Hatena::ブログ(Diary)

left over junk

2008-03-08

Chapter 14: REFORMING EDUCATION:[14-7]〜[14-12]

| Chapter 14: REFORMING EDUCATION:[14-7]〜[14-12]を含むブックマーク Chapter 14: REFORMING EDUCATION:[14-7]〜[14-12]のブックマークコメント


■SFAA[14-7]

改革の前提

改革は必然的に長い時間を要する

教育では弥縫策はかならず失敗する.そうなる理由は容易にわかる.理由のうちもっとも明白なのは,実行の規模である.合衆国における教育は大規模な事業であり,300万人以上の人々が雇用され,年に2000億ドル近くが費やされ,1兆ドルを超す固定資産を抱えている.アメリカの初等・中等学校は50の州に8万以上あり,5000万人近くの児童・生徒を抱えている.これがすぐにも容易に変えられるなどと考えるのは空想的にすぎよう.すぐれた構想と計画をもって,その事業に相応の資源を投入して勤勉な取り組みをなしたとしても,教育システムの変革を全米で大々的に行うには10年以上の歳月を要する.


■SFAA[14-8]

しかし,これはたんなる規模の問題にはとどまらない.他の諸国の大半とちがい,合衆国の教育システムは政治的・経済的に分権化されている.教育政策と教育資源の使用に関する意思決定は文字どおり数千もの異なる単位によりなされている.すなわち,16,000の学区,3,300の単科大学・総合大学,50の州,連邦政府の複数の機関,さらにあらゆるレベルの裁判所が教育に関わっている.このような制度のあり方にはたしかに利点もあるが,しかし迅速な変化は不得意である.なにより,この分権的システムでは,抜本的な改革が必要との合意を教育関係者と国民の間に形成するまで時間がかかる.次に,改革の柱はいかなるものであるべきかについて国民の同意にいたるまでに,またしても時間がかかる.さらに,実施計画を立案し,構想を検証し,数万に及ぶ機関・団体によって計画が実施に移されるまでにも時間を要す.


■SFAA[14-9]

最終的に改革は政策・機関・プロセスの問題である前になにより人の問題である. 教育者に限らず大半の人々は,こと態度・信念・もののやり方に話が及ぶとゆっくりとした変化を好むものだ.教師や行政者は,教育の目的・若者の性質・学びを育む最善の方法について人間を考慮した見方をみずからの仕事に取り入れている.こうした見方は何年にもわたる経験──生徒としての経験,教師としての経験,そしてときに親としての経験──によってうまれ,強められている.思慮ある教育関係者たちは,このように堅固になった見方を布告や流行で簡単に変えたりはしない.そうではなく,彼らが動かされるのは,尊敬される同僚の間に醸成される感情や,新たな可能性を探る真剣な努力への見返り,そして新たな着想をじっくりと試すことで得られる正のフィードバックによってである.これらはいずれも時間を要する.


■SFAA[14-10]

教育関係者の変化は,大部分が世代交代によるものなのかもしれない.たとえば若い物理学者やエンジニアは新しい知識・技法・態度をみずからの職業にもちこむ.教師や教育行政者の世代交代もこれと同様のはたらきをする.しかし,それは以前の世代と異なる態度・知識・スキルを彼らが持ち合わせている場合に限られる.したがって,教員養成の改革こそは学校改革の必要条件 (sine qua non) である.しかし,その効果が目に見えて現れるまでには必然的に時間がかかる.


■SFAA[14-11]

協力が不可欠

教育改革に対する一枚岩のアプローチはアメリカらしいやり方ではない.これには相応の理由がある: ある特定のグループや部門が独占的に知恵・発想力・資源・権威を所有しているわけではなく,また,重大な教育問題にただひとつの解決策がないことなどはまれだからだ.しかし,多様な努力がなされたとしても,物事を変えようとする人々が互いを考慮せずそれぞれに異なる方向に向かっていては,国全体に大きな影響をもたらすことはできない.〔他方で〕教育において一丸となって行進するのは可能でもなければ望ましいことでもない.可能にして望ましいこと,それは協力へのコミットメントである.コミットメントと言うとき,それが意味する実際の行動は,同じ問題・関連した問題に取り組む人々と知識と情報を共有することである.科学教育改革の文脈で言えば,科学コミュニティが教育改革のプロセスに意義ある貢献をなそうと望んでいる限りにおいて,このことは科学コミュニティそのものにあてはまる.


■SFAA[14-12]

もちろん,プロジェクト2061もまた,科学・数学・テクノロジー教育において新しい指針を示し現行のシステムに意義ある改善をしようとする数多くの試みのひとつにすぎない.全米のそこかしこで,個々の教師・学校はしばしば困難な状況に抗して物事を変えようと努めており,また,学区と州の一部においては断固とした改革が進行中である.さらに,全米規模でのプロジェクトも存在する.そのうちの多くは各種財団・政府機関の助成金を受けており,職業団体・大学・独立組織を中心としている.その改革の焦点はさまざまである.こうした多様な改革の努力をつなぎあわせてひとつの潮流にまとめる必要がある.


対応する原文は下記のとおり:


[14-7]

REFORM PREMISES

Reform Necessarily Takes a Long Time

Quick fixes always fail in education, and for readily understandable reasons. Perhaps the most obvious of these is simply the size of the enterprise. Education in the United States is an enormous business, employing more than 3 million people, expending nearly $200 billion a year, and holding collective capital assets in excess of $1 trillion. It is quixotic to believe that elementary and secondary education in America—serving nearly 50 million students located in more than 80,000 schools and 50 states—could easily or quickly be changed. Even with great ideas, the best of intentions, an investment of resources on a scale appropriate to the job, and lots of hard work, any sweeping change in the educational system nationally is bound to take a decade or longer.

[14-8]

It is more than simply a problem of scale, however. Unlike the situation in most other countries, the system of education in the United States is decentralized politically and economically. Decisions on educational policy and the use of resources for education are made by literally thousands of different entities, including 16,000 separate school districts, 3,300 colleges and universities, 50 states, several agencies of the federal government, and the courts at every level. This state of affairs may have its advantages, but a capacity for rapid change is not one of them. It takes time, first of all, for a strong consensus to build among educators and the public that radical change is needed. Then more time is needed to come to some national meeting of the minds on what the main ingredients of reform should be. Still more time is needed for action plans to be drawn up, ideas tested, and action initiated in tens of thousands of different institutions.

[14-9]

Ultimately, reform is more about people than it is about policies, institutions, and processes. And most people—not only educators—tend to change slowly when it comes to attitudes, beliefs, and ways of doing things. Teachers and administrators bring to their jobs the full range of human views about the purposes of education, the nature of young people, and the best ways to foster learning. Their views have been derived from and reinforced by years of experience—as students, teachers, and, often, parents. Sensible professionals do not replace their strongly held views and behavior patterns in response to fiat or the latest vogue; instead, they respond to developing sentiment among respected colleagues, to incentives that reward serious efforts to explore new possibilities, and to the positive feedback that may come from trying out new ideas from time to time—all of which can take years.

[14-10]

Professions may change mostly in response to turnover. Young physicians and engineers, for instance, carry new knowledge, techniques, and attitudes into those professions. Successive generations of teachers and school administrators can serve in the same way, but only if they come bearing different attitudes, knowledge, and skills than the ones they replace. Reforming teachers' education, therefore, is the sine qua non of school reform, but it will necessarily be slow to make its impact felt.

[14-11]

Collaboration Is Essential

Monolithic approaches to educational reform are not the American way, and with good reason: No group or sector is in sole possession of wisdom, inventiveness, resources, and authority, and few educational problems of consequence have only one possible solution. But diversity of effort can lead to little impact on a national scale if those who are striving to change things are all heading in different directions without regard for each other. Lockstep in education is neither possible nor desirable, but a commitment to collaboration is. Operationally, such a commitment means sharing ideas and information with others who are addressing the same or related problems. In the context of the reform of science education, this observation applies to the scientific community itself to the degree it wishes to make significant contributions to the process of reform in education.

[14-12]

Project 2061 constitutes, of course, only one of many efforts to chart new directions in science, mathematics, and technology education and to bring about significant improvements in the current system. Here and there across the nation, individual teachers and schools are striving, often against heavy odds, to change things, and in some school districts and states, vigorous reform is now the order of the day. Moreover, on a national scale, there are projects—many of them funded by foundations and government agencies and centered in professional associations, universities, and independent organizations—that are focusing on various aspects of reform. There is a need for these various reform efforts to link up to bring coherence to the movement.

kahjinkahjin 2008/03/08 13:11 はじめまして。とりあげて頂いてありがとうございます。いろいろな人の訳を比較するのは面白いですね。
例えば、「dropped out along the way」の部分は私は常軌に外れているという極値的な意味で訳してしまったのですが、その後のstudentって所で、退学したという意味もうなずけます。
あと、[9-33]の部分は、なるべく専門的な用語は避けるようしました。それで、解釈を間違うのも困りものですが。とりあえず、校正は次の段階ですね。ではでは。

optical_frogoptical_frog 2008/03/08 19:25 >kahjinさん
 はじめまして.
 拙訳は,逆に安易に定番の用語に頼っているきらいがありますね.平易に訳したいです orz

blackshadowblackshadow 2008/03/13 00:33 こんばんは。現在訳のとりまとめ中の黒影です。
翻訳に関してですが、一点だけ、「改革の必要」という部分を「改革の必要性」に直させていただきました。
どうぞご了承ください。

optical_frogoptical_frog 2008/03/13 00:52 >黒影さん:
 こんばんは.
 「必要→必要性」の件,了解いたしました.今後は拙訳のいたらないところをみなさんの手で修正していただければと思います.集合知ばんざいです\(^▽^\)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/optical_frog/20080308/p7


リフレ政策を発動せよ
Connection: close