Hatena::ブログ(Diary)

left over junk

2008-03-09

Chapter 14: REFORMING EDUCATION:[14-21]〜[14-25]

| Chapter 14: REFORMING EDUCATION:[14-21]〜[14-25]を含むブックマーク Chapter 14: REFORMING EDUCATION:[14-21]〜[14-25]のブックマークコメント


SFAA第14章の訳はこれでひとまず終わりました.見直しはまた時間をおいてからやります.なにか気づいた点がありましたら,どなたでもお気軽にコメント欄に書き込んでください.誤訳・誤字の指摘はいつでも大感謝・大歓迎です.


■SFAA[14-21]

改革のための条件が確立されねばならない

改革には変化のための条件が創り出される必要がある.いまやっていることを改めよと教育者たちに勧告して変化の障害を無視するのはまったく無意味である.当然ながら,改革の主たる障壁は一般によい教育をさまたげる障害と同じものなのだ:それは,教師たちと管理者たちの働く環境でる.


■SFAA[14-22]

物理面・心理面・管理面の環境によって教育カリキュラム改革の努力が阻害されている学校があまりにも多い.典型的には,教師たちが考えたり,勉強したり,教材を整えたり,同僚と相談したり,学生と個別に面談したり教職関係の会議に参加するだけの時間が足りていない.さらに,教師たちには個人用のオフィスもワープロ用や記録用のコンピュータもなく,実験の助手もおらず,専門家に相談するアクセスもなく,また,他分野の専門家ならあって当然と思うような各種の支援も受けていない.校長たちにしても大多数はこれと同様の状態にある.広報・人材管理・予算・学生との面談・安全管理といった厳しい職務に圧迫され,校長たちにはプログラムの問題に取り組むような時間・労力・意欲がほとんど残されていない.まして大改革の活動などは論外というものだ.


■SFAA[14-23]

改革の障害が取り除かれるのと同時に,変化のための好条件も確立されねばならない.そうした条件については,教師と行政関係者たちが新しい実験を試みたりテストの得点のような短期的目標ではなく長期の利益に焦点をあてるようにうながすような環境の創出を強調する必要がある.


■SFAA[14-24]

改革の好条件をつくる必要性は,学校の単位を超えている.生徒・児童の4分の1が貧困状態で育てられ,薬物使用や暴力が収まることを知らず,人種差別が横行し,教育TVが慢性的に低調な一方で商業的TVが他愛のないことを見せているような状況にあっては,学校が多くの子供たちのためにできることはごく限られている.「よりよいアメリカのためにはよりよい教育が必要であり,また大いにそれに寄与するのだ」というのは立派な考えではある.しかし,今日の最悪の社会問題が改善しないことには,学校が徹底的な改革に踏み出して社会によい影響をもたらせるように変わるのは無理というものだ.教育の改革と社会の改革は歩調を合わせて進む必要がある.


■SFAA[14-25]

改革の実行を確かなものとするには,継続的なコミュニティの教育支援が不可欠である.そうした支援は,住民の人口変動や社会の求める優先事項がうつろうなかでは容易に維持しがたい.したがって,あらゆるレベル,あらゆる部門──政府・実業・労働・教育──における見識ある断固とした政治的リーダーシップが改革の実現には重要である.そうしたリーダーシップなくしては,教育改革へのコミュニティの支援は永続的な結果が得られるはるか以前の時点で消え去ってしまうだろう.


対応する箇所の原文は下記のとおりです:


[14-21]

Positive Conditions for Reform Must Be Established

Reform requires creating conditions for change. There is no sense in exhorting educators to change what they are doing and then ignoring the obstacles in their path. Not surprisingly, a major barrier to reform is the same barrier that gets in the way of good education in general: the working circumstances of teachers and administrators.

[14-22]

In all too many schools, physical, administrative, and psychological circumstances militate against undertaking major curricular reform efforts. Typically, teachers lack time to think, study, organize materials, confer with colleagues, counsel individual students, and attend professional meetings. What is more, they do not have private offices, computers for word processing and recordkeeping, laboratory assistants, access to expert consultants, or the other kinds of support that professionals in other fields expect. And principals are scarcely better off. The press of such demanding matters as public relations, personnel management, budgets, student attendance, and safety leave principals with little time, energy, or inclination to engage in program matters at all—let alone in major reform activities.

[14-23]

At the same time as barriers to reform are being removed, positive conditions for change must be established. They need to emphasize creating an environment for teachers and administrators that encourages experimentation, focus on long-term gains rather than on such immediate goals as raising test scores, and recognize and reward innovation.

[14-24]

The need for positive conditions for reform goes well beyond the schools. What schools can accomplish for many children is very limited as long as a quarter of the students are raised in poverty, drug use and violence go unabated, racism persists, and commercial television remains vapid or worse while educational television stays chronically undernourished. It is an admirable notion that better education is necessary for and can lead to a better America. But only if some of today's worst social problems are ameliorated will the schools be able to take the sweeping reform steps that will enable them to have extensive positive effects on society. The reforming of education and the reforming of society need to go hand in hand.

[14-25]

To help ensure that reform does happen, continuing community support for education is essential. Such support is not easy to sustain in the face of changing demographics and changing social priorities. Therefore, informed and determined political leadership at every level and in every sector—government, business, labor, and education—is crucial for achieving reform. Without such leadership, community support for educational reform will fade away long before lasting results can be achieved.

blackshadowblackshadow 2008/03/09 17:09 こんにちは。黒影です。
14章の翻訳、どうもありがとうございました。
予想以上のハイペースで翻訳が進んでいるため、うれしい悲鳴を上げております。

翻訳完了した章は随時こちらでまとめさせていただきますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

optical_frogoptical_frog 2008/03/10 00:47 >黒影さん:
 はじめまして.
 黒影さんのブログの当該エントリに感銘して,拙いながら少しだけお手伝いさせていただきました.参加されているみなさんの翻訳もすばらしいですね.
 こちらこそよろしくお願いいたします.

blackshadowblackshadow 2008/03/13 00:48 >[14-21]
>働く環境でる.
おそらく「である」だとおもわれるので、こちらでなおしておきました。

optical_frogoptical_frog 2008/03/13 02:02 見落としていました.訂正ありがとうございます.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/optical_frog/20080309/p3


リフレ政策を発動せよ
Connection: close