でサービス投入しました。

インプットが増えた分はユーザー側のアウトプットの多様化で対応すべき、ということなのかもしれません。


フィルタGreasemonkey

ユーザー個々人から見ての不快コンテンツに関しては、フィルタリングGreasemonkeyの導入を推奨します。

ふぁぼったーで見たくないユーザーの発言を表示しないGreasemonkey - 聴く耳を持たない(片方しか)

もし要望が多ければ今後ふぁぼったー側で独自に実装するかもしれません。


今後とも、ふぁぼったーをよろしくおねがいします。

プロフィール

ono_matope

ono_matope

もうなんか全然アニメ描いてません。もっぱらプログラミングばかりしてます。ごめんなさい。レビューライン.jp管理人

    << 2009/01 >>
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    統計情報
    pv:1630996
    counter:
    この日記のはてなブックマーク数
    参照した本/DVD
    • 実践ハイパフォーマンスMySQL 第2版
    • Wacom Cintiq 21UX DTZ-2100D/G0
    • Linux-DB システム構築/運用入門 (DB Magazine SELECTION)
    • ふしぎの海のナディア VOL.01 [DVD]
    • WEB+DB PRESS Vol.45
    Connection: close