ooocell@old kyoto このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006年01月24日 火曜日

野口さん

野口さんは2度目の宇宙へ・・・あっ、宇宙飛行士野口さんじゃなかったか(ブラックで失礼)。ちびまる子ちゃん野口さんも大人になると広域IT団腹黒系女社長になるのだろうか。

ほとんどのTVニュースでは、そんなには報じられていないらしいけれど野口さんは首の左右と両手首を切って自殺したらしい*1。切った順番も気になるが、肝心の遺書はなくて持ち物は免許証のみ。下にある記事では手首の傷は切り傷で、他にも傷があったとされているが、手首の傷は防御創?それとも、ためらい傷?「室内の状況から野口さんが自殺したとみて詳しい動機を調べている。」とあるが、室内の状況よりも野口さんの置かれていた状況、そして何より、野口さんの遺体の状況から自殺したとみて詳しい動機を調べてもらいたい・・・が、証拠隠滅っぽく荼毘に付された。



二つめの記事に、案の定、

宮内取締役らは東京地検特捜部事情聴取に「野口さんが主に考案し、提案されるままに実行した」と供述』

とある。




どうでもいいけれど、ヒューザー小嶋社長愛人宅って家賃41万円なんだってね。ポケットマネーでもって、これからも払い続けるらしい。一家離散状態を嘆いていたのが嘘みたい。


どうでもよくないことだけど、自民党小泉の言動ヤバクナイ?ヤバイ自民党に「それはイカンザキ!」と言わない福祉政策の大家公明党は、「格差が広がっているという統計はでていない」*2強気答弁した堀江脳内蔵の小泉に何て言うのかな?

1/23、筑紫哲也ニュース23で、ナベツネウォルター・クロンカイト言葉引用しながら良いこと言った。死期が近いのか?と思ったら白内障の手術するんだって。1/24のニュース23靖国問題ナベツネTBS番組で語るらしい。楽しみ。




楽しみなのは、これだけ広大な膿が広がっている状況で、どれだけの人が次回総選挙自民党投票するか否か。

ライブドア:関連社長務めた男性自殺か 那覇遺体発見

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060119k0000e040023000c.html

ライブドアグループによる証券取引法違反事件で、関係先として東京地検家宅捜索を受けたエイチ・エス証券副社長野口英昭さん(38)が18日午後、那覇市内のホテルで手首などから血を流して倒れているのが見つかり、病院で死亡が確認された。沖縄県警は室内の状況から野口さんが自殺したとみて詳しい動機を調べている。

(中略)

午後2時35分ごろ、野口さんの部屋から異常を知らせるブザーが鳴ったため、従業員が駆けつけたところ、野口さんがベッドの上にあおむけに倒れ、そばに刃渡り約10センチの包丁があった。手首の傷は切り傷で、他にも2、3カ所に傷があった。

 部屋は内側から施錠され、室内を荒らしたり、争ったような跡はなかった。遺書はなかったという。

ライブドア元子会社役員の告別式那覇ホテル自殺

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060122STXKG062021012006.html

関係者によると、野口さんはライブドア宮内亮治取締役(38)らとともに、株式交換による企業買収で投資事業組合などを使い、自社株を高値で売却する仕組みを考案したとされるが、宮内取締役らは東京地検特捜部事情聴取に「野口さんが主に考案し、提案されるままに実行した」と供述しているという。〔共同〕 (11:49)

ホリエモンと混同された堀主知ロバート会長も必死。

ライブドアと同じでない IT企業経営者が反論

http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/keizai/20060122/20060122a2300.html



テレビニュースの特質は、すべてその時間的制約からきているのだが、それがニュースをゆがめている」(ウォルター・クロンカイト


『舌禍虫』(過去の栄光科)2003.4.2

ウォルター・クロンカイト

アメリカメディア犠牲者」と口走る

http://www.jca.apc.org/~altmedka/musi.html


大統領アドバイザーが「この大統領政治的圧力によって政策を変えたことがありません!」と力説していた。これを聞いた、ウォルター・クロンカイトという著名なジャーナリストが、「ブッシュ氏は信仰が篤いというが、神からの圧力があったら意見を変えるんですかね」と発言していた。

http://munaguruma.air-nifty.com/blog/2004/04/index.html



http://www.ntv.co.jp/document/

2006年1月15日(日)/30分枠

ニッポン“貧困社会” 生活保護は助けない

制作=日本テレビ放送

生活保護費を減額された滝シズエさん(78才)夫にも先立たれ食費を切りつめて生活する毎日 ◇年収300万未満の世帯=日本人の3割◇貯蓄ゼロ=二人以上世帯の22.8%貧困層に転落する人々が増え続けている。生活保護受給者の数も増大中だ。特にいま社会保障研究者が問題視するのは、ホームレスのように「目に見える貧困」ではなく老人や母子家庭などの「見えない貧困」だ。所得格差が急速に進む日本では貧乏人の子供は貧乏人に…という“貧困の再生産”が起きている。最近起きた餓死・衰弱死事件の背景を追いながら、生活保護制度の周辺で見えない貧困が拡大する現状を描く。

ナレーター:小山 茉美



http://www.seiho110.org/NNN.htm

【ちょっと解説】

 制作者の水島宏明さんは、「札幌母子餓死事件」をあつかった『かあさんが死んだ』の制作で知られる方です。ご覧になられた方はご存知かと思いますが、現行の生活保護行政にはかなり批判的な立場を取られています。

 今回の番組では、今も続く生活保護の厳しい「申請抑制」や「就労指導」の実態を伝える内容で、社会の貧困化進行でセフティーネットの重要性が増していることを一般の人向けにまとめているとのことです。具体的には、京都市の餓死事件裁判や広島市などの老齢加算の廃止無効訴訟、高松市保護課での出向警察官配置、三位一体改革などが主な内容のようです。

 『現場の皆さんには物足りない部分もあるでしょうし、批判があるのも覚悟している』とのことです。是非、忌憚のない意見を寄せていただければと思います。


テレビ「ニッポン"貧困社会" 生活保護は助けない」/ 「チェチェン 市民の証言」

http://0000000000.net/p-navi/info/column/200601162023.htm

見えない「貧困化」が拡がっている

http://www.alt-invest.com/pl/book/golden_feather/feather_4.htm

現代日本の「見えない」貧困

生活保護受給母子世帯の現実 明石ライブラリー52

http://www.hanmoto.com/bd/ISBN4-7503-1770-5.html

現代日本の「見えない」貧困 (明石ライブラリー)

現代日本の「見えない」貧困 (明石ライブラリー)






自殺者、7年連続で3万人以上@日本

*1:多くの人がが見ないであろう時間帯にしているニュースには、ガッツリ報道されていた。>首の左右&手首

*2小泉首相は、所得格差の拡大に対して「高齢者の増加や世帯構造の変化などを考慮すると、統計からは確認できない」と反論。「将来の格差拡大につながる、フリーター、ニート、生活保護受給者らの増加、地方格差には、最新の動きに注意が必要」と述べ、「引き続き、地域、国民の潜在力が発揮され、夢と希望が実現できる活力ある社会の実現へ全力を尽くす」とした。年金については、厚生、共済年金の一元化へ向け、4月末めどに基本方針閣議決定したいとの展望を示した。http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__1656697/detail