天国の風(天国の風は、とてもあたたか)

2015-12-01 精神が彷徨えるとき

originalk2015-12-01

[] 「実りの季節 生活の中の果物」韮崎大村美術館

 大村智さんが、ノーベル医学生理学賞を受賞されたのは周知の通りです。

 11/3には文化勲章も受賞され、12/10のストックホルムでの授賞式に向けて、多忙の日々を送られていると推測されます。

 その大村さんが、長年に亘って蒐集された作品が見られるというので、韮崎大村美術館(山梨県韮崎市神山町)へ。

 韮崎大村美術館は、現在韮崎市営となっておりますが、大村さんが生家の近くに建設し、平成20年に市に寄贈されたもの。

 大村さんは現在館長をつとめておられます。

 美術館は、女性作家を中心に構成されていますが、大村さんは次のように。

私の人生に美術品との出会いがなかったならば、それはさぞかしつまらないものになっていたでしょう。

悩み苦しんでいるとき、あるいは精神が彷徨えるときなど、私はいつも美術品に触れることで、自分を見失わずにいられた気がします。そして、それらは常に私の心を和ませ、まるで深呼吸したあとのような清々しい気持ちにさせてくれます。

 開館の10時と同時に入館、1階展示室から2階展示室へと鑑賞しました。

・1階企画展「実りの季節 生活の中の果物」(〜2016.1.11)

 中川一政ダリアあじさいと果物』、梅原龍三郎『赤絵鉢・静物』、安井曾太郎『リンゴとパイナップル』など34点。

 佐野智子『山葡萄と少年』には物語性が。

・1階常設展示(〜2016.1.11)

 上村松園『桜下處女圖』、九条武子『紅葉狩』、片岡毬子『大観の富士』など47点。

 堀文子の『アフガンの女王』は、テレビ番組「徹子の部屋」で、お馴染み。

 新潟県の池田記念美術館で、初めて接したラグーザ・玉の『薔薇』も。

・2階鈴木信太郎記念室

 夏目漱石坊っちゃん』挿絵原画など32点。

・2階常設展示

 石黒光二作ブロンズ作品など11点。

・2階展望室、陶器、民芸作品

 河井寛次郎バーナード・リーチ浜田庄司、金城次郎などの作品34点。

 展望室からは、霊峰富士、八ヶ岳、茅ケ岳、奥秩父連峰が。

f:id:originalk:20151201115847j:image:w360

 午前中をかけて回りましたが、退館するころには、自家用車や観光バスで訪れてきた人々で溢れんばかりでした。