Hatena::ブログ(Diary)

left over junk

2008-03-05

Chapter 12: HABITS OF MIND [12-28]:「コミュニケーション・スキル」の項目

| Chapter 12: HABITS OF MIND [12-28]:「コミュニケーション・スキル」の項目を含むブックマーク Chapter 12: HABITS OF MIND [12-28]:「コミュニケーション・スキル」の項目のブックマークコメント


さきほどのエントリでSFAA勝手に翻訳プロジェクトを紹介しました.微力ながらぼくもお手伝いしたいと思い,とりあえず12章のパラグラフ28を訳しました.

 該当するページは,翻訳プロジェクト本家ブログのここ

 誤訳の指摘は随時大歓迎です\(>▽<)/


■SFAA [12-28]

コミュニケーション・スキル

科学・数学・テクノロジーの意見交換には,ごまかしなく明晰に知識や情報を伝達・共有し分別をもって読み聴きする能力が必要となる.こうしたスキルのなかには科学・数学・テクノロジーそれぞれに特有のものもあれば,一般的なものもある──もっとも,一般的なスキルであっても伝える内容と無関係というわけではない.誰もが次のことをできるようなスキルを身につけた方がいい:


  • 本レポートで勧告している基本的な知識を口頭や文書で言い表すこと.そうするためになによりも必要なことは,学生たちはそうした知識を理解し,さまざまな知識を組み合わせてじぶんなりの概念的な構造を組み立て,それを事例や合理的な論証によって解説できるようになることだ.
  • 本レポートで使われているような,科学・数学・テクノロジーの主要な知識にふさわしい標準的な語彙に慣れ親しむこと.多くの学校では,科学はただひたすら言葉を覚え込ませるかたちで教えられている.だがこれこそが主たる問題である.この教え方は有害であり,いま求められているやり方ではない──必要なのは,科学をある水準まで理解した結果として使いやすい語彙が身につくことである.
  • 正しい解釈を,「もし…なら〜である」・「かつ」・「すべての」・「〜でない」・「〜と相関する」・「〜を引き起こす」といった表現で言い表すこと.
  • 単純な表に情報を整理すること.
  • 情報や関係を手書きの図にしてさまざまな傾向(一定・加速・逓減・循環)を表すこと.
  • 円グラフ・単純な棒グラフ・折れ線グラフ・疑色マップ・2元表から数値を読み取ること.そのさい,グラフの伝えるメッセージが尺度の選び方しだいで変わってしまうことを理解したうえでグラフや表から傾向と極値を把握すること.
  • 表・グラフ・文章が表すデータがたがいに一致しているかどうか確かめること.
  • 作業順序の説明・製法・式・流れ図・素描などをもちいて手続きを書いたり,そうした手続きを読むこと.
  • 基本的な幾何学的関係を理解し,みずから用いること.これには垂直・並行・相似・合同・正接・対称が含まれる.
  • 極座標・直交座標を使って地図上の地点をみつけたり,言い表すこと.
  • 科学的な話題についての集団討議に参加するときに,人の発言を言い直したり要約し,相手に話の明確化や精緻化を求め,ものの見方を切り替えられるようになること.

対応する原文は下記のとおり:


[12-28]

COMMUNICATION SKILLS

Discourse in science, mathematics, and technology calls for the ability to communicate ideas and share information with fidelity and clarity, and to read and listen with understanding. Some of the skills involved are specific to science, mathematics, and technology, and others are general—although even those are not independent of content. Everyone should have the skills that will enable him or her to do the following:

  • Express orally and in writing the basic ideas covered by the recommendations in this report. This requires, above all, that students acquire some understanding of those ideas, build them into their own conceptual structures, and be able to illustrate them with examples and rational argument.
  • Be comfortable and familiar with the standard vocabulary appropriate to the main ideas of science, mathematics, and technology, as used in this report. In many schools, science is taught solely as vocabulary, and that is largely what is tested. This approach is disastrous and is not what is called for here—which is a level of understanding of science that results in a useful vocabulary.
  • Put correct interpretations on the terms "if..., then ...," "and," "every," "not," "correlates with," and "causes."
  • Organize information into simple tables.
  • Depict information and relationships by drawing freehand graphs to show trends (steady, accelerated, diminishing-return, and cyclic).
  • Read values from pie charts and simple bar and line graphs, false-color maps, and two-way data tables, noting trends and extreme values and recognizing how the message in a graph is sensitive to the scale chosen.
  • Check the correspondence between tabular, graphic, and verbal descriptions of data.
  • Write and follow procedures in the form of step-by-step instructions, recipes, formulas, flow diagrams, and sketches.
  • Comprehend and use basic geometrical relationships, including perpendicular, parallel, similar, congruent, tangent, rotation, and symmetry.
  • Find and describe locations on maps, using rectangular and polar coordinates.
  • Participate in group discussions on scientific topics by being able to restate or summarize what others have said, ask for clarification or elaboration, and take alternative perspectives.
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/optical_frog/20080305/p4


リフレ政策を発動せよ