Hatena::ブログ(Diary)

left over junk

2008-03-09

Chapter 14: REFORMING EDUCATION:[14-13]〜[14-20]

| Chapter 14: REFORMING EDUCATION:[14-13]〜[14-20]を含むブックマーク Chapter 14: REFORMING EDUCATION:[14-13]〜[14-20]のブックマークコメント


【2008-03-13】誤字・表現を改めました.


■SFAA[14-13]

教師が中心

たしかに教育を改革する創造的な構想はさまざまなところからもたらされている.しかし,教室での直接の経験から得られる洞察を提示できるのは教師のみである.学生の知識や技能,そして学校の文化を変革できるのは教師以外にいない.さらに,トップダウンや外部からの強勢で教師たちに改革を押しつけることはできない.提案された変化の利点を教師たちが納得しなければ,そうした変化を実現しようと彼らが熱心に取り組むことなどありそうにない.また,求められていることを教師たちが十分に理解していなかったり,新しい教授内容・教授方法の導入に十分な準備が整っていなければ,改革案は失敗する.どちらの場合にも,よりいっそう教員たちが改革案の作成に参加し,合意した変革の実施において支援が与えられるほど,教師たちが実施を持続的なものにできる可能性はいっそう高くなる.


■SFAA[14-14]

教師たちが改革の中心ではあるのだが,しかし教師たちだけにその達成の責任をもとめることはできない.彼らには同盟者が必要である.教科書を変えること,テスト方法をいまより実用的なものに変更すること,行政の支援システムを創出すること,改革の方針とその実現に時間を要すことを国民に周知すること,改革に必要な資金を用意すること──これらは教師たちだけではできない.このように,学校行政者と教育政策立案者たちは教師たちを支援する必要がある.また,教師たちには学術に関する同僚も必要だ──たとえば,当該学科の専門家,子供の発達の専門家,学習の専門家,新しいテクノロジーを教育に応用する可能性についての専門家などがあげられる.さらに,教師たちには,地域のリーダー・ビジネスや労働のリーダー・親たちの支援も必要だ──つきつめれば教育改革は共有された責任だからである.教師たちはより多くの改革の責任を負うこととなる.しかし,それによって教師以外が担う役割の責任が減少するわけではないのだ.


■SFAA[14-15]

包括的なアプローチが必要

漸進的な改革からは漸進的な効果が得られる.学区レベルでは,改革の努力は包含的であるべきだ:すべての学年・すべての学科・すべての課程を含まねばならない.たとえば第三学年の読解力,小学校の社会科,職業適性のある学生向けの生物学を向上させるのは,それほど困難なことではない.しかし,そうした互いに関連のない変革が積み重なることで,やがて現在の断片化して荷の重いカリキュラムよりも統合的で一貫した効果的なカリキュラムとなることは,ありそうにない.より広く包含的なアプローチなしでは,変革は時間割・学科・学級・課程の境界におさまるように制約されてしまう.こうした境界そのものが問題のかなりの部分を占めているのかもしれない.

■SFAA[14-16]

全国規模では,改革は教育システムのあらゆる側面をとりあげるという意味で包括的である必要がある.科学教育の改革は,幼稚園から高校までの既存のカリキュラムを改めることにかかっている.しかし,新しいカリキュラムを機能させるためには,教師の準備・教科書の内容・その他の学習材料・テクノロジーの利用・テストの性質・学校の組織にも変更がなされねばならない.さらに,そうした変更は相互に両立可能でたがいに打ち消し合うことがないようにする必要がある.


■SFAA[14-17]

包括的な改革といっても,すべての方向へ一度に手をつけようということではない.そうではなく,これが求めるのは,先にある段階をすませて次に進むこと,一部の問題を優先すること,そして,資源を戦略的に配分することである.実施に移る前にシステム全体での計画立案が周到になされるべきであり,その計画立案でもっとも重要なのは優先順位を立てることである.優先順位の設定に失敗すれば,わずかな変革しか達成できなくなるかもしれない.間違った優先順位を設定すれば,学生たちのおかれる状況は改革実施以前よりも悪くなってしまいかねない.


■SFAA[14-18]

改革は子供が必要とする科学学習に焦点をおかねばならない

人口統計の現実・国民の要望・民主的価値を考慮するなら,我が国はもはやどの学生の科学教育も軽視するわけにはいかないことがはっきりする.人種・言語・性別・経済事情のいずれも,科学・数学・テクノロジーのすぐれた教育を受けられる学生と受けられない学生を選別する要因となってはならない.(女生徒やマイノリティの学生にしばしばあったように)一部の学生の科学教育を軽視するならば,彼らから基本的教育を奪い,生涯のハンディキャップを負わせることとなり,また,我が国の才能ある労働者と眼識ある市民を失うことになってしまう──そのような損失を我が国は受け入れられない.


■SFAA[14-19]

すべての学生に手を伸ばすと言うことは,学生のあらゆる層の教育を改革することを意味する──すなわち,職業教育,一般教育,そして大学進学準備教育を改革するということである.高校卒業後すぐに就職したいと望む学生であっても,商業関係の狭い技能にのみ焦点をおくのは役に立たない;彼らも,科学的知識と推論のしっかりした基礎とコミュニケーションスキル・学習スキルを身につける必要がある.大学進学を希望するすべての学生が,たとえどのような将来の専攻を考えていようと,大学入学の時点で科学・数学・テクノロジーを理解し,それを基礎にして学びこれらの中から専門分野を選択できるようになっていなければならない.将来を決めていない学生も,その後の進路をどの方向にも選べるような知識・スキル・態度を必要とする.


■SFAA[14-20]

あらゆる子供の科学学習の必要に応えるには,学習はある意味で子供の仕事であることを社会全体が理解する必要がある.遊びはそれ自体として大事なことであり,また,遊びはしばしば学習につながる点でも大事である.また,お金をもらって働くのも子供にとって教育的となりうる.しかし,遊びも仕事も体系的な学習の代わりにはならない.したがって,親と市民は子供のエネルギーの大部分が学習の課題に注がれるべきだということを理解しなければならない.


対応する原文は下記のとおりです:


[14-13]

Teachers Are Central

Although creative ideas for reforming education come from many sources, only teachers can provide the insights that emerge from intensive, direct experience in the classroom itself. They bring to the task of reform a knowledge of students, craft, and school culture that others cannot. Moreover, reform cannot be imposed on teachers from the top down or the outside in. If teachers are not convinced of the merit of proposed changes, they are unlikely to implement them energetically. If they do not understand fully what is called for or have not been sufficiently well prepared to introduce new content and ways of teaching, reform measures will founder. In either case, the more teachers share in shaping reform measures and the more help they are given in implementing agreed-upon changes, the greater the probability that they will be able to make those improvements stick.

[14-14]

Although teachers are central to reform, they cannot be held solely responsible for achieving it. They need allies. Teachers alone cannot change the textbooks, install more sensible testing policies than are now in place, create administrative support systems, get the public to understand where reform is headed and why it takes time to get there, and raise the funds needed to pay for reform. Thus, school administrators and education policymakers need to support teachers. Teachers also need academic colleagues—scholars who are experts on relevant subject matter, child development, learning, and the educational potential of modern technologies. And they need the help and support of community leaders, business and labor leaders, and parents—for in the final analysis, educational reform is a shared responsibility. It is time for teachers to take more responsibility for the reform of education, but that in no way reduces the responsibility of others to do their part too.

[14-15]

Comprehensive Approaches Are Needed

Piecemeal reform measures beget piecemeal effects, if any. At the school district level, reform efforts should be inclusive: all grades, all subject domains, all streams. It is less demanding to concentrate on, say, improving third-grade reading, junior high school social studies, and biology for vocational students. But such unrelated changes are not likely to add up to curricula that are any more integrated, coherent, and effective than the fragmented, overburdened ones that now exist. Without a more sweeping approach, change will be constrained by having to fit within the boundaries of class periods, school subjects, sequences, and tracks that themselves may be a large part of the problem.

[14-16]

Nationwide, reform needs to be comprehensive in the sense of addressing all aspects of the system. Reform in science education depends on changing existing curricula from kindergarten through high school. But to make new curricula work, changes must also occur in the preparation of teachers, the content of textbooks and other learning materials, the use of technologies, the nature of testing, and the organization of schools. Furthermore, the changes need to be compatible, lest they cancel each other out.

[14-17]

Comprehensive reform does not imply going off in all directions at once. Rather, it demands that some steps occur before others, that some problems take precedence, and that resources be deployed strategically. Careful systemwide planning should precede action, and no aspect of planning is more crucial than setting priorities. Failure to set priorities can result in only a little change; setting the wrong priorities may leave the students worse off than before reform was undertaken.

[14-18]

Reform Must Focus on the Science Learning Needs of All Children

When demographic realities, national needs, and democratic values are taken into account, it becomes clear that the nation can no longer ignore the science education of any students. Race, language, sex, or economic circumstances must no longer be permitted to be factors in determining who does and who does not receive a good education in science, mathematics, and technology. To neglect the science education of any (as has happened too often to girls and minority students) is to deprive them of a basic education, handicap them for life, and deprive the nation of talented workers and informed citizens—a loss the nation can ill afford.

[14-19]

To reach all students means reforming the education of every strand of the student body—vocational, general, and college preparatory. For students who expect to go right to work after high school, a narrow focus on trade skills will no longer do; they need to acquire a strong base of scientific knowledge and of reasoning, communication, and learning skills. All college-bound students, quite apart from what they believe their majors will eventually turn out to be, need to enter college with an understanding of science, mathematics, and technology that they can build on and that will make it possible for them to elect a technical field. And undecided students need the knowledge, skills, and attitudes to enable them to move in any direction. The recommendations in this report, therefore, apply equally to all students.

[14-20]

Meeting the science learning needs of all children requires that society as a whole recognize that learning is, in a sense, the chief occupation of childhood. Play is important for its own sake and because it often leads to learning, and work for money can be instructive for children, but neither play nor employment can substitute for systematic study. Parents and citizens in general, therefore, must understand that a substantial portion of the energies of childhood have to be devoted to the task of learning.

blackshadowblackshadow 2008/03/09 17:09 こんにちは。黒影です。
14章の翻訳、どうもありがとうございました。
予想以上のハイペースで翻訳が進んでいるため、うれしい悲鳴を上げております。

翻訳完了した章は随時こちらでまとめさせていただきますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

optical_frogoptical_frog 2008/03/10 00:47 >黒影さん:
 はじめまして.
 黒影さんのブログの当該エントリに感銘して,拙いながら少しだけお手伝いさせていただきました.参加されているみなさんの翻訳もすばらしいですね.
 こちらこそよろしくお願いいたします.

blackshadowblackshadow 2008/03/13 00:48 >[14-21]
>働く環境でる.
おそらく「である」だとおもわれるので、こちらでなおしておきました。

optical_frogoptical_frog 2008/03/13 02:02 見落としていました.訂正ありがとうございます.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/optical_frog/20080309/p1


リフレ政策を発動せよ
Connection: close