バイナフ自由通信+原発ダイアリー このページをアンテナに追加 RSSフィード

January 14(Sat), 2006

[]「チェチェン 市民の証言」

 1月14日(土)午後10:10〜11:00

 NHK BS1 BSドキュメンタリー

 

 昨年9月3日の放送が延期になり、9月17日の予定も延期になって放送の実現があやぶまれていました。三度目の正直で本日の夜10時10分から放映されることになりました。(二度あることは三度ある)になったらごめんなさい。


 取材者ではありますが、編集作業にはいっさいタッチしていませんので、どのような番組内容になるかは分かりません。が、長期間にわたって複数の日本人テレビ関係者がチェチェン内に入ること自体、(取材時点では)奇跡的だったので、放映されるだけでも価値があると思います。

 みなさん、ぜひ見てください。

November 21(Mon), 2005

ootomi2005-11-21

[]日本史上初のチェチェン戦争反対デモ

 今日は、原稿の締め切り前日だというのに、東京池袋で行なわれた「チェチェン戦争反対」デモに行って来た。


 2005年11月20日午後1時30分より、東京池袋の中池袋公園で集会が始まった。チェチェンの戦争がはじまってから、この12月で11年を迎える。


 100万人の人口で20万人もの人が犠牲になっているにもかかわらず、これまで日本において屋外の集会とデモはなかった。参加者は75人で小規模のものとはいえ、踏み出した一歩は大きい。なにしろ、日本の歴史始まって以来の出来事だったからだ。


  最近、撮影をしていなかったので、ビデオとスチールカメラの両方の撮影にとまどった。


 デモの前には集会があったのだが、小さな公園にグループが二つ。ひとつは、アイヌ民族を無視した日露間の領土交渉に反対する人たち。公園のもう一方のすみではチェチェンでの虐殺に抗議する人々。


 この二つのグループが一緒になって池袋の街を行進した。


 私は、チェチェングループを写真撮影したりしていた。発言する人たちが、自分自身の言葉・自分自身の表現で想いを語っていたのが新鮮だった。集会での演説というより、トークショーのような趣であった。


 チェチェンの状況は悪化しているが、集会は、なぜか温かい雰囲気であった。なにしろ集会とデモに関して”素人”も多く、デモ出発前には念のためシュプレヒコールの練習をしたり、行進が終わってから、参加者が集まって記念撮影(集合写真)していたのが笑える。

 

 そんなわけで、少し疲れている。明日は、400字詰めで23枚の原稿の締め切り。いま、夜の9時なのに、まだ一字も書けていない。ああ、どうしよう・・。

                          2005年11月20日 林 克明

September 12(Mon), 2005

[]新書プレゼント

 昨年「信濃毎日新聞社」で連載していた原稿が集英社新書としてまとまりました。『フォトジャーナリスト13人の眼』(集英社新書 日本ビジュアルジャーナリスト協会編)です。

 チェチェンの原稿と写真は4点入っています。ほかにも、イラク、パレスチナなど厳しい状況におかれた人びとを描いた文章や写真が載っています。

 刊行を記念して「通販あれこれ」で2名の方に読者プレゼントをしています。もし希望されるなら下記をクリックして応募してみてください。

http://www.rakuten.co.jp/arekore/573984/577675/

通販あれこれプレゼント係