Hatena::ブログ(Diary)

left over junk

2009-09-12

when節に反事実的な仮定法過去完了形式:フィルモアへの反例?

|  when節に反事実的な仮定法過去完了形式:フィルモアへの反例?を含むブックマーク  when節に反事実的な仮定法過去完了形式:フィルモアへの反例?のブックマークコメント


Fillmore (1990)*1 や Dancygier and Sweetser (2005)*2 では条件節・時間節とその動詞形式について「認識的構え」の観点による分析を提案しています*3.彼らの言う認識的構え (epistemic stance) とは,節があらわす事態に対して話し手が現実のこととみなしているかそうでないかという心理的な態度のことを指します.*4

 次の例をみてみましょう:

(6) "If he decides to file the suit, the hospital's lawyers will be allowed to interview him for discovery ..." 【IF + 直説法現在 = 中立的構え】


(7) When he decides to file the suit, the hospital's lawyers will be allowed to interview him for discovery. 【WHEN + 直説法現在 = 肯定的構え】


(8) If he decided to file the suit, the hospital's lawyers would be allowed to interview him for discovery. 【IF + 仮定法過去 = 否定的構え】


(Dancygier and Sweetser 2005: 46)


いずれも主節と従属節の命題内容は同一ですが,IF/WHEN と動詞形式の組み合わせにより,異なる構えが表されています.まず,IF はその節が中立的または否定的であることを標示する一方で,WHEN は肯定的であることを標示します.それぞれの節に生じる動詞形式は,IF/WHEN が要求する構えの範囲におさまらねばなりません.このとき,彼らの主張にしたがえば,次の組み合わせは排除されるはずです:

WHEN(肯定的構え) + 仮定法過去(否定的構え)


しかし,実際にはまさにこの組み合わせが生じることを Declerck et al. (2006: 673)*5 が述べています.以下に示すのがその例文です:

Maddeningly, just when I would have welcomed full information on the books he was reading, he started to mention nothing beyond authors and titles, often in a shortened form. (GREEM)

["It is very kind of you to have asked me."] And then, when he would have rung off, she said, ["I suppose you have changed the flat a lot?"] (LOB)

[Ten years ago, the newspaper El Espectadoar (...) began warning of the rise of the drug mafias (...)] Then, when it would have been easier to resist them, nothing was done. (WSJ)


いずれも,WHEN節に仮定法過去の would + 完了の動詞句があらわれています.

 デクラークらは次のように説明をしています:

Sentences like these would appear to run counter to the widespread belief that when-clauses differ from if-clauses in that they are presupposed to be factual. The truth is that adverbial when-clauses presuppose actualization of the when-clause situation in some possible world, but not necessarily in the actual world.

(when節と if節は事実的であると前提されるかどうかという点で異なるという考えが広く信じられているが,こうした文はそうした考えに反しているように見えることだろう.実際はどうかと言えば,副詞的な when節で前提とされているのは when節の状況がなんらかの可能世界で実現することであって,必ずしも現実世界における実現ではないのである.)

If the when-clause uses the conditional perfect, as in the first three examples, it refers to a counterfactual world. Like any other temporal when-clause, such a when-clause establishes an Adv-time, but the time indicated is now not a time of actualization but a time of nonactualization.

(上記の3つの例のように when節が条件的完了形を用いている場合,その節は反事実的世界を指示する.他の時間的な when節と同じく,こうした when節も Adv時を確立する.ただし,そうやって標示される時は〔状況の〕実現する時ではなく非実現の時となる.)


 ぼくはと言えば,べつに定見があるわけでもありません.ただ,ここで興味深いのは例文がいずれも would を含んでいる点です.これは反事実的条件文の後件に近いのではないかという気がします.




(↑デクラークらの大著.買っておいて損はないとは思うもののふんぎりがつきません…)

*1:"Epistemic stance and grammatical forms in English conditional sentences," Papers from 26th Regional Meeting of the Chicago Linguistic Society, vol. 1, Main session, 1990; 拙訳はこちら:「英語条件文における認識的構えと文法形式

*2Mental Spaces in Grammar, Cambridge University Press

*3:かんたんなハンドアウトをアップロードしてあります:「Dancygier and Sweetser : epistemic stance

*4:"In a conditional, epistemic stance refers to the speaker's mental association with or dissociation from the world of the protasis (P)." (Dancygier and Sweetser 2005: 45) といった記述がみられます.

*5The Grammar of the English Verb Phrase, Mouton de Gruyter, 2006

匿名匿名 2009/09/14 01:19 以前、匿名で何度かコメントさせていただきました。
いつも一方的に読ませていただくばかりですが、
大変勉強させていただいております。
今回も興味深い問題提起と本のご紹介をありがとう
ございます。

optical_frogoptical_frog 2009/09/14 06:17 ありがとうございます.いくばくかでもご参考になったようでしたら嬉しいです.励みになります.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/optical_frog/20090912/p1


リフレ政策を発動せよ