俺はなでしこ このページをアンテナに追加

2018.3.31 Sat. 新宿御苑でお花見

お花見ばっかりじゃねーかよ!と言われそうですが、はいそうです、お花見続きです。

今日は、趣味の講座の友達が毎年企画してくれている、新宿御苑でのお花見です。朝早くから来られる人は来て、出入り自由。私は12時近くにおじゃましてきました。

f:id:orenade:20180331115131j:image:w220 f:id:orenade:20180331121516j:image:w130

緑のある公園で、桜の下でごはんやお菓子をつまんでいると、それだけで幸せになりますなあ。すごく贅沢な気分です。

16時半の閉園時間までたっぷりいて、それから解散。楽しかった〜!

2018.3.30 Fri. 夜の千鳥ヶ淵

仕事が忙しい〜! 残業食をとるついでに、駆け足で千鳥ヶ淵の入り口付近だけ、夜のライトアップを楽しみに見てきました。

昼間のお花見をしてから、たった2日しか経っていないのに、最盛期は過ぎていました。散り終わった枝が散見されますが、もう少しは楽しめるかな……といった風情。

f:id:orenade:20180330195416j:image:w220 f:id:orenade:20180330195645j:image:w220 f:id:orenade:20180330195925j:image:w220 f:id:orenade:20180330200109j:image:w220 f:id:orenade:20180330200127j:image:w220

時間があれば、奥のボート乗り場まで見に行くんだけどな〜。残念ながら、少しだけ眺めて会社に戻ったのでした。

2018.3.28 Wed. お花見

今年は厳寒だったのと、3月に入ってから気温の乱高下があったせいか、桜の開花が例年より早めでした。暖かいを通り越して、暑いくらいの本日、ランチタイムに会社の人と3人でお弁当を買い、お花見としゃれこみます。

ちょうど満開で、桜吹雪もきれいでした!

スマホを自宅に忘れてしまい、翌日に改めて撮った写真ですが載せておきます。武道館周辺と千鳥ヶ淵は、いつ見ても綺麗だなあ。

f:id:orenade:20180329133229j:image:w220 f:id:orenade:20180329133413j:image:w220 f:id:orenade:20180329133537j:image:w220 f:id:orenade:20180329133725j:image:w220 f:id:orenade:20180329133859j:image:w220 f:id:orenade:20180329133915j:image:w130

ときどき吹く風に、さあっと桜吹雪が舞って、本当に「春爛漫」の景色でした。天気もよく、千鳥ヶ淵でボートがはかどる、はかどる(笑)。お濠の水面に桜の花びらが敷き詰められ、さざなみに揺れていました。

2018.3.25 Sun. マンション総会

[] マンション総会

10:00〜11:20頃まで、年に一度のマンション総会でした。

2017年5〜7月に大規模修繕が終わったので、今回の総会では決め事も少なく、なごやかなものでした。政府から全国にお達しがあったらしく、マンションとして「民泊」を認めるか否かの議題がのぼり、うちのマンションでは否決。

2018.3.24 Sat. 2度目の自主練

先週土曜に続き、趣味の講座の人たちと、2度目の自主練です。

今日は別クラスのところにお邪魔。先週とは違い、それぞれの楽器を個人練習する時間を多くとりながら、合奏もしたりして、楽しかったです。

2018.3.21 Wed. ポスターの魅惑

[] サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法@練馬区立美術館

友達から教えてもらった、「サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法」展に行ってきました。練馬区立70周年記念で、練馬区立美術館での開催です。

練馬区独立70周年記念展 サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法 | 展覧会 | 練馬区立美術館

「美術手帖」による本展の見どころ


フランスを代表するポスター画家、レイモン・サヴィニャック(1907−2002)の作品を過去最大規模で展示。ポスターが貼られた街角の風景写真も含めて計201点を見られます。サヴィニャックは1950〜60年代を中心に活躍した人で、いかにもパリッ子らしい、シンプルでウィットに富んだ作画でした。

ポスターとは広告。今のデジタル全盛の時代と違い、サヴィニャックの頃は全部手描きです。それこそ、ポスター中のレタリングも。原画と、実際に仕上がったポスターとを見ると、印刷時に色みを操作してるな〜とか、ここ加工してる、とか、そういうところも含めて面白かったです。

f:id:orenade:20180321173639j:image:w150 f:id:orenade:20180321173729j:image:w150

一世を風靡したサヴィニャックでしたが、実は遅咲き。1949年、牛乳石鹸のポスターで注目を集めてから快進撃を始めるのですが、そのとき齢41歳でした。1958年には、森永チョコレートの宣伝ポスターも作っています。驚き〜!

しかし、時代はどんどん世知辛くなります。サヴィニャックの考えるポスターのあり方と、広告会社が求めるものが合致しなくなり、サヴィニャックは「大家」であっても、使われることは激減しました。うん……切ないね。

都心というには遠いせいか、観客もほどほどで、2時間くらいでゆったり観られました。面白かったです。

2018.3.19 Mon. 会社の人と飲み

久しぶりに、会社の人と3人で飲みました。

なかなか美味しかったです。落ち着いていて、席もゆったりしていたし、また飲みに行きたいな〜。

2018.3.18 Sun. 久しぶりの熊谷

まだ10代の頃、私は熊谷の女子校に通っていました。とても楽しい高校生活で、とりわけ、ギター・マンドリン部で過ごした時間は宝物です。

そんなギター・マンドリン部、略してギタマンも、2018年で50周年を迎えます。残念ながら近年、入部してくれる現役生が少なくなっていますが、50周年を記念して、年に一度の定期演奏会に、OGも一部参加することになりました。私は観客席で観ることにしましたが、演奏に参加する同期の友達と、久しぶりに熊谷で会ってきました!


早めに熊谷に着いたので、足をのばして、高校まで行ってみました。

駅前周辺は変わったけれど、熊谷直実の銅像は変わらないな〜。

f:id:orenade:20180318172320j:image:w150

駅から10分ほど歩くと、高校です。高校は変わらないけれど、道ゆく風景が変わっていました。卒業して20年近く経つもんね……。通っていた頃よりも、背の高い建物が増えた? 風景がうるさくなった気がします。

そんな中、変わらず迎えてくれた母校。いや、少しは変わっていたかもしれないけれど、パッと見、わからんかったです(笑)。

f:id:orenade:20180318172943j:image:w200 f:id:orenade:20180318173009j:image:w118 f:id:orenade:20180318173056j:image:w118

母校のお向かいにある和菓子屋さんが、月に一度サービスデーをしてくれるんですよ。そのとき、いつもより安くなる「いちご大福」を目当てに、女子高生が殺到してたんですよね〜。いちご大福が売り切れると「じゃあ、芋ようかんで……」となるのがお定まりでした。いわばソウルフードです(笑)。

f:id:orenade:20180318173133j:image:w220

今でもありました! うれしい〜。

もちろん、いちご大福と芋ようかんを買いましたよ。ここのいちご大福のキャッチフレーズは「初恋の味」です。ああもう、懐かしいなあ。

友達との約束時間が迫っていたため、早々に買い求めてから駅までダッシュ。このあとは、友達が予約してくれていたお店で、楽しく飲んでおしゃべりしたのでした。

熊谷で、同じ部活でともに過ごした友達と、大人になってまた飲んで。すごく楽しかった。5月の定演が楽しみです。

2018.3.17 Sat. ビール!

趣味の講座の人たちで、自主練です。空き教室を14〜17時で予約して、出入り自由にしたところ、14時から来たのは、言い出しっぺの2人だけ(笑)。

おしゃべりしながら待つうち、1人、2人と来て、15時前から合奏練習ができました。7人だったかな? 小人数ながらも、ふだん入らない楽器をやったり、盛大に間違えて「もう一度!」と言ったり、楽しく曲を回しました。

あっというまに時間は経って、17時に教室を出て解散。


しかし! 実はこの後こそが、本番なのです!


両国まで行き、クラフトビールの店でカンパーイ♪

もともと「ビール飲むなら、その前に自主練する?」と、ビールありきの企画だったのでした。自主練には来られないけれど、ビールだけ参加の子もいて、こちらは5人で飲みまくりです。昼から夜まで、すっごく楽しかったな〜。

2018.3.15 Thu. 初めての宝塚「ポーの一族」

[] 宝塚歌劇団・花組「ポーの一族」@東京宝塚劇場

【原作】萩尾望都『ポーの一族』(小学館)

【脚本・演出】小池修一郎

【作曲・編曲】太田 健

【出演】

エドガー・ポーツネル:明日海 りお

シーラ・ポーツネル男爵夫人;仙名 彩世

アラン・トワイライト:柚香 光

大老ポー:一樹 千尋╱老ハンナ:高翔 みず希╱レイチェル:花野 じゅりあ╱ブラヴァツキー:芽吹 幸奈╱フランク・ポーツネル男爵:瀬戸 かずや╱オズワルド:冴月 瑠那╱ポール・メイヤー:冴月 瑠那╱マダム・ビゴー:白姫 あかり╱メリーベル:華 優希╱ほか

3/15(木)18:30開演、於・東京宝塚劇場。日比谷です。2幕構成で、約30分の休憩をはさみ、3時間ほどの公演でした。

お初のタカラヅカを「ポーの一族」で観る豪華さ! 原作好きなので、とても楽しみにして行きました。チケットを一緒にとってくださった方に感謝、感謝です。

オーケストラ・ピットがある〜! 生演奏なんですね、って当たり前か。なんか、すごかった……。ヅカって、独特の雰囲気がありますね。

原作は、作品世界を流れる時間も飛び飛びで、順不同でモザイク状に語られる出来事を頭の中で並び替えていくと全体像が見えてくるのですが、さすがに舞台では時間軸に沿って話を進めていました。エドガーとメリーベルの幼年時代、エドガーのバンパネラ化、エドガーとアランの出会いに絞っています。それでも原作をかなり端折った紹介にせざるを得なく、かなり説明的な台詞もありましたが、これはしかたがないね! むしろよくまとめたよ。

メリーベルとシーラ、どちらが娘役トップかと思ってましたが、シーラのほうでしたね。エドガー役の明日海りおさんは、漫画から抜け出た容姿で忠実に再現してました。アラン役の柚香光さんは、レビューの素顔(?)のほうがカッコよかったです。

小さい頃のエドガー兄妹が、乳母たちに置き去りにされるところや、シーラの婚約式のシーンなど、たびたび原作を思い出しながら観ていました。あ、大老ポーが、原作と違って村人たちに消されてたな〜。エドガーが大老ポーの最後の血を受け継ぐ者になっていて、彼の悲劇性をより高めようとしたみたい。


ふだんは、第2幕は最初からレビューらしいのですが、今回は大作のため、2幕の途中までが劇でした。劇が終わったとたん、すぐにレビューにスイッチしてびっくり! 間がないのね〜。男役と娘役に分かれてショーを見せてくれました。

劇のときも、レビューのときも、圧倒的ヒエラルキーの世界。トップ以外は、基本的にモブなんですね。有名な階段昇降も観ました。ほんとに階段の幅せまい〜! あれでよく降りられるなあ。すごいすごい。

最後は、男役トップが羽根をしょって出てきてくれました。軽々して見えるけれど、あれ絶対重いよね。ひゃー、すごい〜。

宝塚は、華やかな夢の世界でした。

2018.3.4 Sun. ハピバ帰省・その2

orenade2018-03-04

昨日、今日と帰省中です。朝からお赤飯でした。ほうれん草のお浸しにキンピラごぼう。

甥っこくんは、3月から塾に通うことになったそうで、その宿題なのか、算数のドリルをやってました。姪っこちゃんは、期末テストが終わったばかりらしく、羽根をのばしてましたね〜。

お昼は、市内でもちょっといいフレンチ・レストランへ。父の1年遅れの傘寿、母の喜寿のお祝いです。

むかーし、高校時代の友達に連れていってもらったお店なんですよね。そのときも「美味しい!」と思ったけれど、今日も美味しかったです。あっさりめの味付けで食べやすいの。

ただ、母が「お祝いなんだから!」と張り込んだ結果、量の多いコースを頼んだものだから、相当お腹いっぱいになりました。メインに肉と魚が一皿ずつ出てくる、と言えばお分かりでしょうか。もう少し皿数の少ないコースでもよかったんじゃ……。


帰宅後、録画しておいた仮面ライダーシリーズを見たり、お茶を飲んだり。お昼に食べ過ぎて、夕飯が考えられないくらいでしたが、母にとっては「息子一家と娘が来て、夕飯を食べずに帰すなんて」という思考なんですね。私は「あっさり、うどんか蕎麦でいいんじゃない?」と提案。孫の2人は、蕎麦よりうどんが好きなので、自動的にうどんで決定です。

乾麺が人数分なかったらしく、母がスーパーに買物に行きました。思えば、このとき一緒についていけばよかったんだなー。なぜか「ほうとう」を買ってくる母。生麺で構わないけど、なぜに「ほうとう」!? しかも人数分買ってきてた。絶対食べきれないから!

そう説得して、1人前少なく茹でました (それでも多いけどね)。天ぷらも作り、なんかもうフツーの夕飯です。でも、ふきのとうの天ぷら食べたかったから、それは嬉しかったな〜。

さすがおうどん、実はほうとうと言えど、いざ食べ始めたらツルッと喉越しよく頂けました。ごちそうさまです。

いつもは20時過ぎに実家を出ることが多いのだけれども、今日は食べ疲れ(笑)で、19時半頃に辞去しました。

2018.3.3 Sat. ハピバ帰省

両親の誕生日につき、帰省。

母76歳、父80歳です。もうそんな歳なんだ、と思うよね〜。母が数え年だと喜寿で、父が満年齢だと傘寿。いや、こういうのは数え年で祝うものなのですが、去年うっかり「お父さんは来年が傘寿だよねー」と誰も気づかなかったので、今年が傘寿のお祝いなのです! いいの、こういうのは気持ちだから。

そんなわけで、私は13時半過ぎに実家へ。おうどん食べて、まったりしながら、兄一家の来訪を待ちます。

兄たちが来たのは17時頃。桜餅を買ってきてくれたよ! 桜の皮のところに塩漬けの花が押されてて、シャレオツな桜餅でした。もちろん美味しかったです。

さて、夕飯は外食。徒歩圏内のイタリアンに行ってみました。開店1周年らしく、両親は一度行ったことがあるけれど、私や兄たちはお初です。なかなか美味しかったですよ〜。徒歩圏内だと、車を出さなくてすむから、気にせずお酒を飲めていいよね。