天国の風(天国の風は、とてもあたたか)

2018-02-10 あけがたの光にみちた空のように

[] 夢のあとに フォーレ

 レクイエムで知られるフランス作曲家・フォーレ(1845-1924)の「夢のあとに」を聞きました。

 もともとは歌曲でしたが、チェロの独奏曲にも編曲されており、官能的ですが、節度のある甘美なメロディとして親しまれています。

私を魅惑するまどろみのなかで、しあわせを、熱い幻影をみていた

君の瞳はいかにもやさしく、君の声はいかにも清らかに

君はあけがたの光にみちた空のようにかがやき

君は私を呼んだ・・・

ロマン・ビュシーヌ

 フォーレは、パリ音楽院院長時代には、ラヴェルなどを教え、多くのすぐれた作曲家を育成しました。

 晩年、ベートーベンと同じようにまったく耳が聞こえなくなってしまいましたが、79歳で死ぬ前の4年間に、管弦楽組曲「マスクとベルガマスク」「チェロ・ソナタ第二番」「ピアノ三重奏曲」「ピアノ五重奏曲」「弦楽四重奏曲」「ピアノのための舟歌第十三」、歌曲集「幻想の水平線」、その他の傑作を完成させました。

D