Hatena::ブログ(Diary)

図解で分るブログ

2012-10-10 メディア被害と集団ストーカーの仕組み

図解3


f:id:orangefruit:20121011195855j:image

このブラウン管盗撮システムは調査・警備名目が発端なので警備警察が本分。

マスコミが同様の盗撮できるのはこのことを口外させない代わりに与えられた既得権


f:id:orangefruit:20121010233319j:image

TV盗聴システム以外にも、Nシステム


f:id:orangefruit:20121010233320j:image

GPSなど情報網も至れり尽くせりこの国

ブラウン管から液晶画面になっても

国民が無断で覗かれてる状況は基本的に変わってないでしょう。



f:id:orangefruit:20121011195856j:image

携帯時代になると張り巡らした工作員(密告者)に指示をして


f:id:orangefruit:20121010233322j:image

ゾロ目車両や工作員を送れるんですね。

警察による国民管理社会は一足先に完成してます。

このイジメ・ハラスメントは管理というものじゃなくて暴力であり犯罪ですよ。


f:id:orangefruit:20121014194539g:image

最後になりましたがこれで最初のイラストが多少お分かりいただいたと思います。

しかし外出先の有線放送使ってまで不快な曲を迷惑メールで送りつけてくるのは

メディア被害というよりネット・ストーカーに近いような・・・

社員が工作員なら簡単にできるわけですけどね・・・