Hatena::ブログ(Diary)

left over junk

2008-03-16

Chapter 13: EFFECTIVE LEARNING AND TEACHING:[13-32]〜[13-33]

| Chapter 13: EFFECTIVE LEARNING AND TEACHING:[13-32]〜[13-33]を含むブックマーク Chapter 13: EFFECTIVE LEARNING AND TEACHING:[13-32]〜[13-33]のブックマークコメント


[13-33] に出てくる"take wrong turns" の意味がよくわかりません(ひとまず「試行錯誤を重ねる」と訳しています).どなたかご存じの方はご教示くださいませ.


[13-32]

科学指導は学校外にまで手を伸ばすべきである

子供たちは教師からだけでなく親・兄弟姉妹・その他の血縁・仲間・大人の権威者からも学ぶものだ.また,学校用図書や学校の環境一般にかぎらず,映画・テレビ・ラジオ・レコード・大衆本・雑誌・家庭用コンピュータからも学ぶし,博物館・動物園・パーティ・クラブ活動・ロックコンサート・スポーツイベントに通うことからも学習する.科学教師はより広いコミュニティのこうした豊かな資源を利用すべきだし,また,親たちや関係のある大人たちに有益に関わってもらうべきだ.また,生徒たちが非公式に学んでいることのなかには間違いや不完全な知識,一知半解や誤解も含まれているが,公式の学校教育は生徒たちがそうした知識を再構築したり新しい知識を身につける手助けをできる点を教師たちが認識することも重要だ.


[13-33]

教育には時間がかかる

科学を学ぶにあたって,生徒たちは時間を必要とする.観察する時間,試行錯誤を重ねる時間,アイディアを試す時間,物事を繰り返しやってみる時間が必要だし,ものをつくりあげる時間,道具を調節する時間,ものを収集する時間,物理的モデルや数学的モデルを組み立てて実験する時間,課題の問いに取り組むのに必要な数学・テクノロジー・科学を学ぶ時間,周りと相談したりものを読んだり議論する時間,なじみのないアイディアや直観に反するアイディアと格闘する時間,考え方を変えてみる利点を理解する時間が必要だ.さらに,一回の授業や単元で教わっただけの科学・数学・テクノロジーの話題は,学校教育を終える頃には忘れ去られてしまう可能性が高い.概念をしっかりと定着・熟成させるには,その都度生徒たちに解説するだけではだめで,文脈を変えながら洗練の度合いを上げつつ繰り返し生徒たちに提示しなくてはならない.


対応する原文は下記のとおりです:


[13-32]

Science Teaching Should Extend Beyond the School

Children learn from their parents, siblings, other relatives, peers, and adult authority figures, as well as from teachers. They learn from movies, television, radio, records, trade books and magazines, and home computers, and from going to museums and zoos, parties, club meetings, rock concerts, and sports events, as well as from schoolbooks and the school environment in general. Science teachers should exploit the rich resources of the larger community and involve parents and other concerned adults in useful ways. It is also important for teachers to recognize that some of what their students learn informally is wrong, incomplete, poorly understood, or misunderstood, but that formal education can help students to restructure that knowledge and acquire new knowledge.

[13-33]

Teaching Should Take Its Time

In learning science, students need time for exploring, for making observations, for taking wrong turns, for testing ideas, for doing things over again; time for building things, calibrating instruments, collecting things, constructing physical and mathematical models for testing ideas; time for learning whatever mathematics, technology, and science they may need to deal with the questions at hand; time for asking around, reading, and arguing; time for wrestling with unfamiliar and counterintuitive ideas and for coming to see the advantage in thinking in a different way. Moreover, any topic in science, mathematics, or technology that is taught only in a single lesson or unit is unlikely to leave a trace by the end of schooling. To take hold and mature, concepts must not just be presented to students from time to time but must be offered to them periodically in different contexts and at increasing levels of sophistication.

potasiumchpotasiumch 2008/03/16 14:07  はじめまして。SFAA翻訳プロジェクト参加者のpotasiumchです。optical_frogさんのご活躍の様子、感心しながら拝見しています。

 studentの訳し方についてですが、私訳に関しては始めるときに一応統一した方が良いかなと思い、児童(小学生)や学生(短大・大学以上)よりは生徒(中高生)が主な対象者としてしっくり来るかな、という独断により今の形になっています。13章を半分強まで訳した限りではこの訳語でそれほど違和感を感じた部分はなかったのですが、またレビューの段階で他の章との絡みも考えて議論があれば良いかと思っています。

optical_frogoptical_frog 2008/03/16 16:11 >potasiumchさん:
 はじめまして.
 ぼくも,自分が訳した範囲では ”student” が指しているのは主に「生徒」のように思います.あとは小学生に相当する子供を指している場合がたまにありますね.SFAAの翻訳がひととおりできあがった段階で調整するのがよいという点にも賛成です.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/optical_frog/20080316/p4


リフレ政策を発動せよ
Connection: close