バイナフ自由通信+原発ダイアリー このページをアンテナに追加 RSSフィード

May 06(Sun), 2007

[]北オセチア最高裁、当局者の訴追を却下

ロシア日刊紙コメルサントの5月3日の報道によると、2日、北オセチア・アラニア共和国の最高裁判所・検察庁は、さる4月3日にウラジカフカスの地方裁判所が下した決定を却下した。却下された決定は、2004年9月のベスラン学校占拠人質事件*1のさいに事件現場にいた非常事態省職員および警察官に対する訴追に関するもの。

下級審は4月3日に、先の職員ら、および、当時の現地対策本部の上級担当者の法廷への召喚を検察庁が拒否したことを違法と判断していた。この上級担当者には、北オセチアのザソーホフ大統領や、ジャンティエフ内相も含まれている。

RFE/RL NEWSLINE Vol. 11, No. 81, Part I, 3 May 2007

http://rferl.org/newsline/2007/05/030507.asp#archive

ベスラン事件の幕引きはまだ、ということですね。当局者の何かの不作為のために数百人の死傷者が出たために、法廷に引き出そうとしたら最高裁が許さなかったということでしょうか。「4月3日の決定」と訳していますが、これは判決ではないような気がしたためです。ずいぶんさぼっていたのでよくわからなくなっていますが、もう1本くらい、最近の記事を訳してみたいと思います。(大富)

*1:チェチェン独立派が1000人の人質をとって篭城し、多数の死傷者を出した事件

September 03(Sun), 2006

ootomi2006-09-03

[]ベスラン学校占拠事件:誰が嘘をついているのか?

2004年9月1日にロシアの北オセチアで発生し、治安部隊の強行突入によって330名以上(うち半数は子ども)が死亡する大惨事となったベスラン学校占拠事件から2年。ロシアの上下院議員によって設置されたベスラン独立調査委員会は、今年の2周年追悼式典を前に、政府の公式見解を根底からくつがえす報告書を発表した。


8月31日付のラジオ・リバティの記事によると、モスクワ市当局は、ロシアの人権団体が独自にベスラン学校占拠事件の追悼2周年集会を開催することを禁止した。主催団体の代表、スベトラーナ・ガンヌシキナは、モスクワ市の動きを、「(ベスラン学校占拠事件に関する)政府の調査が『客観的な事実』と異なっているという私たちの主張を広めさせないため」のものであると指摘し、「当局は、いま私たちがベスランの事件について自由に語ることを望んでいないのです」と語る。なぜなら、8月29日にベスラン独立調査委員会がまとめた報告書は、政府による公式見解とあまりにもかけ離れていたからだ。

8月29日付のラジオ・リバティの記事から、報告書の要点をまとめてみる。

(1) 政府は、体育館内の爆発とゲリラ側からの銃撃が、治安部隊の突入のきっかけとなったと発表している。一方、独立調査委員会のメンバーであり、爆発物専門家のユーリ・サヴェルエフは、700ページにもおよぶ報告書の中で、最初の銃撃がゲリラ側からではなく外部から体育館に対して発砲されたものであるということを科学的に説明し、爆発が起こったとされる場所に関して公式見解と人質の証言が一致していないことに言及している。この点については、「装甲兵員輸送車が一台、爆発の前に校舎に向かって攻撃を仕掛けた」、「爆発はそのあとで起こった」という市民の目撃証言もあり、独立調査委員会による報告がそれを裏付ける形になった。

(2) 政府の公式見解によると、実行犯は32名で、うち31名が治安部隊によって殺害されたという。しかし、独立調査委員会の報告書は、実際には60名から70名の実行犯がいた可能性を指摘する。それが事実だとすれば、彼らはいったい誰だったのだろうか?これに関しては、ゲリラ唯一の生存者とされるヌルパシ・クラーエフの裁判の中で、「人質犯たちのなかには、少なくとも数人のスラブ系(チェチェン人はコーカサス系)の人物がおり、うちひとりの狙撃手は、指揮にあたっていたと見られている。しかし、9月3日にロシア治安部隊の突入のあと、その遺体はどこからも見つからなかった」ことなども明らかにされている。

(3) さらに、報告書では、ロシア内務省が事件に関して事前に情報を得ていながら何も対策を取らなかったことも指摘されている。

こうした報告を受け、ベスラン母親委員会は、当局に真相究明を求める請願書を作成している。ベスランで活動するジャーナリストのムラート・クボーエフは、次のように語る。

「大勢の人質の死に対して治安部隊が責任を負っていることは解りきっています。それが故意であったかそうでないかは問題ではありません。問題は、検察当局が目撃者の証言にまったく耳を貸そうとしていないことなのです」

September 29(Thu), 2005

[]ロシア治安部隊が先に撃った――証言

北オセチア、ベスラン学校占拠人質事件犯人ヌルパシ・クラーエフの裁判が続いている。9月3日の治安部隊の突入のさい、当局側は「体育館の中で爆発があり、中から銃撃があったために突入した」としていたが、現場の近所に住んでいる市民、クズベク・トルビノフ氏(64歳)は法廷での証言で次のように証言した。「装甲兵員輸送車が一台、爆発の前に校舎に向かって攻撃を仕掛けた」と証言した。

この証人は事件をすぐ近くの自宅から目撃していた。「3日目に、治安部隊の4人の兵士が、校舎内から遺体を引き取るために入っていった。人質犯の一人が出て行きて、遺体を運び出そうとしていた。そのとき、装甲車がやってきて、学校を銃撃し始めたんだ。爆発はそのあとで起こった」

ロシア当局はこれまで、体育館内に仕掛けられた爆弾を人質犯たちが爆発させたために、突入せざるを得なくなったと発表していた。しかし、遺族達は治安部隊が犯人達を掃討するために、焼夷弾や火炎放射器、戦車砲などを使ったと非難している。

Russian Forces Were First to Fire ― Beslan Witness

http://www.mosnews.com/news/2005/09/28/beslantrialwitness.shtml