oooooooo このページをアンテナに追加 RSSフィード

2013-07-11 Thu

はてなブログに移転しました

http://oooooooo.hatenablog.com/

はてなダイアリー時代との違いは、Mac と Ruby になったこと。

2010-06-06 Sun リーナス節系 ( 2010 )

注目を集めるオープンソースの仮想化ソフトウェア「KVM」、その成功の可能性は?

http://japan.cnet.com/news/commentary/story/0,3800104752,20344855-5,00.htm

また、Xenと比べて、KVMのプログラマーは対応しやすかったという。「政治的なところがずっと少なく、方針全般をめぐる問題はほとんどなかったように思う」

( 2010-06-06 )

2009-06-03 Wed

[] Passenger を使ってサブドメインではなく RailsSinatra を共存させる

概要

redmine.example.com や sinatbbs.example.com ではなく、

www.example.com/redmine/ や www.example.com/sinatbbs/ にする方法。

Rails

DocumentRoot が /www/htdocs/ だとする。

Rails で作られた Skip や Redmine が /home/oooooooo/redmine-0.8/ や /home/oooooooo/skip-1.1.0/ だとする。

$ cd /www/htdocs/
$ ln -s /home/oooooooo/skip-1.1.0/ skip
$ ln -s /home/oooooooo/redmine-0.8/ redmine

httpd.conf に下記を追加。

RailsBaseURI /redmine
RailsBaseURI /skip

これで www.example.com/skip/ や www.example.com/redmine/ になる。

Sinatra

前準備

Sinatra 製アプリケーションのフォルダ内に public と tmp の空フォルダを作る。SinatBBS なら次のように。

  • sinatbbs/public
  • sinatbbs/tmp

そして Rack のおまじない用に config.ru を用意。

$ cat sinatbbs/config.ru
require 'rubygems'
require 'sinatra'
  
require 'start' # ここに普段 ruby app.rb するアプリケーション名
run Sinatra.application

もし、Sinatra 0.9.2 だと WEBrick が動かない人はSinatraを0.9.2にupdateするとWEBrickで動作しなくなったを参考に下記を追加。

Rack::Handler.register 'Webrick', 'Rack::Handler::WEBrick'
設定

DocumentRoot が /www/htdocs/ だとする。

SinatBBS や Sinatter が /home/oooooooo/sinatbbs/ や /home/oooooooo/sinatter/ だとする。

$ cd /www/htdocs/
$ ln -s /home/oooooooo/sinatbbs/public sinatbbs
$ ln -s /home/oooooooo/sinatter/public sinatter

httpd.conf に下記を追加。

RackBaseURI /sinatbbs
RackBaseURI /sinatter

これで www.example.com/sinatbbs/ や www.example.com/sinatter/ になる。

注意点
  • Rails との違いは RailsBaseURI の代わりに RackBaseURI
  • シンボリック・リンク先は app/ ではなく app/public のように public を指す
  • Apache を再起動する

参考文献

2009-04-15 Wed リーナス節系 ( 目次 ) このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

リーナス節。

2009-04-14 Tue リーナス節系 ( 2009 )

バッドシグナル通信 01 歴史的理由

http://gihyo.jp/dev/serial/01/bad_signal/0001

"For historical reasons, these macros are grosslymisnamed." -Linus

「歴史的理由により、これらのマクロはおぞましく名前が付け間違えられている。」- Linus

( 2009-04-24 )

Linus氏曰く「マイクロソフト嫌悪は『病気』」 - スラッシュドット・ジャパン

http://slashdot.jp/it/article.pl?sid=09/07/28/0326208

オープンな開発を信条とするということはソースをオープンにすることだけでなく、他人や企業などを締め出したりしないということも大事である

( 中略 )

(今回のコード提供は)自分本位な理由によって推し進められているとは思うが、しかしすべてのオープンソースコードも自分本位な理由で書かれている。われわれは皆、自分で「痒いところに手が届く」コードを書いているんじゃないだろうか。自分がLinuxを始めたのも、gitを始めたのも、今でもまだ関わっているのも、すべて自分本位の理由があってのこと。誰もが多くかれ少なかれ自分本位の理由があってオープンソースにたどり着くんだから、マイクロソフトが自分本位の分野を選んだことに文句を言うのはばかばかしいことだ。自分達にとって利益のある分野を選ぶのは当然だよ。ある特定の目的のためにコードを改良できること、それがオープンソースなのだから。その目的をもった人が『誰か』なんて関係ないんだ。

( 2009-07-28 )

Microsoftのコードだからといって拒絶する理由はない - Linus Torvalds氏

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/07/27/043/index.html

私は『政治の上の技術(原文: Technology Over Politics)』の信者です。私はコードに関する明らかな根拠があり、ライセンスなどの問題を気にかける必要がなければ、そのコードが誰から提供されたものなのかを気にかけることはありません

( 中略 )

オープンソースコードの提供に対する利己的な根拠を否定するのは愚かなことだ

( 2009-07-28 )

ソーシャル化するOSS開発者たち − @IT

http://www.atmarkit.co.jp/news/analysis/200904/14/git.html

リーナスは自嘲気味に「ぼくは自己中心的なクソ野郎で、自分のプロジェクトにはすべて自分の名前にちなんだものを付けるんだ。最初はLinux、次はGit」としている。

Subversionほど的外れなプロジェクトはない。スローガンは、正しく作られたCVSというものだけど、CVSを正しくやるなんてできないんだから

Subversion設計者たちは、真性のバカだよ。ああ、この部屋にもいるかもしれませんね……、あんたはバカだ! (笑)

彼らのことは信じていますよ、でも、クスリ飲むのをやめたかもしれないじゃないですか。正直に言いましょう、昨日彼はオッケーなヤツだったかもしれないけど、今日はそうじゃないかもしれないよね

( 2009-04-14 )

文中にある「リーナスがこてんぱんにやりこめている議論」の日本語訳

【インタビュー】リーナス・トーバルズ氏、「オープンソースのアイデンティティ」について語る : オープンソース - Computerworld.jp

http://www.computerworld.jp/topics/osst/135711-1.html

ファイルシステムは、たやすく人々をとりこにする。新しいファイルシステム用のドライバをカーネルに追加するのは簡単で、しかもほとんどリスクがない。そういうわけで、Linuxは現在、約35ものファイルシステムをサポートしている。ただし、実際にはそれらの多くはあまり利用されていない。

そもそも開発者のコミュニティには「2つの陣営」がある。安定した動作を好む陣営と、次々にリリースしたい陣営だ。我々がどんなにテストを繰り返したところで、エンド・ユーザーはきっとクレイジーな(思いがけないような)使い方をするだろうから、両陣営の間に軋轢(あつれき)が生まれる。ファイルシステムを安定させたいといっても、永遠にベータ版のままで開発し続けるわけにもいかないのだ。

代わりのものがひどすぎるなら、わたしはプロプライエタリ製品でも採用する。(BitKeeperには)プロプライエタリというマイナスの側面があったとしても、ではほかにどんな選択肢があっただろうか。ねえ、知ってるかい? わたしはいつも、プレゼンには「PowerPoint」を使っているんだよ?

あるアイデアが的確ならば、それを遂行することは可能だ。だが、そのアイデアに磨きをかけるためには時間がかかる。

Linux.conf.auに来たのは、ポートランドは凍えるほど寒く、オーストラリアは今が夏だからだ。わたしの仕事は相変わらず、カーネルをいじり、誰からも指図を受けず、それでいてお金を稼げるというもの。まさにわたし好みの仕事だ。

わたしはいつもあまり深く考えずに発言して、よく物議を醸してしまう。

( 2009-02-16 )

怒りのLinus――メンテナにかんしゃく玉爆発

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/watch2009/watch11b.html

 いいか、人に不平をいう前に自分自身を鏡で見てみろ。もし君がバグってるコミットを書き、誰かがそれをbisectしてくれたならば、女々しく泣き言をいう代わりに、

a)期待に応え、revertする

b)その人に感謝する、「あなたが」混入させたバグを見つけてくれたことを

c)自分自身を恥じる

とするべきなんだ。

「テストをしてくれる人とバグを報告してくれる人は、デベロッパよりも偉い」というLKML文化がよく表れている事件ですね。

( 2009-12-10 )

2009-04-13 Mon リーナス節系 ( 2008 )

Open Voices: Linus Torvalds Interview

http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/Open-Voices-Linus-Torvalds-Part-I.txt

Jim Zemlin: あなたは Linux に、Linux の開発により大きな意義のような

ものを見出していますか?

Linus Torvalds: してないよ。まあ、他の人はそうした意義を見出してるかも

しれない。というかね、ぼくが面白いなって気づいたことの一つが、

みんながどのように Linux を使うかってことなんだ。それはぼくが最初に

設計した用途じゃなく、場合によってはぼくがそれほど注意を払ってないことの

ために使うのかもしれない。

Linux を使うのは全て第三世界の国々のため、人類愛を支援するためで、

それこそぼくが Linux をやる理由だ」なんて考える人もいるけど、それは

違う。それは Linux をやる理由じゃないし、そういった賞賛はもっと大きな

構想の中で世界をよりよくしようとするために Linux を使っている OLPC(*)

のようなプロジェクトに与えられるべきなんだ。

社会的な面は、とてもいらつくこともあるし、社会的な問題が解決できなくて

みんなが怒り出すこともあるという点で、もうちょっと難しいかもしれない

けど、それもとても興味を引くものだとぼくは思っているんだ。ていうか、

もしみんなが扱いやすく、同じ方向へ引っ張られてくれるとしたらそれは

楽しくもなく興味を引くこともありえないだろうね。

だけど最終的には、唯一重要なものは現実のコードと技術そのものだよ。

向上心もなくコードも書こうとしない人でもコメントはできるし、

こうするべきだとかああするべきだとか、そうしちゃいけないとか言うことも

できるけど、結局はそういった声は問題にならない。唯一重要なものは

コードなんだ。

人ってのは結局怠け者だから、多くの人達は議論してるだけでハッピーになる。

それに議論をしても、案を実現するコードは大抵一つしかなく、実際に

選択可能な選択肢はあまりないんだよ。本当にカーネルプログラミングが

できるほど優秀で怠けることなく仕事をこなせる人ってあまりいないんだよね。

http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/Open-Voices-Linus-Torvalds-Part-II.txt

Linus Torvalds: 特許はバカげてるね。一般なアイデアに基づく特許は

大きな間違いだという事実以上に多くを語りにくいし、ビジネスモデル特許

ソフトウェア特許を取得することができるという概念全体が最初から

ぶっ壊れてるね。

Linus Torvalds: ぼくには結構競争意識あるよ。ぼくは競争の力を心から

信じてる。それは人々のやる気を出す方法として本当に重要だと思ってる。

ぼくは間違いなくやる気が出る。ていうか、それはぼくのやる気を出すものの

一つなんだ、わかる? ぼくは一番になりたいんだ。

( 中略 )

ぼくが一番になりたいというのは、Linux において一番になりたい

ということなんだ。もし他の誰かが来て、「おい、俺は Linus よりいい

メンテナをやれるぜ」なんて言うとしたら、ぼくのやる気は際限なく上がる

だろうね。そのときこそぼくはみんなに示したいんだよ、

「いいや、ぼくこそが最高のメンテナなんだ」ってね。

Linus Torvalds: 絶対にぼくのやる気を維持しているね。ぼくは平日も、

週末も、年間52週間も活動してるんだ。ぼくは、誰が最高のメンテナか

っていう質問に疑問の余地を与えたくないんだよ。

それと同時に、ぼくは競争を奨励したいんだ。別に競争が敵対的である必要は

ない。実際に一緒に仕事している場所にいるんだけど、確かに「よし、俺は

あいつより上にいってやるぜ」といった感じになることはある。どちらも同じ

分野で活動しているにもかかわらずね。

だからぼくは実際には他のカーネルツリーで起こっていること全てを見て

楽しんでいるんだ。全てのベンダは自分のツリーを持っている。もし

あるベンダがぼくの持っていないドライバを持っていたら、そのドライバを

Linus に送るほどのものではないと決定した開発者には本当に頭にくる。ぼくは

こんな感じだ、「なんでぼくのカーネルツリーがベンダのカーネルツリーより

悪くなるんだよ?」

Linus Torvalds: 「何から始めたらいい?」という質問をしょっちゅう

受けるけど、ぼくのアドバイスはそんな質問するなってことだけだね。むしろ

自分が挑戦したいと思うことがわかりきっているぐらいある特定の分野に興味を

持っているのでないなら、挑戦しちゃだめだ。そいつはさっさとあきらめて、

もし「ぼくの方がうまくやれる」と言えるものに出会い、口だけのやつから

実行するやつになる気が起きたとき、自分自身で答えが見つかるよ。

( 2008-02-03 )

2009-04-12 Sun リーナス節系 ( 2007 )

Linux Kernel Watch番外編:セキュリティをやってるやつらは狂っている?! − @IT

http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/special/103kernelwatch/kernelwatch01.html

セキュリティをやってるやつらは狂っている。

「俺のバージョン(SELinuxのこと)だけが正しい」にはうんざりだ。

このように、セキュアOS議論に対するLinusの不快感が現れた結果、空気が変わってきています。例えば、このLinus発言の後、TOMOYO Linuxが再提案されましたが、「マージするな」という論調の発言は影をひそめ、通常のレビューが行われるようになっています。

 Linusは、Linuxの「優しい独裁者」といわれてします。今回のLinusの激しい言葉も、セキュアOS議論の嫌な雰囲気を一掃するための「優しさ」だったのかもしれません。

( 2007-10-31 )

その後 TOMOYO Linux は 2009/10 頃に統合予定。

順調に進めば2009年10月ごろLinuxカーネルのバージョン2.6.30で統合される見込みという。

GCC 4.0.2 のバグ、Linus の野望を暴く

http://slashdot.jp/developers/07/10/10/1036256.shtml

Linus は、原因となった GCC 4.0.2 の最適化バグを「違法行為 (Illegal)」と呼び、「そんなコンパイラは役立たずのゴミだ」と言い切っている。

Alan Cox に「コンパイラの最適化に関する禁止令なんて存在しないんだから、違法とか言うなよ」と指摘された彼は、「ああ、俺が世界の支配者になるとき違法になるんだった。ちょっと先走りしすぎたね」と返し、「支配者になるのは、いつ頃?」という問いに「鋭意奮闘中。なかなか簡単じゃないんだなこれが」と答えている。

( 2007-10-10 )

ext3でデータが破損!? メモリ管理で不整合(1/2) − @IT

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/watch2007/watch01a.html

( Greg KHは ) GPL以外のライセンスで提供されているモジュールに、どうにかして制限を設けることができないかと考え、新しいアプローチを提案しました。それは、ペンギンについての詩(poem)を作り、モジュールがカーネルにロードされる際にその詩がキーとなるという仕組みです。

( 中略 ))

空を飛べることを夢見るペンギンについての詩を読んで、Linusは「深く、染み入るようだ(でも、それは、もしかすると昨日食べたカレーかもしれない)」とコメントしました。

( 2007-01-31 )