Hatena::ブログ(Diary)

left over junk

2008-03-08

Chapter 14: REFORMING EDUCATION:[14-1]〜[14-6]

| Chapter 14: REFORMING EDUCATION:[14-1]〜[14-6]を含むブックマーク Chapter 14: REFORMING EDUCATION:[14-1]〜[14-6]のブックマークコメント


SFAA第14章の翻訳を少しお手伝い.


【2008-03-13】誤字・表現を改めました.


■SFAA[14-1]

プロジェクト2061は,学校の短期的な改善よりも教育の長期的な改革に関わっている.たしかに学校の改善は必要かつ可能であり,また,合衆国の多くの地域で現に進行している.しかし,30年以上も前にスプートニク・ショックによって我が国の状況が露呈して以来,持続的な教育改革は容易に達成されていない.


■SFAA[14-2]

科学教育を全体として首尾よく改革できるかどうかを決めるのは,公衆が科学教育の改革を求めるかどうか,そして我々国民が何をもって改革の達成と見なすかどうかである.本章は,まず科学・数学・テクノロジー教育において改革を必要とするとの合意が現に存在していることを示し,次いでプロジェクト2061のアプローチの基礎をなす前提条件を提示する.

■SFAA[14-3]

改革の必要

合衆国の科学教育を強化する必要は1980年代になされた数多くの教育研究で広く認められている(その中の代表的なレポートのリストは Appendix B に掲載してある).すべての学生の科学教育を改善すべきとする論証でもっとも強力なものは人間の知性を自由にする科学の役割にあるのかもしれないが,しかし,公共の議論はそれよりも具体的で実用的かつ卑近な理由に関わっている.


■SFAA[14-4]

1980年代の教育レポートの大半を動機づけていたのは,国民の間で当時大きくなりつつあった2つの異なる懸念が一体となったものだった.ひとつは,アメリカ経済が下降しつつあるとの懸念である.アメリカ国内の豊かさとその国際的な権力──いずれも実質的に我々の傑出した科学・テクノロジーに支えられている──が,他国とりわけ日本と比較して弱体化しつつある.もうひとつの懸念材料は,アメリカの公教育にみられた傾向である:その傾向とは,テストの得点の低さ,学生の数学・科学離れ,多くの学校における教育スタッフの弱体化と士気低下,他の技術先進国に比べて低い進学率,そして学生の理数的知識の国際調査で底辺ちかくのランクとなってしまったこと,これらである.こうしたレポートが相次ぎ,またその内容がマスメディアで報道されたことで,こういった教育の欠陥が注目を集めることとなった.こうして国民はついにアメリカの教育が危機にあると認識するに至ったのである.


■SFAA[14-5]

国民は教育そのものにもでも問題を感じていたが,その一方で合衆国における教育の失敗は積み重なって経済の問題の主要因となっているともみなされるようになった.全体として正しいかどうかは別として,この見解は大半のレポートで暗黙のものとされており,それ以外のものでは明確に述べられている.個々のレポートはそれぞれ多様な観点から問題を論じたが,どのレポートも一致してこの経済の低調と教育の傾向という問題設定に突き動かされている.


■SFAA[14-6]

こうした背景事情をふまえるなら,より一般的な性格をもつ様々な教育改革と並んですべての学生の科学・テクノロジー教育を改善する必要を教育研究レポートがあれこれのかたちで力説したのもうなずける.教育研究レポートを総合してみると,このポスト工業化社会においては国全体のパフォーマンスと質の高い教育が社会に広く行き渡っていることとの間に関連があることが明らかとなる.いまや,初等・中等学校の子供たちがよりよい科学・数学・テクノロジー教育を受ける必要があるとの明確な国民的合意がある.


対応する箇所の原文は下記のとおり:


[14-1]

Project 2061 is concerned more with lasting reform of education than with the immediate improvement of the schools—although such improvement is certainly needed, possible, and under way in many parts of the United States. But, as the nation discovered after Sputnik more than three decades ago, enduring educational reform is not easily achieved.

[14-2]

The possibility of successfully restructuring science education in its entirety depends on the presence of a public demand for reform in science education and on what we as a nation think it takes to achieve reform. This chapter begins by showing that there is in fact a consensus on the need for reform in science, mathematics, and technology education, and then presents the premises that underlie the approach of Project 2061 to reform.

[14-3]

THE NEED FOR REFORM

The necessity for strengthening science education in the United States has been widely acknowledged in the numerous education studies conducted in the 1980s (a representative selection of reports is listed in Appendix B). Although the most powerful argument for improving the science education of all students may be its role in liberating the human intellect, much of the public discussion has centered on more concrete, utilitarian, and immediate justifications.

[14-4]

Most of the education reports of the 1980s have been motivated by the confluence of two different growing public concerns. One concern is America's seeming economic decline. Our domestic affluence and international power—both based substantially on our scientific and technological preeminence—have been weakening in relation to those of other countries, especially Japan. The other concern consists of certain trends in U.S. public education: low test scores, students' avoidance of science and mathematics, a demoralized and weakening teaching staff in many schools, low learning expectations compared to other technologically advanced nations, and being ranked near the bottom in international studies of students' knowledge of science and mathematics. All of the reports and the mass media coverage of the reports have highlighted these educational deficiencies, and the nation has finally become aware that indeed there is a crisis in American education.

[14-5]

Even while being deplored for themselves, the educational failures in the United States have come to be seen collectively as a major contributor to the economic failures. This view, whether entirely justified or not, has been implicit in most of the reports and explicit in others. Although each of the various reports has addressed the issues from a somewhat different perspective, all have been energized by the same set of disturbing economic and educational trends.

[14-6]

Given this background, it is understandable that the reports emphasize, in one way or another, the need to improve the science and technology education of all students, as well as the need for various educational reforms of a more general nature. Taken together, the reports serve to underscore that in our postindustrial society, there is a strong connection between how well a nation can perform and the existence of high-quality, widely distributed education. There is now a clear national consensus in the United States that all elementary and secondary school children need to become better educated in science, mathematics, and technology.

kahjinkahjin 2008/03/08 13:11 はじめまして。とりあげて頂いてありがとうございます。いろいろな人の訳を比較するのは面白いですね。
例えば、「dropped out along the way」の部分は私は常軌に外れているという極値的な意味で訳してしまったのですが、その後のstudentって所で、退学したという意味もうなずけます。
あと、[9-33]の部分は、なるべく専門的な用語は避けるようしました。それで、解釈を間違うのも困りものですが。とりあえず、校正は次の段階ですね。ではでは。

optical_frogoptical_frog 2008/03/08 19:25 >kahjinさん
 はじめまして.
 拙訳は,逆に安易に定番の用語に頼っているきらいがありますね.平易に訳したいです orz

blackshadowblackshadow 2008/03/13 00:33 こんばんは。現在訳のとりまとめ中の黒影です。
翻訳に関してですが、一点だけ、「改革の必要」という部分を「改革の必要性」に直させていただきました。
どうぞご了承ください。

optical_frogoptical_frog 2008/03/13 00:52 >黒影さん:
 こんばんは.
 「必要→必要性」の件,了解いたしました.今後は拙訳のいたらないところをみなさんの手で修正していただければと思います.集合知ばんざいです\(^▽^\)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/optical_frog/20080308/p4


リフレ政策を発動せよ