バイナフ自由通信+原発ダイアリー このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

November 03(Fri), 2006

[][]アンナ・ポリトコフスカヤへの鎮魂歌

フィンランドのアーティストたちが、アンナへの鎮魂歌を発表しました。YouTubeで公開されていますので、よろしければお聴きください。

http://www.youtube.com/watch?v=Q8xelS8G-SY

フィンランドの街角で彼女の死を悼む人々が掲げるキャンドルの数にも圧倒されます。映像の字幕(英語)の日本語訳は以下からご覧いただけます。

葬儀当日の情景を収めた「コーカサスの薔薇 アンナ・ポリトコフスカヤ」という映像もあります。

http://www.youtube.com/watch?v=SFtxWdkJ1wo


「アンナ・ポリトコフスカヤに捧げる歌―新しい時代の始まりに―」

http://www.youtube.com/watch?v=Q8xelS8G-SY

(訳注:死者の統計については、かなり控え目な数であるかもしれません。)


 第一次チェチェン戦争は1994年から1996年まで続いた。

第二次チェチェン戦争は1999年に始まった。

戦争は、今も続いている。

 10万人の市民が戦争で殺された。

そのうち3万2000人は子どもたちだった。

 アンナ・ポリトコフスカヤはジャーナリストであり、本の著者であり、戦時特派員だった。

彼女は40回以上もチェチェンを取材した。

 「私にはこの仕事をするための強さがある。だって、他の誰も私の代わりになってくれる人はいないから」

 ロシアでは1993年から2006年までに、46名のジャーナリストが殺害されている。

 グローズヌイでは建造物の70%が破壊された。

何万人もの人々が、廃墟の中に暮らしている。

 チェチェンで生まれてくる子どもたちの半数以上が、深刻な病気をかかえている。

 公式統計によると、1万1000人のロシア軍兵士も死亡している。

2万5000人が負傷している。

 「私は戦争に加担したりはしない。それは終わらなければならないものだから」

 アンナ・ポリトコフスカヤ 1958-2006

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ootomi/20061103/1162521083