Hatena::ブログ(Diary)

left over junk

2008-03-16

Chapter 13: EFFECTIVE LEARNING AND TEACHING:[13-27]〜[13-31]

| Chapter 13: EFFECTIVE LEARNING AND TEACHING:[13-27]〜[13-31]を含むブックマーク Chapter 13: EFFECTIVE LEARNING AND TEACHING:[13-27]〜[13-31]のブックマークコメント


少し間があきましたが,「SFAA勝手に翻訳プロジェクト」をお手伝い.



【追記】いままで "student" を「学生」と訳したり「児童・生徒」と訳したりしてきたのですが,「生徒」に統一した方がいいような気がしてきました.(たとえば potasiumchさんの訳はそうなっていますね.)

[13-27]

科学指導は学習の不安を打ち消すのを目指すべき

学生たちにとって数学・科学の学習には失敗の不安と恐怖がついてまわるものなのを教師は認識すべきである.この原因の一部は教授内容と教授法にあり,また,一部は自分自身も科学・数学が苦手な親・教師から低学年の段階で受け継いでしまった態度にもある.教師たちはこうした数学・科学に対する不安を根拠なしとして軽視してはならない.その反対に,学生たちが問題を理解しそれを教師たちとともに乗り越えるのを保証するべきだ.

 教師たちは次のような方策をとることができる:

[13-28]

成功体験の上に積み重ねる

教師たちは確実に学生たちが科学・数学学習で成功を実感できるようにするべきである.また,すべてに正答するのが成功の主要規準ではないことを強調すべきである.そもそも,アルフレッド・ノース・ホワイトヘッドが言ったように,科学そのものがそれほど正しかったわけでもないのだ.何事であれ理解は絶対確実なわけではなく,また理解の仕方にも多くのかたちがある.よって,教師たちはすべての学生たちが──とりわけ自信のない学生たちが──じぶんの進歩を実感できるように手を打ち,さらに学習を継続するよう励ますべきである.


[13-29]

道具を使用する経験を豊富に提供する

多くの学生は実験器具その他の道具を使うのに恐れを感じている.この恐れの元になっているのは,主として,機会がなかったため学生の多くが安全な環境で道具に慣れ親しむことがなかったことである.とくに女子学生たちは,道具の使用に関しては男子の方が自ずから優れているとの誤った考えに悪影響を受けている.ごく低学年のうちからすべての学生が徐々に道具に親しみ適切な使用法に慣れていくようにすべきだ.学校を卒業するまでに,監督の下ですべての学生が日常的な手動工具,はんだごて,電気的計測器,製図用具,光学・音響機材,計算機,コンピュータを使う経験をしておくほうがよい.


[13-30]

科学における女性・マイノリティの役割を支援する

科学・工学関連の職業は男性・白人にその大半を占められてきたため,女性・マイノリティの学生はこうした分野はじぶんには手の届かないものであるか適性がないという印象をもってしまいがちだ.このように意欲をくじく認識は,学校外の環境により強化されることもきわめて多い.教師たちがこれをあらためようと積極的に取り組まない限り,なくなりはしない.教師たちは女性やマイノリティによる貢献を例示する教材を選択し,ロールモデルを示し,女性・マイノリティの学生たちに自分たちが誰もと同じ水準で同じ科目を学ぶよう期待されているのだということを明確にする必要がある.


[13-31]

グループ学習を強調する

グループ学習のアプローチには,(前述のとおり)チーム学習により科学・工学の方法について理解を深める必要に加えて,動機づけの価値もある.成績をめぐる学生間の競争をあまりに強調しすぎては,科学を学ぶ主要な動機となるべきものを歪曲してしまう.さらに,科学クラスにおける学生間の競争は多くの学生の科学嫌いを助長し,科学を学習するみずからの能力に自信を失わせる恐れがある.科学において規範となっているグループ・アプローチには,教育において多くの長所がある.たとえば,こうしたアプローチによって,誰もが共通目標に貢献できることや進歩のためには誰もが同じ能力を持っていなくてよいことを若者たちが理解する助けとなる.


対応する原文は下記のとおりです:


[13-27]

Science Teaching Should Aim to Counteract Learning Anxieties

Teachers should recognize that for many students, the learning of mathematics and science involves feelings of severe anxiety and fear of failure. No doubt this results partly from what is taught and the way it is taught, and partly from attitudes picked up incidentally very early in schooling from parents and teachers who are themselves ill at ease with science and mathematics. Far from dismissing math and science anxiety as groundless, though, teachers should assure students that they understand the problem and will work with them to overcome it. Teachers can take such measures as the following:

[13-28]

Build on Success

Teachers should make sure that students have some sense of success in learning science and mathematics, and they should deemphasize getting all the right answers as being the main criterion of success. After all, science itself, as Alfred North Whitehead said, is never quite right. Understanding anything is never absolute, and it takes many forms. Accordingly, teachers should strive to make all students—particularly the less-confident ones—aware of their progress and should encourage them to continue studying.

[13-29]

Provide Abundant Experience in Using Tools

Many students are fearful of using laboratory instruments and other tools. This fear may result primarily from the lack of opportunity many of them have to become familiar with tools in safe circumstances. Girls in particular suffer from the mistaken notion that boys are naturally more adept at using tools. Starting in the earliest grades, all students should gradually gain familiarity with tools and the proper use of tools. By the time they finish school, all students should have had supervised experience with common hand tools, soldering irons, electrical meters, drafting tools, optical and sound equipment, calculators, and computers.

[13-30]

Support the Roles of Girls and Minorities in Science

Because the scientific and engineering professions have been predominantly male and white, female and minority students could easily get the impression that these fields are beyond them or are otherwise unsuited to them. This debilitating perception—all too often reinforced by the environment outside the school—will persist unless teachers actively work to turn it around. Teachers should select learning materials that illustrate the contributions of women and minorities, bring in role models, and make it clear to female and minority students that they are expected to study the same subjects at the same level as everyone else and to perform as well.

[13-31]

Emphasize Group Learning

A group approach has motivational value apart from the need to use team learning (as noted earlier) to promote an understanding of how science and engineering work. Overemphasis on competition among students for high grades distorts what ought to be the prime motive for studying science: to find things out. Competition among students in the science classroom may also result in many of them developing a dislike of science and losing their confidence in their ability to learn science. Group approaches, the norm in science, have many advantages in education; for instance, they help youngsters see that everyone can contribute to the attainment of common goals and that progress does not depend on everyone's having the same abilities.

potasiumchpotasiumch 2008/03/16 14:07  はじめまして。SFAA翻訳プロジェクト参加者のpotasiumchです。optical_frogさんのご活躍の様子、感心しながら拝見しています。

 studentの訳し方についてですが、私訳に関しては始めるときに一応統一した方が良いかなと思い、児童(小学生)や学生(短大・大学以上)よりは生徒(中高生)が主な対象者としてしっくり来るかな、という独断により今の形になっています。13章を半分強まで訳した限りではこの訳語でそれほど違和感を感じた部分はなかったのですが、またレビューの段階で他の章との絡みも考えて議論があれば良いかと思っています。

optical_frogoptical_frog 2008/03/16 16:11 >potasiumchさん:
 はじめまして.
 ぼくも,自分が訳した範囲では ”student” が指しているのは主に「生徒」のように思います.あとは小学生に相当する子供を指している場合がたまにありますね.SFAAの翻訳がひととおりできあがった段階で調整するのがよいという点にも賛成です.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/optical_frog/20080316/p2


リフレ政策を発動せよ
Connection: close