Hatena::ブログ(Diary)

楽さん・恥かきの記/ぼちぼち

2013-11-24

中国の航空識別圏

21:34

D

 皆様、ご存知の通り中国が自国の防空識別圏を主張いたしました。何度も領空侵犯を繰り返したのち、日米でフィリピン台風被害の支援へ向った手薄なときに、あからさまな戦線布告のような嫌がらせです。

中国が設定した「防空識別圏」は何が問題なのか】

http://www.huffingtonpost.jp/2013/11/23/china-adiz_n_4328258.html

尖閣諸島上空が中国防空識別圏に設定された--。

中国国防省は11月23日、尖閣諸島上空などを含む東シナ海の広い範囲に、戦闘機による緊急発進(スクランブル)の基準となる「防空識別圏ADIZ)」を設定したと発表した。この範囲が、日本がすでに設けているものと重なることから、尖閣諸島をめぐる日中の緊張が高まるとみられる。》

 この航空識別権に対して政府は抗議、それと同時にアメリカも抗議の声を上げています。

中国尖閣上空に防空識別圏を設定 米政府リスク警告】

2013.11.24 Sun posted at 13:00 JST

http://www.cnn.co.jp/world/35040395.html

米国ケリー国務長官は識別圏の設定を「東シナ海の現状を変えようとする一方的な行為だ」と非難し、「状況をエスカレートさせる行為は地域の緊張を高め、不測の事態が起きるリスクを招くだけだ」と警告。中国に自制を求め、日本や関係国と対応を協議していると述べた。

 また、ヘーゲル米国防長官は中国の動きが「地域の現状を不安定化させ、誤解や誤算のリスクを高める」との懸念を示すと同時に、「中国政府の発表によってこの地域における米国の軍事作戦を変更することはない」と明言した。》

 もうアメリカさん、ありがたいです。いつもけなしておりますが、日本のようなサヨク天国でも寄らば大樹の陰ですね。

 マジで沖縄のサヨクをたたき出さねばいけません。そして、軍備を再強化せねば。世論よ盛り上がれ。

 おっと、その前に在中日本人の撤収を急がせないといけませんね。すなわち、避難勧告が妥当だと思われます。

 おっと・・・・ここで妥協策が・・・・。【田母神俊雄

https://twitter.com/toshio_tamogami

中国が我が国領海上空防空識別圏を設定したと公表して航空機を飛ばしています。陸続きの欧州諸国などでは防空識別圏は当然他国の領土上空になるので、これは特別なことではありません。防空識別圏は通常公表されるものではありません。公表するのは政治的意図があるからです》

中国の防空識別権設定に関して高村正彦代議士が、一触即発の状態は避けなければならないと言っていますが、これを言えば中国が日本は戦う気がないと思いますから、中国の狼藉は一層加速するのです。戦争をやりたい人など誰も居ません。しかし大臣などが戦争をしたくないと言えば侵略を誘発します。》

 そう、妥協してはいけません。これで戦前の日本は失敗しているのだから。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 戦前の日本は中国からの抗日テロを受けていたのです。

【その傲慢 腹に据えかねる 3 南京事件

http://d.hatena.ne.jp/ooidoya/20110201/1296515672

《1926年(大正15年)、蒋介石を総司令とする北伐軍は、各所の軍閥を掃蕩(そうとう)して中国を統一するために、広東を発進して2年後に北京に入城する。その進軍途上で、北伐軍は漢口のイギリス租界を接収して欧米各国に衝撃を与え、1927年3月24日に南京に入城した。

  そして、北伐軍正規兵が突如として南京駐在の各国の領事館、学校そして会社を略奪し外国人を襲い始めた。これが本当の「南京事件」である(昭和12年は架空の南京事件)。》

《そこで、この中国兵の略奪暴行に対して,各国はいかに対応したのか。米英は日本にも同一行動を呼びかけて、揚子江に浮かぶ各国の軍艦から南京市を砲撃して略奪が自国民に及ぶことを断固阻止した。

・今も変わらぬ中国の本質

 では、わが国は、この米英とともに南京砲撃して日本人を救ったのか。そうではない。外務大臣幣原喜重郎(しではらきじゅうろう)は、対中対中協調を掲げて理解と同情を持って支那に対処するよう命令し、米英と共同行動を共にすることを禁じた。つまり現地に無抵抗を指示したのである。それで相手はどうしたのか。わが方の協調姿勢に応じて鎮まったのか。相手の行動はその反対であった。北伐軍は、断固として反撃する米英の施設と国民に対する攻撃を止め、反撃のないわが方への暴行略奪に集中した。

 その結果、在留邦人は言葉では尽くせない陵辱を受けたのである。そして、領事館の警備の任にありながらも無抵抗を指示されて任務を果たせなかった荒木海軍大尉は、収容された軍艦上で引責自決した》

 この後、日本のみが狙い撃ちされていきました。その果てに通州事件が起りました。南京虐殺捏造に使われた残酷な画像こそ通州事件の証拠写真だったのです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ooidoya/20131124/1385296457